やるぞ! 夏だからやるぞ! と、気合を入れる。

■今朝は比較的涼しかった。犬の散歩を1時間やるが、汗をかかなかった。
 そんな朝は、新作のヒントが生まれたりする。
 徳間用の仮タイトルとぼんやりした構想ができた。

 それはさておき、昨日一昨日、総武カントリーに行ってきた。サントリーオープンや日本オープン、あるいはマスターズを開催する名門である。
 そして、プロと同じコースをまわってきた。

 メンバーは講談社編集○元氏、小○氏、宣伝の新○氏、そしてわたし。
 ようやくゴルフ歴1年になるわたしは奮闘しようと思っていたが、あにはからんや実力のほどは高が知れている。最初からダブルパーのスタート。それからは、みんなの腕前をこっそり見てまわる。

 なかなかやるなあーが第1印象、第2印象はかなりやるなあ、第3印象はすげえ!
 とにかく新○氏がすごい。確実にグリーンをとらえ、確実にパットを入れる。乱れない、ミスがない、よく飛ぶ、寄せが抜群。
 かくいうわたしは、ティーショットが曲がる、ダフッてチョロ、ラフに入れてスッテンコロリンパ。口をぱっくり開けているガードバンカーに恐れおののく。
 なにやってんだおれって感じ。

 で、51・50。新○氏は38・39。シングルじゃん。わしゃあまた100を切れんかった(ガクッ)。

 二人の編集者もなかなかだけれど、○元氏はわしに負けて悔しくて、リベンジを申し込んできた。受けて立つぞ! でも、8月に那須合宿するといっていたな、土曜日に新しいクラブを買うといっていたな。これは侮れないではないか。
 気を抜かずにわたしも頑張ろう。
 で、もうひとりの小○氏は、前半が44でなかなかの実力者、後半はちょい乱れたけれど、ちゃんと100を切っている。う~むう~む、負けてはおれん。

■仕事をしなきゃならん。8月〆切が目の前にそそり立っているではないか!
 やるぞ、やるぞ、やるぞ!
 新作のプロットも書かねばならぬ。ゴルフやっている暇なんかないじゃん。
 と、いいつつ明日はコンペ。
 ともかく今日は仕事だ。

★コメントをいただいております皆様に。レスできませんが、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。皆様のところにはちゃんとのぞき見にいっております。ときどき、鍵米でコメントを残したりしています。
b0054391_8201021.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-07-28 08:20 | 小説家(小説)

朝から読書

どんより曇った空。
町は靄に被われている。
それでも朝の涼気はすがすがしく気持ちいい。
アニーの散歩をしながら、やっぱワンコを飼ってよかったと思う。もともと早起きのジジイみたいな自分だけれど、早朝散歩は誰が何といおうと気持ちいいのだ。

途中、神社によって礼をいう。(わたしは願い事をしない)

そうそう、ワンコを飼うのもいいがゴルフをはじめたのもよかった。このツーセットでわたしの体調はすこぶる具合がいい。
まあ、これまで必要でなかった出費があるというのは問題ではあるが、それよりも健康が一番だ。人間は健康こそが大事なのだ!

と、今日も当たり前のことを書いて自己嫌悪にならんようにしよう。

散歩から帰ってきたら、テラスでアイスコーヒーを飲みながら読書。

それにしてもこの天気、どうにかならんか。
いつまでもジメジメはうんざりだ。
北朝鮮にもうんざりだ。
おい、北の野郎! 間違ってもミサイルなんか発射するんじゃないぞ。
日本は防ぎようがないんだよ。先制攻撃以外は。
……てこと知っていた?(←誰に問いかけているんだ?)

まあ、教えて進ぜよう。
イージス艦とかpac2(パトリオットミサイルのことね)とか迎撃システムがあるんだけど、それってほとんど役立たずね。
一度に何十発も発射されたら、もうお手上げ。日本はやられるだけ。
ノドンとかテポドンには核を搭載できるけど、核でなくやつらは細菌兵器や化学兵器を搭載するかもしれない。

そうなると怖いですよ。
ほんとに怖い。
サリンミサイルとか強力な致死力を持つ細菌ミサイルが飛んできたら……。
あ~ら~、どうしましょう状態なのである。

今朝は冴えたこと書いてるやんけ。さ、読書に戻ろう。

ついでに、昨日、悪戯をしてわたしに閉め出された2匹の哀れな姿をご覧にいれよう。

    ★「ねえ、入れて。もう悪いことしないから入れて。お願い。ねえ……」
b0054391_7162211.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-07-25 07:17 | 小説家(小説)

タイガー・ウッズに刺激されて自己嫌悪。世話ないわ。

■午前5時半に目覚める。
 昨夜は全英オープンを眠いのをこらえて見ていたが、やはり途中で眠ってしまった。
 優勝はタイガー・ウッズ。あくまでもコースマネージメントに拘り、ドライバーを一度しか使わなかったタイガーは天晴れとしかいいようがない。どこかでミスをするかと思っていたが、ほとんどしない。さすが世界ランク一位。
 また、5位タイに食い込んだ谷原秀人も天晴れだった。
 そんなことに刺激を受け、今日は早朝練習に行き125発を打ってくる。プロのようにはいかないが、アイアンが安定してきた。ドライバーは油断すると、スライス気味になるのが問題ではあるが……。

