いい加減頭にくる

■ヒューザーの小嶋! 名指しをするが、あんたの神経はどうなってんの? と思うような記事が朝刊に載っていた。偽装を見逃した自治体に責任があるから、139億円を賠償しろと提訴したのだ。あほかっ!
 てめえの責任はどうするんじゃ。てめえの悪行を棚上げして、お上に責任を取らせるとは不届き千万。ゴルフ練習場の200ヤード地点に立たせて、みんなで一斉にドライバーショットを見舞ってやるぞ。
 小嶋のいい分はこうだ。「被害者救済を一日も早く実現するため」──くそ偽善じゃねえか。こんな男は大嫌いというか、ほんとに腹が立つというか・・・ううっ。
 考えれば考えるほどむかつくので、やめた。

■ただひたすら仕事の日々です。昨日などは午前2時30分起床。3時から仕事して、6時過ぎにアニーの散歩、朝食後仕事、昼食後約1時間の昼寝。3時にゴルフ練習。その後アニーの散歩。山を下りて軽く引っかけて帰って夕食。
 何だなあという一日だ。
 考えることや、やらなきゃならないことはあれこれあるが、今はひたすら仕事に打ち込むのみ。そして、今日も同じような一日なのだろうな。
 ただし、本日は車にガソリン入れて洗車という作業は大事です。なぜなら明日ゴルフ行くから。
b0054391_11451151.jpg
   じゃれ合うアニー&ミーチャ
b0054391_11452454.jpg
  散歩の帰りに撮った夕景(by携帯)
[PR]

by kingminoru | 2006-01-31 11:45 | 小説家(小説)

おれは小林一茶にはなれない

b0054391_1659185.gif◇先日の金曜日は、田町の料亭・牡丹にいってきた。
『伝伝の会』に出席するためであったが、今回は句会が行われた。
 みなさん、とても素敵できれいな句を作られた。わたしは時事ネタを入れて、ナンジャラホイといわれるような下手くそな句を作った。

『ライブドアやってくれたぜ初笑い』
(*これは説明不要ですね。季語は初笑い。ライブドアをホエリエモンにしようかと、少し悩みました)

『禿親爺好きが高じて寒獄へ』
(*季語は寒獄ですが、これはわたしの造語でした。例の一夫多妻オヤジのことを練ったのですが……)

◇句はともかく、料理はうまかった。とくに刺身は、ほんとに久し振りにうまいなあ~と感心するほどだった。
 お開きのあと、植山会長の誘いを受け、近くの『いなもと』という割烹料理屋に行ったのだが、ここもまたシメサバがうまかった。ほんとに今思い出しても涎が出る。あまりのうまさに写真を撮り忘れました。

◇何だか仕事が捗らない。停滞気味です。
[PR]

by kingminoru | 2006-01-29 16:58 | 小説家(小説)

作家の苦労をわかってくれ

◇昨日も打ち合わせのために出かけ、2匹の姫君に留守番をさせる。
 打ち合わせは思いの外延び、家に帰ったのは11時過ぎだった。姫君らは大喜びで迎えてくれるが、リビングはグチャグチャになっていたぞ!
 まあ、それはいいとして昨夜の打ち合わせで、都合450枚の原稿をボツにすることにした。担当部長は修正にあたって大きな注文をつけてきたが、わたしは今回の作品に限っては原稿を渡した時点で、とてつもない傑作、もしくは駄作だろうと思っていた。どっちなのか、自分で判断できなかった。だから、早く感想を聞きたかったのだ。

 担当者は決して駄作とはいわなかったが、料理が足りないという。ふむ、そういわれるとそうだと思うのであった。そこで、いくつかの問題点を話し合っているうちに、わたしは大裁断を下した。
「テーマと視点を変えて、別の作品を書きましょう」
 一瞬担当者は、絶句したが、拒絶はしなかった。それからいくつかのアイデアを出しているうちに、先方も話に乗ってきた。もうわたしは、新たな作品を書くと決めた。

