<   2005年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

映画ありサッカーあり嬉しいことあり

b0054391_15365891.jpg■『笑の大学』を観る。舞台にできない映画はあるが、舞台をもとに映画は作ることができる。そして、この作品は簡単に舞台化できる映画であった。しかし、映画としての面白味をたくさん含んでおり、楽しませてくれる。
 戦時統制下にある社会状況のなか、演劇人はひとつの舞台を作るにも官憲の検閲を受けなければならなかった。作・演出家の椿一(稲垣吾郎)は、その検閲を受けるために警察を訪ねるのだが、なかなか許可が下りないばかりか、検閲官(役所広司)に小出しの注文を受け、何度も足を運ぶことになるのだが、持参の台本の完成度がだんだん上がってゆき、ついには・・・・(これから先は見ていない人のためにナイショ)
 これは一見の価値ありと、推す。

▲しかし、わたしは三谷幸喜が好きじゃない。嫌いでもないけど、印象が悪い。昔、彼の番組を作ることがあった。彼を、彼の尊敬するビリー・ワイルダーに会わせに行くという企画だった。
 そのとき青山のとある喫茶店で、ぼくと番組プロデューサーとディレクターと彼と打ち合わせをしたのだが、そのとき直感が働いた。
「こいつ、自分で書きたがっている」
 ぼくにはわかった。
 案の定だった。ラフの台本を渡して間もなく、プロデューサから平身低頭にぼくの感じたことをいってきたのだ。予感があたっていただけに、落胆も何もしなかったけど、彼のアイデアで作った作品は決して誉められたものではなかった。
 だが、『笑の大学』は誉めてやる。面白かった。

b0054391_1540573.jpg■昨日嬉しいことがあった。
 あの切り絵作家で、装幀画家としても有名な奇才・百鬼丸さんから、カレンダーが届いたのだ。嬉しい嬉しい嬉しいのだ!
 ぼくの作品も一度担当してもらっている。
 



b0054391_15442985.jpgこれがそれ。「八州廻り浪人奉行」
また、近いうちにお願いします。








b0054391_15532471.jpg■サッカーのことも書いておこう。
 終わってみればやっぱりブラジル。それにしてもアルゼンチンは翻弄されっぱなしだった。逆にブラジルは楽しそうにサッカーをしていた。
 だが、彼らの技術力には目を瞠らざるを得ない。狙ったターゲットへのピンポイントパス。何気ないパスにもトリッキーなテクニックがちらり。まったくサッカーショウを見ている気分だった。面白いゲームでした。4-1のスコアはひどいけど。
[PR]

by kingminoru | 2005-06-30 15:38 | 映画

カレーの日

■カレーが食べたいと昨日から思っていたが、今日は行ってきたぞ!
 近くにある「ロイヤルホスト」でカレーフェアをやっていたのだ。いざ、出陣。
 ちょうどランチどきで込んでいたが、カウンターが開いていたのですぐに座り、一番人気の「カシミールカレー」を注文する。
 いやあ、噂ではおいしいはずだったのだが、ちっともうまくないじゃん。これだったらおとなしく家で飯食ったほうがマシだった。
 帰路には雨にもたたられるし、まったく1000円損した気分だ。
b0054391_1415368.jpg←これがそのカシミールカレー。
 今日は祐天寺の『カーナピーナ』のカレーを食べたくなった。あの辛さを思い出すと、今から汗が出そう。
 カレー情報ください! おいしいカレー屋さんを教えてください! できれば東京、横浜近辺で。でも、地方もいいですね。ふらっとカレーだけを食べに行く旅行もいいかもしれないから。
[PR]

by kingminoru | 2005-06-29 14:16 | グルメ

カレーが食いたい

■昼近くになり無性にカレーを食いたくなった。
 そこで車を飛ばしてどこかにうまいカレー屋はないかと探したがない。家のすぐそばに、インド人が経営している本場のカレーレストランがあるが、そこはまずい、店が不衛生ときている。
 原宿の「Chee」あるいは、昔鎌倉にあった「コロラド」のカレーが食いたい。そんなカレー屋はないかと思ったのだが、はかない希望だった。うちの近所には、そんな気の利いたカレー屋はないのだ。

b0054391_16174176.jpgあきらめて食ったのが「壱鵠堂」の味噌ラーメン。スープはコクがあって、ほんとおいしいのだが、麺がいまいち。でも、ぼく的には合格点。そういえば、うちの近所にはおいしいラーメン屋も少ないな。
 ともかくうまいカレーが食いたい。
※新しい携帯で撮った写真はピンぼけ。まだマスターしていないのですいません。
[PR]