■昨日仕上げたと思った原稿は、その後あれこれ考えているうちに綻びに気づき、急ぎ手直しをする。そして、さっきメールで送稿した。
 今日は読書とつぎの作品のプロットを考える。

■といって、本を読んでいたら居眠りをしていた。ぼーっとした頭で、車のルーフにつけていたキャリーを外す(*このとき、2ヶ所を蚊に刺され、かゆいのなんの。関係ないか)。これは2回しか使っていないので、非常にもったいない。新しい車にはつけられないので売りたいのだが、誰かほしい人いないかな?
 そういえば明日が納車かもしれない。今度は今のより少しコンパクトな車になる。
 さあ、今度こそ読書を……。
 と、書いたところで、なんとつまらんことを書いているのだと気づく。こんなことしか書かないのら、書かないほうがよほどましだと思うことを書いている自体がつまらん。
 ああ……自己嫌悪に陥る。
 こんなときは写真でもアップをして誤魔化す。
         ★すごい顔をして水を飲むんだな。ミーチャ。
b0054391_15413687.jpg

         ★アニーもあきれ顔。
b0054391_15424492.jpg

■ついでに花火も載っけるかな。シャッタースピードが遅いから(?)ぼけているのが多い。よって、小さくしてぼけていないように見せる。うははははは!
b0054391_15481790.jpg
b0054391_15491556.jpg

b0054391_15495792.jpg
[PR]

by kingminoru | 2006-07-24 15:40 | 小説家(小説)

映画を観る午後

■『武者とゆく』第2弾の加筆修正作業を終える。
 全英オープンが開かれているが、録画で観るようにしている。そんな合間に、藤沢周平作品の『蝉しぐれ』を観る。
 監督・脚本:黒土三男 主演:市川染五郎
b0054391_15471455.gif

 原作に近い情感のある作品であった。無理な泣き落としのないところに共感を得た。またこういった秀逸な映画を観ると、自分の作品作りにも刺激となる。だから映画っていいのだと思う。

■そんなわたしは、のんびりできる午後にアニーのブラッシングを行った。
 シャワーは大の苦手だが、ブラッシングは気持ちよさそうに受けてくれる。つまり本当に気持ちいいのだろうな。そうするとシャワーは気持ちよくないということか……?
b0054391_15413322.jpg

■書くことがありすぎて何も思い浮かばない。テレビでも見よう。
  そうそう、九州地方は大雨で大変みたいだけれど、うちの実家のほうは幸い被害を受けていないようです。ご心配いただいたみなさまどうかご安心を。
[PR]

by kingminoru | 2006-07-23 15:41 | 小説家(小説)

親戚がまた減った

■高木の伯母さんが逝った。母の姉である。
 数年前に痴呆症にかかり、真っ白い髪になっていた。実の息子にあんたはどこの誰でしたかと聞き、わたしに会うと、医者と間違えて先生どうもありがとうございますと頭を下げていた。
 幼いころはよくその伯母の家に遊びに行ったものだ。夏の日盛りの午後に、西瓜を割ってくれたり、素麺を作ってくれたりした。
 わたしが成長し、久しぶりに会うたびに、目尻に縮緬じわを寄せて、「大きくなったねえ」といっていた。
 そんな伯母の姿を瞼の裏に浮かべると、いつももんぺ姿か割烹着姿だ。背の低い人だった。いつもやさしい顔をしていたが、笑うともっとやさしい顔になった。
 伯母さんいくつだったんだ? 年も忘れている。母より上なので、80前後のはずだ。 不思議なのは、痴呆症になってから伯母が標準語を話すようになったことだ。それまではバリバリの熊本弁だった。わたしでさえ、わからない方言をしゃべった。それなのに、いきなり標準語だった。今度は東京近辺に生まれるのかもしれない。

■それにしても最近は身内で亡くなる人が増えている。それなりの年になったということだが、訃報を聞いてもなかなか帰ることができない。近場なら飛んでいけるのだが、九州だからそうそうには帰られない。ただ、遠いところから冥福を祈るだけだ。 
 そろそろ喪服を新調しなければならない。持っている黒の礼服はかなり古いからな。
 何もできないので、伯母さんに花火を見せてあげよう。そういえば高木の家から急な坂道を下ると、そこは緑川で、夏には大きな花火大会が開かれていた。今も行われているのだろうか……。
b0054391_14541750.jpg

b0054391_14545563.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-07-20 14:55 | 小説家(小説)

くたくたの小説家

■朝からひどい雨。
 そして、朝から必死こきこきで仕事をまくるまくる。この三日間で約100枚を書く。労働時間は約25時間。やっぱ疲れた。
 と、そんなことをいっている場合ではない。
 新刊が出たのだ!
b0054391_12343033.jpg

 隠密廻り無明情話の第4弾! 『身代わり同心』(廣済堂文庫)だあ!
 拙作を作者が褒めるのはよくないが、面白いはずだ!

