カテゴリ:健康( 155 )

手術をするか……

■10日午前8時過ぎ、典子さんより電話。
 病院からの連絡で薫さんの容態が変化したとのこと。慌てて病院に駆けつける。CT写真を見ると脳内に圧がかかり、脳幹部分まで黒い影が張り出しているのがわかる。
 薫さんは鼻血を出し、頭を低くしてあった。相変わらず昏睡状態。
 医師よりムンテラがある。これで4度目。今日の話は、手術をするかしないかということが問題だった。

 手術をすれば命は助かる。
 助かるが、半身麻痺、言語障害、認知能力はないであろう。おそらく寝たきりの状態で過ごすことになる。またリハビリもまったく効果ないとはいえないが、それで機能が回復する可能性もかなり低いであろうとのことだった。
 表現は悪いが植物人間状態になるということだ。

 みんなで話し合う。
 妻の典子さんの判断だけにまかせては荷が重すぎる。彼女は混乱しているし、必ずしも冷静ではない。それでも最後の決断は彼女である。
 話し合いの結果、手術をすることに決定。
 再度医師から説明を受けたが、そのときまた典子さんがためらう。
 ほんとにこれでいいのかどうか……?
 手術待ちの患者がもうひとりいるので、10分だけ時間をもらい、もう一度話し合う。

 結果、手術をしないことにした。
   ※以上、昨日のメモである。
[PR]

by kingminoru | 2006-12-11 05:51 | 健康

脳梗塞

8日午後、義兄倒れるの報。
脳神経外科東横浜病院に緊急入院。

重篤な脳梗塞。
意識戻らず、昏睡状態つづく。
予断の許せない状況。

事実だけをメモしておく。
[PR]

by kingminoru | 2006-12-10 08:21 | 健康

メタボリックシンドローム

■昨日、一昨日の雨風で、道路には払い落とされた木々の葉が散らばっていた。
 それでも青い空に白い雲。空気が澄んでいてすがすがしい朝であった。

 夜更かしをするようになったアニーはリビングのソファで寝て、朝方気づくとわたしのベッドで寝ている。
 それでも5時半ごろには決まって起こしに来るので、最近はそれより1時間ほど早く起きて、読書をしている。その分早く、コテッと寝てしまうのではあるけれど、以前のように4、5時間の睡眠ではなく、最近は6、7時間は寝るようになった。
 深酒だけしなければ、体調はすこぶるよい。

 それに、体脂肪率がグンと減った。何と10台前半。贅肉がないのだ。以前はメタボリック・シンドロームになる寸前だった。腹のあたりの無駄な肉をつかむことができたが、今はない。

 朝夕、ときに昼間もおこうな散歩は、都合2時間近い。それに週2、3回のゴルフ練習とラウンドが功を奏したとしか考えられない。

 まあ、ゴルフはともかく散歩はよい。無理をしない速度で最低でも20分以上。そうすれば有酸素運動になり、エネルギーを消耗する。毎日30分の散歩をつづければ効果覿面。腹部の贅肉が気になれば、それに体をひねる運動を毎日100回やればよい。
 嘘ではない!

※以下の二人(匹)のように寝ていてばかりではだめである(>_<)
b0054391_7305262.jpg

b0054391_733956.jpg

 
[PR]

by kingminoru | 2006-10-07 07:27 | 健康

血と鼻水とフグとアニー

◇体調不良のため、二日間ブログを休んでいたが、今は鼻水とくしゃみと格闘中。それにしてもゴミ箱がテッシュであっという間にいっぱいになる。
 先ほど医者に行って来た。先週受けた血液検査の結果を聞くついでに、インフルエンザの予防注射をする。ついでに鼻水とくしゃみの薬ももらってくる。
 血液検査の結果はすこぶるよい。前回8月の結果は、正常値を超えたものが5個もあったが、今回は、問題の中性脂肪も正常になり、悪玉コレステロールも正常になった。γ-GTPもぐっと下がった。
 まあ、尿酸が高いのが気になるけど、これはすぐ下げることができるしな……(ほんまいかな?)あとは総コレステロールが、ちびっと高いぐらいだ。
 節制していれば、どんどん正常値になる。
b0054391_15383099.jpg

◇そうそう、浅田真央ちゃんについて小泉さんも発言しましたね。でも、きっと無理なんでしょうね。規則は規則だからね。しゃあないか。

◇ずっと下肢がだるかった。原因がわからないので、知り合いの医師とかかりつけの医師にも相談したが、運動のせいではないかと二人ともいう。そんなに足が疲れるほど運動はしていないから、原因は別にあるのだろうと考えつづけていた。
 そして、はたと、昨夜気づいた。アニーだ。
 彼女は夜はわたしと同じベッドに寝る。それも足許に。……そのとき、彼女はわたしの下肢を枕にしたり、ときにそこに横たわっているのだ。それに気づいたのだ!
 バッカみたいだ。
b0054391_153857100.jpg ←こいつが主謀者だった!

 さあ、今夜はフグ鍋をつつきながら忘年会。行ってきます。
(*さっき、ドクターに今夜は酒を控えてくれと忠告をされた)知~らない。

※新しい写真がないので、ご勘弁を。というより、アップする時間がないのだ。
[PR]

by kingminoru | 2005-12-20 15:34 | 健康

ついにボケが入ってきたかの巻

◇歯が抜けた。正確には、被せものが取れた。
 懇意にしている歯科医へすっ飛ぶように駆ける。
「あれ、この前と同じとこだね」
 と、先生はいって、せっせと治療(?)してくれる。あっという間に出来上がり。治療費は不要だった。いらないというんだもんな。ラッキー。

 その後、打ち合わせのために渋谷に出向く。いつも使う「つか田」で四方山話をまじえて来年の仕事の話。ほぼまとまったところで河岸を変える。「杉の子」は土曜日で暇かと思ったら、そうではない。それなりに客は入っているのだ。
 客はイトキンのデザイナー、劇団民芸の演出家、某有名な仕立て屋夫婦、東京オペラシティの重役、そしてわたしと編集者。
 みんな10数年来の付き合いだが、ときどきその人の名前を忘れることがある。

 しかも昨夜はその店で何の話をしたか覚えていない。最近ボケが入っているのか? とくに人名だ。昨日もそうだった。
 チェルシーの監督の名前は何だったっけーで思い出せず。答はジョゼ・マウリーニョだったのだが、それはさっき思い出したのだった。
 それから鮎川哲也さんと山前譲さんの名前を思い出せず、同行の担当者に教えてもらう。まったくギャフンだ。

◇ところでギッチョンだが、栗飯を炊いたぞ! うまかった!
b0054391_8561188.jpg

[PR]

by kingminoru | 2005-10-02 08:55 | 健康