by kingminoru | 2005-06-28 16:18 | グルメ

蛇が出るぞ~

b0054391_1520453.jpg

■急いで江戸に出たり横浜に出る必要があるとき、うちのマンションの裏にあるこの急な階段を使う。そうすれば快足特急を利用することができる。
 しかし、飲んで帰ってきたとき、この階段はきつい。ひいひいいって上がる。
 それと恐ろしいことがひとつある。この階段のまわりは鬱蒼とした林で、一月ほど前に2メートル近い青大将がいたそうだ。それも階段の近くに。
 蛇は苦手だ。ものすごく苦手。ときに落ちている長い棒きれが蛇に見えて、心臓がドキンと脈打つことがある。
 行き帰りにその青大将が出やしないかと、いつも冷や冷やしている。もし、出てきたらぼくは100メートルを9秒7で走って逃げる。蛇は怖い。
b0054391_15314314.jpg

■どうも日曜日はだれてしまう。思い切って仕事を中断する。英気を養って明日から頑張ればいいのだ。
[PR]

by kingminoru | 2005-06-26 15:21 | 小説家(小説)

溺れてつかっている

■仕事に溺れているので、ちっとも他のことができない。
 ああ、苛々。朝目覚めたときに、今日はあれをやろう、これもやろう、あれもしたいなどと思うがちっともそうならない。ちくしょう。もう少し余裕で生きたいなあ。
b0054391_16442893.jpg

■えとう乱星氏より新刊を戴いた。毎度ありがとうございます。
 今回も『かぶき奉行』につづく文庫化です。
『ほうけ奉行』ベスト時代文庫 695円+税
 主人公の殺生方与力・若宮隼人が痛快に活躍する「えとう乱星」節である。読みやすさ、展開の早さは、著者の得意とするところ。さあ、お立ち合いお立ち合い、お急ぎでない方もお急ぎの方も、とりあえずは本屋さんに行って下さいな。ドカッと平積みしてあるこの本を、手にとってレジに進んでくださいませ。
[PR]

by kingminoru | 2005-06-25 16:37 | 小説家(小説)

禁酒宣言

■一週間前に血液検査したが、その結果が出た。
 基準値より高いのだけを記しておこう。
・総ビリルビン   1・4 (基準値、0・2~1・2)
・AST(GOT)    58 (基準値、8~40)
・ALT(GPT)    63 (基準値、5~40)
・LDH        330 (基準値、180~460)
・γ-Gtp      198 (基準値、3~60)
・総コレステロール 267 (基準値、130~220)
・尿酸        9・0 (基準値、3・0~7・7)

 つまり、これは端的にいえば、お酒は当分飲んじゃ駄目ということでありますな。
 煙草をやめるのはしんどいが、酒なら何日でもやめられる。
 2週間後にもう一度採血をするが、そのときはかなり改善しているはずだろう。というか、節制しなければならないのだ。
[PR]

by kingminoru | 2005-06-24 16:53

感動して燃える

b0054391_914483.jpg

■すごい日だった。何がすごいかって、横浜美術館で見た『ルーブル美術館』の展覧会である。偉大なる画家の絵が、ルーブルからやってきたのだ。その迫力に圧倒される。
 光と影の描写にもっとも魅了される。ため息と感動の連続がそこにはあった。本物を目の前にすると、くらくら眩暈がしそうであった。
 常設展示の絵画も素晴らしかった。もう一度行って、今度はひとつの絵の前で30分は佇んでみたいと思った。

■が、美術館に行く前は多忙を極めた。担当編集者数名から打ち合わせと確認の連絡が立てつづけに入る。その間に、必死こいてゲラ作業をつづける。終わらない。
 ついにタイムアップとなり、外出の準備をしたのだが……。
 部屋着から外出用のズボンに履き替える際、わたしはパンツまで脱いでいた。姿見の前で、はたと気づきパンツをはき直し、そして外出用のズボンをはくというとんまをしでかした。あほや。
b0054391_952976.jpg

■美術館のあとは同行のおばさんたちと、軽く飯を食って『Star Dust』で軽く飲む。
b0054391_925430.jpg

 その後河岸を変える。おばさんたちのペースにはまり、振り回され、帰宅したのは午前1時過ぎ。あかん。何としても日本対ブラジルは見逃せない。
 睡眠時間約2時間で観戦する。

■日本は強かった! いい試合だった。ブラジルを手こずらせ、恐怖させた。2-2というドロー試合になったが、日本代表は躍進している。これから約1年、じっくりレベルを上げていけば、W杯でもいいところまでいける手応えをつかんだ。
 俊輔が「マンオブザマッチ」を獲得した。ギリシャ戦につづき二度目。
b0054391_1252527.jpg

