貧乏暇なし小説家

■午前3時起き。このごろ疲れがたまっているのか、7時間ぐらい寝る。早起きは早く寝るからそうなるのだが、今朝はケン・フォレットの新作を読み終えた。
『鴉よ闇へ飛べ』(小学館文庫)――こういう作品を読むと、また冒険小説を書きたくなる。いくつかのネタはあるが、注文が来ないので構想までは至っていない。しかし、もう一度冒険小説を書きたいという気持ちが無性にある。
 
 午前中、根を詰めて書きつづける。ゲラが二つ届く。時間差で来てくれるとありがたいが、重なるときは重なる。これでまた遊ぶ時間がなくなった。

 かみさんが箱根旅行に行ったので、昼食はあり合わせですませる。再び、パソコンに向かうがなかなか気分が乗らないので、思い切って打ちっ放しに行き、100発ほど打ってとんぼ返り。再びパソコンと格闘。

 30日は西湖でワンコのオフ会があり、一日つぶれるのでひたすら仕事するのみ。
とくに書くことないからアニーとミーチャの写真でも載せておくか。
b0054391_1543666.jpg

b0054391_15434492.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-09-28 15:43 | 小説家(小説)

池袋で、時代小説を語るという怪しい(笑)宴に参加してきたぞ

■昨夜は文芸評論家の細谷さんの招きで、池袋まで「時代小説を語る」という宴に参加してきた。漫画家、編集者、作家、評論家が集まっていた。
 話はいきなり弾み、様々な作家名や作品名が出る。それにしてもみなさんよく本を読んでいらっしゃる。それは驚きはしないが、ディテールを鮮明に覚えていることである。
 わたしなんざよほどでないと思いださないのだが、みんな凄い。それに細谷さんなどは、一冊を1時間半で読むという。もっとも仕事柄そうなのだろうが、それにも驚く。
 宴会は次第にボルテージを上げていったが、わたしは少し遠いのと仕事が押しているので先に退散させてもらった。近場だったらもっといたのだが……。
 まあ、それは今度ということで。

 今日は肩こりがひどく、昼前になんと吐き気と眩暈に襲われた。どうしてなのかわからない。しばらく横になっているうちに治ったが、疲れがたまっているのだろうか。
 大事を取って午後は休むことにした。

○9月18日のこと――
 午前中、指の怪我を放っておいた母を連れて休日診療をしてくれる病院に連れてゆく。
 患者は多くないが、母の治療は妙に時間を要するらしく、処置室に入ったままなかなか戻ってこない。遅れてきた患者はさっさと診察をすまして帰っていく。
 わたしは待合いにある雑誌のほとんどに目を通してしまった。間がもてないので持参の文庫を読む。ようやく2時間後に母が「生還」する。
 化膿していたので切開して縫ったらしい。麻酔の他に、指を冷凍水につけていたから時間がかかったそうだ。これで完治すれば問題はない。

 午後は従兄の家を二軒ほど回って茶飲み話をする。
 その後、旧家取り壊しについて業者との打ち合わせ。じつは、今度の帰郷で最も重要な仕事がこれだった。  
 まず解体費。これは当初200数十万円だったが、105万円に下げられていたので問題ない。つぎが倉庫を兼ねた車庫だ。図面を見せてもらったが、これが驚くほど幼稚。あきれて二の句がつけなかった。
 きちんとしたものが間に合わなかったと言い訳されたが、ほんとかよと疑いたくなる。
 つづいて建築費の交渉に入る。当初320万円だった。
 わたしは見積もりを穴が空くほど見て、いちいち指摘して疑問を呈し、もっと安い材料でいい、これは余分だからいらないなどと削っていく。
 相手が小用のために中座すると、近くにいた父と母が、
「あんまりうるさくいわんでよかよ。田舎の付き合いがあるから……」
 と、渋い顔をされた。
 だが、黙っていれば業者のいいなりで、余計な金をふんだくられるのだ。
 結局、320万円から265万円まで下げて話をまとめる。
 これでわたしの責任は果たせたと思う。
 しかし、この日に、親友の訃報がもたらされた。
 その翌早朝、わたしは田舎から横浜にとんぼ返りして、そのまま板橋に行って通夜の席に加わった。
[PR]

by kingminoru | 2006-09-24 15:09 | 小説家(小説)

台風の中ゴルフをした

■昨日は必死、必死、ヒイヒイいって書く。
 原稿催促多ございます。申し訳ありません。遅れております。いいわけはしませんので、ひたすら書きます。もう少しお待ちください。
 