 もっともボツにした作品に要した労力と時間を考えると、徒労感が募るが、ここは気持ちの入れ替えが大事である。
 以前だったら、一週間ほど落ち込んで酒を浴びるように飲んだだろう。実際そういう時期もあった。しかし、そんなことをしても後ろ向きに考えがゆくだけで、自分の力量を棚上げして編集者への恨みつらみをいうことになる。同時に自分の才能のなさにあきれ、落胆し、挙げ句何も書けないような気分に陥る。これは最悪の状態だ。

 ようは納得のいく新たな作品を作ることが肝要なのであり、それが出来ることによって無駄になったと思う時間と労力も取り返せる。そうなると、あれも必要なことだったのだと思えるようになる。
 まあ、そんなこんなで仕切り直しをするのである。

◇じつは今日も出かけるので、姫君らは留守番だ。それでもカミサンが戻ってくるはずだから、今日は長くないだろう。
 さて、今日は田町の料亭・牡丹に行くのだが、そこで栄養を補給するぞ。ちなみに朝食はミルクとトースト一枚、昼食はカップラーメンと、コンビニのにぎり飯だった。こんな食事じゃいいアイデアも浮かばないよな。
b0054391_15164187.jpg
こうやって仲良く留守番をしてくれていればいいのだが・・・・・
b0054391_1517084.jpg
こんなのまったくの序の口ざんす(≧∇≦)
 正直へこみます(/_;)
[PR]

by kingminoru | 2006-01-27 15:18 | 小説家(小説)

頼む、嬉ションはやめてくれ

◇カミサンが実家に帰っているので、猫と犬との生活。
 長い留守ができないので、昨日は担当の編集者に近くまで来てもらってゲラを渡すついでに、酒を飲む。それでも長居できないので、早めに切り上げて家に帰る。その際内田夫妻を同行させる。ワンコとニャンコは大喜びをする。
 二人(ワンニャン)とも人が好きなんだなあ。そして内田夫妻もワンコとニャンコが好きなのだなあ。アニーが嬉ションをしたのにはまいったが。

◇じつは今日も打ち合わせで江戸に出る。こっちは前もって決まっていたことなので、うちのほうまで来てと我が儘はいえない。
 朝食はトーストと目玉焼きとミルク。昼食はラーメン・ライス。あまり栄養のあるものを食べていないな。それに野菜不足だ。今夜補うか。
 仕事はぼちぼち進んでいるが、例によってほんとに面白いのだろうかという不安がある。いつもこの不安が隣り合わせだ。モノカキの宿命なのだろうか。

◇日が少しずつ長くなっている。ちょっと前まで5時になると、もう暗かったが、今は薄暮だ。これは午後6時ごろ、マンションの玄関前から見た夕暮れ。
b0054391_15361419.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-01-26 15:36 | ワンコ&ニャンコ

敵は六本木ヒルズにあり

◇午前中いっぱいをかけゲラ仕事を終える。先週もそうだったが、今週も何だかんだと忙しい。そう思うと、ぐたっときて、昼食後少し昼寝をする。
 昨夜からライブドアの事件が世間を賑わせている。確信犯であったのだから、逮捕されても仕方なかろうな。あれこれいわずとも、法はきちんと制裁を下すだろうが、それだけではきっとすまないはずだ。
 1年ははじまったばかりだが、早くも今年のビッグニュースのひとつになるだろうな。そして、このあとどんな事件が起きるのか? 
 願わくば平和な1年であってほしいのだが、なにが起こるかそれは神のみぞ知るってことかな。

b0054391_14111869.jpg◇山口敏太郎氏より『是非に及ばず』(青林堂)を贈っていただく。記して御礼申し上げます。
 本書は、信長は本能寺で死んでいなかった! 明智光秀は謀叛者ではなかった! 帯には、本能寺の変は、徹底的に秘匿され、改竄されたとある。
 読書意欲をそそるではないか。ページを開くのが楽しみになってきた。
[PR]

by kingminoru | 2006-01-24 14:11 | 小説家(小説)