■試合後、眠ることもできずにゲラ作業を開始する。終える。さっき返送してきたので、これから寝ます。
[PR]

by kingminoru | 2005-06-23 09:03 | サッカー

可愛い人だった

b0054391_1512146.jpg■昨日は東京丸の内の丸善に行く。はじめて行ったのだが、あきない場所だった。また行きたい。あそこなら半日は軽く時間をつぶせる。
 でも、なぜそんなとこに?
(※写真は丸善が入っているビル) 
 国広富之さんが個展を開いていたからで、それを覗きに行ったのだ。誘いがかかったのもうなずけた。
 作品が増えていた。それに焼き物まであった。いつの間にそんなことをと考えるが、もう半年以上会っていないことに気づく。
 互いに忙しいから仕方ないが、元気そうで何よりだった。ついでに昔からのポン友で、俳優の岡元八郎氏も来ていた。こっちも会うのは数年ぶりであった。ともかくみんな元気そうで何よりだ。
b0054391_15173395.jpg(※最後に記念撮影をしました。小さいからわからないね。左がわたし、中央が国広氏、右が岡元氏)

■auの料金プランを変えようとショップに入って窓口のお姉さんとあれこれしゃべっていたら、ついでに機種変更することにした。じつはこのお姉さんの応対があまりにも気持ちよく、かつ可愛かったからである。いくつと聞いたら26と答えた。可愛いねえといったら、頬を真っ赤にした。オジサンはますます可愛いと思ったのである。
 その後、中目で軽くやる。といってもぼくはうす~い、限りなくうす~いウーロンハイを2杯だけで、解散でした。
 帰宅したら、『亡国のイージス』のチケットがプロデューサの佐倉さんから届いていた。毎度ありがとうございます。早く公開にならないかな。
 今から待ち遠しいが、早く公開時期が来るということは、わたしの〆切もそれだけ近づくということだから、何だか複雑だな。

■サッカー日本代表の勝利に浮かれ、昨日はブログを休んだ。日本はすごく出来がよかった。この勢いでブラジルを沈没させたいが、さてどうなるものやら。もうサッカーから目が離せないではないか。
[PR]

by kingminoru | 2005-06-21 15:09 | 映画

U20代表に喝ッ!

■U20の試合。対オーストラリア戦。日本は相手のミスでずいぶん助かった。かろうじて決勝トーナメントに行けたからよいが、ヤングジャパンはまだまだ駄目だ。
 ミスが多い。とくに決定機を外す大馬鹿者がいる。平山ッ!
 また、平山頼りもよくない。なんでもかんでも平山に合わせればいいとクロスを上げたり、ロングパスを出したりするが、平山はそれを受けることができない、受けたとしてもキープできない。あーあー・・・。
 それに中盤がガタガタ。後ろでボールを持っても、前の動き出しがないので、パスの出しどころがない。昨夜のような試合では先は望めないぞ。大急ぎで修正しろよ大熊。
救いのある選手。唯一。カレン・ロバート。彼の運動量には脱帽。一人で二人分の役割をしていた。彼はもともとFWなんだから、そっちの仕事を徹底させたい。
 ともかくモロッコ戦を期待。

■午前中、原稿のチェックをし終えて、つぎの章にかかろうとしたが、壁にぶつかる。展開が見えない。スランプ。あんよの痛みと腫れが引いてきたので、少し散歩をした。
 近所の神社に寄って、いつもの神頼み。その後、喫茶店に行って読書をしながら引っかかっている展開を考えるが、どうもうまくない。
[PR]

by kingminoru | 2005-06-19 17:54 | サッカー

新作発表!

b0054391_1631371.jpg
■はっと思ったら、もう土曜日。何だか一週間があっという間だな。
 本日は今月の新刊を紹介。
 新シリーズです。
『宿怨-隠密廻り無明情話①-』廣済堂文庫 カバーイラスト:渡辺文也
 619円+税 来週頭には店頭に並んでいると思いますが、都内の大きな書店にはもうあるはずです。探してみてください。
 時代小説を書きはじめたからには、一度は隠密廻り同心を書きたいと思っていました。それも人情のある話を絡め、ミステリー仕立てで。
 それがこれです。ご期待ください。

■なかなか仕事が捗らない。ゲラ仕事もやらねばならず、PCのHD整理もある。

■そんなこんなをいっているうちに、今夜もU20の試合だ。寝不足になっても明日は、早起きしないぞ。
[PR]

by kingminoru | 2005-06-18 16:04 | 小説家(小説)