 今朝は久々に綱島の河川敷ドッグランに行って、アニーを思いきり遊ばせる。いつもの仲間に会えたアニーは嬉しそうに追い駆けっこをして大はしゃぎ。帰るといっても、もう少し遊びたいと駄々をこねる。
 デジカメ持っていかなかったので写真がない。
 そういえば昨夜は、鶏肉と野菜のシチューを手間暇かけて作ってやったのに、ちっとも食いやがらない。肉だけ選別してあとは残した(怒)

○9月17日のこと――
 大型台風が接近しているのでトモタケは朝の便で帰ることにし、滑り込みセーフ。あと1時間遅れていたら、台風の影響で欠航になり足止めを食らうところだった。

 わたしは従兄とゴルフに出かけたのだが、こんな天候で果たしてできるのやらと向かう車中で外の様子を見ながら阿蘇大津カントリーに到着。雨が降りだし、徐々に風が強くなっていた。
 それでもやるらしい。
 メンバーは従兄(井筒屋専務)、福本さん(大木建設)、長井さん(元読売新聞西部支局長)。ティーショットに最初に立ったのはわたし。風がやんだ。
 びしっと決めて、フェアウェイど真ん中。これはいけると思いきや風が吹きはじめる。
 あきません。1番2番とまわったが、3番ホールまで来ると雨は強くなくても、風が逆巻いてきた。びゅうびゅうと風音までするではないか。帽子は飛ばされるし、ボールは下手をすれば5、60ヤード横に流される。アゲインストだと、途中から戻ってくる。これじゃゴルフにならない。
 結局、途中で中止。それでもしっかり料金は取られました。日曜だったので高かった。痛い出費だ。練習場に行っているほうがまだましだったと、ぼやく。
★(家にいればよかったのに。アニーはそういっていたそうな。のんびり昼寝していたくせに)
b0054391_8265095.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-09-23 08:27 | ゴルフ

阿部晋三さんのことはお預け

■自民党新総裁に阿部晋三さんが選出される。21代目。そのまま首相のポストに就くわけだが、短命でないことを願う。内閣人事は着々と進んでいるようだ。わたしにはわからないことだけれど。

○9月16日のこと――
 午前中、旧家取り壊しのために整理作業をする。トモタケが先乗りして手伝っていたので、あらかた作業はすんでいたが、それでもがらくたの山。お宝があるかと思っていたが、何もなかった。これは以前、屋根の普請をしたとき、二階にあった古伊万里の皿や器をごっそり盗まれたためで、気づいたときはずっと後のことだった(と、母の弁)。
 それでも手のつけられていない贈答品がたくさん出てくる。わたしは古い柳行李を発見。これは結構な品だ。新しく求めようとしてもなかなか手に入らないと思う。
 水洗いして陰干しをしておいた。ともかく何もかもが埃だらけなのだ。
 
 午後は少しだけゴルフの練習。
 夜は早めの敬老を祝う。これは明日、トモタケが帰るから、急遽早めにしたのだった。
 行ったのは「錦水楼」という日本料理屋。なかなか豪勢でおいしゅうございました。母とトモタケはこれは量が多すぎて食べきれないといったが、
「なんばいいよっとか! 食わんか!」
 はっはっはっは。カツを入れてやったら、きちんと食べました(笑)
 料理の割には勘定が安かったので、大蔵省になったわたしは少しホッ。
 酒を飲んだので、帰りは代行を頼んで帰宅。
b0054391_7101757.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-09-22 07:10 | 小説家(小説)

帰ってきた物書き

■ただいま。といっても、昨日帰ってきたのだが、そのまま友達の通夜に出かける。
 16歳からの付き合いで、年に数回は会い、電話やメールのやり取りもしていたのだが、今年になって沙汰が途切れていた。二月ほど前入院していることを知り、見舞いに行こうとしたが、そのときはすでに退院していたので、これは快方に向かっているのだなと思っているときのことだった。
 誠に残念でならないが、この件はまた改めて書くことにする。

○9月15日のことからはじめる。
午前中、急ぎの仕事をして帰郷準備にかかる。ちょっと大事な用があったので、仕事を保留して出かけることにしたのだ。
 かくしてわたしは18:20発のSNAで熊本に向かった。
 3連休前なので満席。搭乗した21便は機体を重そうに浮かして闇夜の空を突き進んだ。
 わたしは読みはじめたばかりの小説に没頭した。機内での楽しみはそれぐらいしかないし、読書は時間を忘れさせてくれる。
 案の定、はっと気づいたときには熊本空港だった。
 つづきは、また明日。とにかく今は忙しい。
★留守番をしていたアニーは、わたしの顔を見ると大はしゃぎ。一段落したあとのワンショット。
b0054391_1614037.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-09-20 16:14 | 小説家(小説)

