ディープな忘年会

■早くも師走三日目。
 一日目は、怒濤のまくり仕事。その後、渋谷に出て忘年会。
  はじめてお目にかかる作家や、5年ぶりに会う作家やライターらと盛り上がる。
 積もる話がありすぎて、話し足りないうちに酔っぱらってしまう。
 おい、おい、そんなに酔うのかよーというぐらいに全員酒乱。

 二軒目に突撃すると、またもや久しぶりに会う者どもがいた。
 盛り上がり、大いに盛り上がり。盛り上がりすぎ。
 最後は鮨屋に行ってお開き。

 翌二日は、かなりひどい宿酔い。まいった。それでも仕事をしなければならないので、気合を入れてやる。
 どうにか一段落した。そして、酒量はゼロ。

 本日はコンペ。このところ練習不足だが、さてどうなることやら。

 そうだ、山本周五郎はわたしと同じ年のとき、年間14冊書いている。
 わたしはまだまだだな。でも、短編も含まれているのかな?
 周五郎賞はほしいな。(←切々)

 司馬遼太郎は、新聞連載をはじめたとき、月収1千万あった。
 足許にも及ばないではないか!
 少しぐらい及んでみたい。書けよ、おれ。働け、おれ。
 
 はい。

 アイデアをひねりまくります。

●今日の一枚
b0054391_3415510.jpg

[PR]

by kingminoru | 2008-12-03 03:32 | 小説家(小説)