腰が・・・痛い・・・

◇アニーの抜糸に行く。病院が苦手なアニーは門の前で、行きたくないと足を突っ張る。「今日は痛くないから、ちょっと糸を抜くだけだよ。大丈夫だよ」
 朝から何度も吐いている同じ科白でいい聞かせ、どうにか診察室に。
 わたしが前脚を持ち、お母さん先生が後ろ脚を持つ。新任の若い先生が、抜糸をする。アニーは怖々ながらおとなしくしている。痛くもなく、あっさり終わったことにほっとしたのか、外に出るなり大はしゃぎをした。

◇雪ってやつは厄介だわい。うちのマンションの玄関前と駐車場前を、住人らで雪かきをする。半分凍っているのでなかなか作業が捗らない。わたしはキャンプ用の円ピ(シャベルのこと)でガリガリやった。みんなの力を合わせたおかげできれいになる。
 わしゃあ、腰が痛い。
 本日はそんなこんなで雑用に追われ、仕事にならない。これから寒中見舞いなども書かなきゃならない。ああ、礼状もあった。ううっ、ゲラ仕事も残っているぞ(汗)

b0054391_13574278.jpg○雪って匂わないのだね。でも冷たい。


b0054391_13581827.jpg○ええい、遊んでしまえ!


b0054391_13583951.jpg○主があきたので帰ろうというが、もっと遊びたいとぐずる。


b0054391_13585987.jpg○その間、ミーチャはすうすう寝ておりました。


b0054391_135921100.jpg○そして、アニー嬢は遊び疲れてこの有様。
[PR]

by kingminoru | 2006-01-22 13:59 | 小説家(小説)

お嬢様は夜中に悲鳴をあげる

◇真夜中、寝返りを打つと、お嬢様が悲鳴をあげた。が、睡魔に負け、そのまま放って眠りこける。それから夢を見たが、その途中で目が覚める。またもやお嬢様の悲鳴によってだった。今度ばかりは起きた。薄暗いなかで、目と目が合う。
「どうして蹴るのよ」
 と、その目が非難していた。
 寝返りを打って蹴飛ばしていたのだ。すまんすまんと謝る。

◇起きると猛烈な雪。積もっている。猛烈ついでに、猛烈に仕事をする。

◇XXIOをゲットして喜んだのも束の間。試打して、自分に合わないと判明。泣く泣く返品する。やはりロフト角が9度では、わたしには技術不足のようだ。
 500円貯金を使って高いのを買おうかと思ったが、その前に技術を磨くことにする。

b0054391_16305884.jpg

◇雪のなかにアニーを連れ出す。大喜びだ。
 ミーチャはテラスに来る雀をじっと狙っている。雪のなかだというのに、獲物を捕りたいがために部屋に入ろうとしない。勝手になさいな。
[PR]

by kingminoru | 2006-01-21 16:15

捜索願

昨週、太郎君が行方不明になりました。
ご近所にお住まいの方、ご協力をお願いいたします。
b0054391_1216356.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-01-20 12:16 | ワンコ&ニャンコ

望みはかなうのだ

b0054391_11574734.jpg◇水曜の打ち合わせで、ずいぶん酩酊してしまい、昨日は脳味噌がカスになっていた。
 よって、かねてより要望を受けていた「隆」のママを誘ってコストコに買い物に行く。
 帰りに「風の陣」という閑静な地にある蕎麦屋さんで蕎麦を食す。





 
b0054391_11581251.jpg◇午後、アニーの散歩を終えて、駅そばにあるイベントスペース会場に行く。ここで、ちょっと洒落たマフラーが売っているのだ。草木染めと藍染である。あれこれ見て、値切ろうかと思い、
「デザインは自分でやっているんですか?」
 と聞けば、おとなしそうな係の男性が、首をかしげる。
「これは身障者の手によって作られたものです」
 あら、じゃあ値切るわけにはいかないな。それに買ってあげれば、なにがしかの役に立つかもしれないと思い、値切らずに購入する。

b0054391_11583212.jpg◇願望を強く持っていると、それは叶うようだ。夕方、連れ合いが忘れたものを取りに「隆」に行き飲んでいると、パパが帰って来て、
「これあるけど」
 と、差し出したのが、なんとわたしがほしがっていたXXIO(ゼクシオ)ではないか!
 ネットで買い落としたらしいのだ。わたしはそれを値切ってゲットする。
 しかし、ロフト角が9度なので、使ってみなければわからない。それでも感触はよさそうだ。うしし、あとで試打に行くか。