旅に出る

■午前中、やりかけのプロットをひととおり完成させる。今日はそこまでが精いっぱい。あとは旅の支度をして出かける準備に入る。
 今日夕刻の飛行機で熊本に入る。帰りは19日のお昼ごろ。
 あたふたとして時間がないが、仕事の遅れをこの旅で取り戻すことは不可能なので、暇を見つけてメモを取ってこようと思う。

 その間、アニーとミーチャは留守番である。しばしの別れだから、仲良くしているんだぞといい聞かせる。ほんとは、アニーだけでも連れてゆきたかったのだが、車での長旅と時間的な都合がつかないので断念した。
 ともかく、行ってきます。
b0054391_13295235.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-09-15 13:30 | 小説家(小説)

なかなか進まないのである

鬱陶しい秋の雨はやんだが、仕事が捗らず難渋している。

こういうときはいくら頑張っても前に進まない。
頭を切り換えるために、少しは仕事に関係する資料らしき小説を読む。

そういえば、戴きものがあったのに紹介が遅れた。
えとう乱星さんの新作2作。
b0054391_13545625.jpg火盗改めお助け組シリーズ『千鳥の恋』(コスミック文庫)

b0054391_13552755.jpgこちらもシリーズもので、覚醒編につづく『ソルブライト 霊験編』(GA文庫) 乱星さん頑張っています。頭が下がります。見習ってきちんと仕事しないといけないと教えられます。


★水を飲むミーチャ連続
b0054391_147999.jpg

b0054391_1472062.jpg

b0054391_1473042.jpg

b0054391_1473946.jpg

b0054391_1475225.jpg

b0054391_148286.jpg

b0054391_1481261.jpg

b0054391_1482133.jpg

b0054391_1483069.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-09-14 13:58 | 小説家(小説)

雨の日は仕事に限る

■ふむふむ、やっと普段のペースが戻ってきた。
 外は雨だが、馬力をかけて仕事をする。
 ……何とか進んだ。
 それにしても今日ゴルフに行くといっていた知り合いが二組いるが、この雨のなか決行したのか、それともキャンセルしたのか……。

 おっと、そんなことを書いているうちに、一昨日のゴルフを思いだした。場所は船橋カントリー。パーティは二組。……ああ、もう詳しく書くのはやめだ。
 あれは忘れることにする。最近のなかで最悪のスコアだった。おまけにプチぎっくり腰までやる始末。あかん、あきません。最悪の100叩き。
 モグラを脅して芝を刈ってきたのと同じだ。

 ですが、○元氏、○池氏、もう一度リベンジしましょう。
 今度はカートのあるところで。歩きはさすがに応えます(軟弱だな)。

 結局、下手なくせにゴルフにはまっているということか……。

■大はもちろんだが、アニーは家でオシッコをしなくなった。だから散歩行くまで我慢しているらしく、ときどきちょろっと漏らしやがる。
 頻繁に散歩に連れて行くわけにもゆかないので、何とかトイレシーツでやってもらいたいが、最近は見向きもしない。
 困ったなあ。何かいい方法はないだろうか。
b0054391_15493533.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-09-13 15:44 | ゴルフ

朝の誓い

今日はサボっていたこの日記もどきを書きます。

あとで……。

今は仕事開始するところだから。

  以上

これは読み飛ばすように。

と、いって読む人がいるんだろうな。
[PR]

by kingminoru | 2006-09-13 08:01 | 小説家(小説)

もう、やけくそだ!

■もうこんな時間だ。
 うわぉおぅ! と叫びたい心境。
 なぜか?
 先日、モデムが故障して修理の見積もりを出してもらっていたのだが、それが、な、な、何と16800円もかかるという。しかも、チップ一枚を交換するだけで。

 む、む、む、むかぁあ~っと来たので、ビックカメラに行って市販のルータモデムを購入。これだと14700円で収まる。
 早速設定に取りかかったが、どうもうまくいかない。今朝、24時間体制でサポートしているデスクに電話すると、ワイヤレスカード2枚必要なことが判明。
 な、なんだと! 
 仕方ないから買いに行く。するとだ。これが一枚7140円もするではないか! 2枚だと14280円だ。

 すると、合計で28980円ではないか! がびーん。
 すでにルータのほうは取り付けているから返品は利かない。かといって、ワイヤレスカードがなければ使えない。結局大枚をはたくことになった。

 こんなことなら修理のほうが安かったではないか!

 それはあきらめるとして、セッティングに手こずること数時間というより半日以上。ほとんど仕事できず。PCのことになると、まるきしこんな調子。それにインストールしたりアンインストールしたり、あっちをクリック、こっちをクリックしているうちに、精神的にへろへろになっちまった。
 もはや、仕事をする気力が残っておらんではないか!
 やけくそになって、今日は仕事を放棄する。
b0054391_14475285.jpg

[PR]

by kingminoru | 2006-09-10 14:43 | 小説家(小説)