 と、のたまうわたしは、書いている最中に、「これは本当に面白いのだろうか」という不安に苛まれながら書いているときと、「これは絶対いける。面白い」と思って書いているときがある。そして、どっちがいいかわからない。
 蓋を開けてみれば、前者が売れたり、後者が売れなかったり、またその逆であったりする。ともかく売れてほしいという気持ちに変わりないので、是非ともご購読のほどを。

 今日の午後は少しのんびりさせてもらいます。

■と、書いたところであることを思いだした。
 中村さん。
「おーい中村さん」これがわかる人はだいたいの年代がわかる。
 ともかくその中村さんは、うちの近所に住むダンディな中年。いつもハンティングを被り、パイプをくゆらせて酒を飲んでいる。
 玄関前の庭に椅子を出して始終日光浴をして真っ黒に日焼けしている。(皮膚ガンになるぞと心配するのだが、大丈夫だろうか?)
 その真っ黒日焼けのダンディ中村さんとは、道ですれ違って挨拶を交わす程度だ。とくに親しく酒を酌み交わしたこともないのに、いい関係なのだ。
 その中村さんが先日、
「使えるかどうかわからないけど、今度ゴルフボールもらってくれる?」
 それで、二日前アニーの散歩中に偶然会ったので、ゴルフボールをもらった。
 箱に入って埃を被っていたけど、蓋を開ければ新品。十分使える。
 この前も礼をいったけど、ここでも礼をいわせてもらいます。
ありがとうございます。
 今度はボールでなくて、新品のクラブをお願いします(←厚かましすぎるっちゅうの)
[PR]

by kingminoru | 2006-07-19 12:39 | 小説家(小説)

まくりにかかっているぞ!

■このところ何かと雑多なことに忙殺され、遅れている原稿を取り戻すためにしゃかりきになっている。今日は終わる予定だったが、さすがに息が切れてきた。
 残りは明日だ。それでも昨日今日の二日間で80枚は書いた。

■ブログを書く余裕がないので、本日は備忘録程度にとどめておく。
@母から電話あり(二日前)。
 乳ガンが発見されたとのこと。早期発見のようなので、手術すればすぐに元の生活に戻れるだろう。決して悪い知らせではない。これが後手に回ればちょっと一大事であったのだが……。

@嬉しいこと。古閑美保ちゃんがやっと今年一勝をあげた。大山志保と壮絶なプレーオフを制しての優勝だったので我がことのように嬉しい。感激の涙を見たときは、うっかりもらい泣きしそうになったぞ。(女子プロゴルフのことね)

@日曜日の横浜花火大会は盛況だった。招待してくださった上山さん、本当にありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。
(*花火の写真は後日アップ予定)
b0054391_15575127.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-07-18 15:53 | 小説家(小説)

疲れた

昨日は同窓会。
20数年ぶりに会うオヤジもいた。
みんな結構毛だらけ、オヤジだけど、変わっていない若々しいやつもいる。
これはどういう差なのだろうか?

ともかく、赤羽の夜は盛況であった。
帰りが大変なので、種の誘いに乗って巣鴨で一休み。
ついでに奥方のるみ姐を交えて、わいわいがやがや。
エミオは妙にハッスルして酔っていたが、12時前にハルオと退散。

わたしは娘のベッドで寝る。娘はキャセイパシフィックのスッチーだから家にはいないのだ。
で、朝帰りをしたというわけだな。

それから仕事に励んだが、なんだか疲労蓄積を感じる。
今夜は横浜の花火大会、元日立の社長宅に呼ばれているので、駆けつけなければならない。

もう一仕事したいところだが……。

■留守番をしていたアニーは、わたしが帰宅すると、
「なあに? どこいっていたのよ」
 と、わたしを咎めた。
b0054391_12465649.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-07-16 12:52 | 小説家(小説)

オヤジたちに会いにゆく

今日は同窓会。
同期会ともいう。17期だから。誰かがトナカイとつけた。

仕事は朝からばんばんやっていたが、そろそろ支度にかからなければならない。
それにしてもさっきまでのピーカンがいきなり曇りになった。
一雨来そうだ。
遠雷も聞こえる。

傘を持っていくかな。
そういえば、昨日散歩中に花を見つけた。
b0054391_13493529.jpgサボテンの花。
グロテスクにも見えるが、きれいだと思った。刺の間に花を開いていたのだ。
携帯の画像だから、うまく撮れていないな。
もう一枚載せておくか。
b0054391_13503512.jpg
[PR]

by kingminoru | 2006-07-15 13:49 | 小説家(小説)

頭ぼーっ

昨日はちょいと飲みすぎた。
○橋さんと渡○さんは大丈夫だろうか?

重い頭を抱えて仕事しているかな。
わたしゃ、頭がまわりません。

それにしても夏っていいなあ!
この暑さがたまらない!

夏はいいぞ!

暑さがいいぞ!

汗がだらだら流れるからサイコーだ!

 おい、そこの二人、バテるんじゃない!
 夏はこれからなのだ!
b0054391_13273659.jpg

b0054391_13281686.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-07-14 13:28 | 小説家(小説)