◇アニーのエリザベス・カラーを外してやった。とたんにミーチャが背後から襲いかかって、遊んでくれとちょっかいを出した。二人は仲がいい。
 で、近所にものすごく大きな犬がいる。シルク君。体重74キロ。体長は1メートル80センチぐらいあるのではなかろうか。とてもおとなしくて、のそりのそりと歩く。これが獰猛だったら、とても近寄りがたい。
b0054391_11585374.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-01-20 11:59 | 小説家(小説)

魅力ない男

b0054391_1601444.jpg◇「オーモーレツ!」という言葉は、非常に古い流行語だが、これを知っている御仁はそれなりの年齢だと思う。ま、そんなのはどうでもよくて、つまりは今日も朝からモーレツに仕事をしたってことをいいたかっただけ。
 途中で3月刊のゲラが届いたり、アニーの邪魔が入ったりはしたが、ほぼ順調に仕事をこなす。でも、息切れ。昔ほど、集中力がつづかんのです。

◇魅力ある人──とはどんな人かということを考えている。
 ある物事に一途に打ち込んでいる職人肌の人も魅力的だとは思うが、人間的深みがなかったら、単に仕事オンリーの人でしかない。

 世の中には仕事にのめり込んではいるが、余暇を楽しみ、趣味も多いという人がいる。当然、それなりに家庭も大事にする。そんな人は魅力的ではなかろうか?

 そして、そういう人と話をしていると楽しくなる。趣味が多い分、話題も豊富で幅も広い。つまるところ、そんな人が魅力的なのではなかろうか。

 つまらないというのが、趣味も取り得もないという人だろう。一緒にいても話が転がっていかない。酒もうまくない。人はよいのだろうが、ただそれだけのこと。

 また、これとは違ったいやなやつがいる。頭でっかちで、何かともっともらしい屁理屈をこねくり回し、浅い知識をひけらかすやつだ。こんなやつと話をしていると腹が立ってくる。二度と会いたくないと思う。

 そうはいっても人それぞれで、みんながみんな魅力的な人間だったら、この世は面白くないわけで、馬鹿もいりゃ利口もいるってことなんでしょうね。
 しかし、もう一度魅力ある人のことをじっと考えると、やはり「知」という部分が引っかかる。人間の深みとは、経験と知識に裏づけされた「知」ではないだろうか。決して上辺の見せかけでない本物の「知」。

 今、世間を騒がせている、あのオッサンにはその「知」が微塵も感じられないのはどうしてか。もっとも、先の国会質疑のときに、吼えたあの一事で、ああこの男は人格的に何かが欠落しているなと思ってはいたのだが。
 くだらないことを書いてしまった。

 今わたしは、ドライバーがほしい。ゼクシオがほしい。でも、高い。買うと目玉を食らう。でも、あれがあれば、スコアがよくなる。
 きっと。おそらく、パハップス、プロバブリー、メイビー……。
 ああ、ほしい。我慢するしかないのか。今年の誕生日プレゼントはいらないからといって、なんとかならんもんか。
 ああ、ほしい。

 また、くだらないことを書いてしまい長くなったので、アニー&ミーチャの話はお預け。これから打ち合わせに行って来ます。
(*本日掲載の写真は、横浜高島屋の前に立つブロンズ像。ずいぶん昔、携帯で撮ったものです。たまには、口直しってやつです)
[PR]

by kingminoru | 2006-01-18 16:00 | 小説家(小説)