重版

■あとで書くといって書いていなかったなあ。
 丸二日も空けている。

 昨日は嬉しい知らせがあった。
 徳間の「問答無用」の重版がかかったのです。
 このシリーズは伸び悩んでいたので、ちょっと胸をなで下ろす。これをはずみに、どんどん伸びてほしい。そうであることを願っているのです。

 ゲラもあるし、原稿の仕上げもあるし……。

 現在、周囲のことが見えない状況。

 ひたすら、ただひたすらです。
[PR]

by kingminoru | 2008-09-23 09:02 | 小説家(小説)