地獄のロードはつづく

■仕事ばかりしているから、あまり書くことがない。
 つまらないが、備忘録にとどめよう。
 
 昨日は夕方まで執筆。背筋を17回やったところで携帯が鳴る。
 浜風にいるからと、白木からの呼び出し。一杯やりに行く。

 あとで、連れ合いが合流し、車屋の伊東ちゃんと玲子さんもやってくる。

 店は大混雑であった。カウンターに白木と島さんがいた。大将の加藤さんから、「きみまろ」の新しいCDをプレゼントしてもらう。
 鷹ちゃんが預けていた広島土産の「カキ大将」を受け取る。これは絶品だった。すっかり「カキ大将」のファンになった。ともかくうまい佃煮だ。

 80歳の爺さんグループがいて、いつの間にかコーラスをはじめる。大学時代なのか、会社の同期なのか知らないが、まことにもってお上手。はもったりもする。
 いっとき、店は歌声料理屋になったぞ。

昨夜はきみまろのCDを聴きながら、いつの間にか眠っていた。

■今朝も早起きをして、ようやく十兵衛を書き終え、即行で編集部に送稿。
 ちゃんと〆切に間に合ったではないか。えらいぞ、おれ。

 だけど、15日まで銀ちゃんを仕上げなければならない。都合240枚ほど。
 ぎゃあー、8日間で240枚。てことは、一日に30枚は書かなきゃならないってことじゃないか!
 じ、地獄のロードがつづく……。死なないようにしよう。

■でも、今日はもう仕事の気力なし。
 午後から練習に行くぞ。そのぐらいいいだろう。
b0054391_1075195.jpg

 
@どっちがいいですかねえ?
b0054391_1081484.jpg

b0054391_1082857.jpg

[PR]

by kingminoru | 2008-05-07 09:55 | 小説家(小説)