苦闘する小説家

■昨日は悪戦苦闘。ちっとも進まなかった。結果的に書けたのは3枚。
 昼近くに仕事を投げ、蕎麦を食べに行くが、増田屋は定休日。暮れから蕎麦に縁がない。
家で市販の蕎麦を食べるが、まずい。ゴルフ場でも食べたが、まずい。蕎麦好きのわたしめとしては、うまい蕎麦が食べたい。
 
 仕方なく増田屋の近くにあった担々麺の店に入るが、あんまりうまくなかった。
 その後、玉打ちにゆく。アイアンショットを集中してやる。7番は幅10ヤード以内に収まるが、もっと精度を上げたい。油断すると、ときどき玉の行方がぶれる。これを直さないとスコアは期待できない。

■今朝はやっと、ストーリーが動きはじめた。昨日はいったい何だったのだ?
 ともかくエンジンフル回転だ。
 しかし、未だタイトルが決まらない。

■幻冬舎からカバーイラストのサンプルが届く。イラストレーターは吉川聡子さんという札幌在住の方。タッチがいいので気に入った。ただし、サンプルはどれも使えない。そりゃ作品が出来上がってないので、内容がわからないからしょうがないな。

○春は近い。アップし忘れた雪のなかのアニー。
b0054391_5562567.jpg

[PR]

by kingminoru | 2008-02-29 05:59 | 小説家(小説)

逃げてきた

■朝から、パソコンの前にしがみついているが、



 ちっとも進まん。


 どういうことだ?

 話が動かん。

 こういうときって、グルジイ・・・・・・・・・・・・・・・。
b0054391_1005372.jpg

b0054391_16505780.jpg

[PR]

by kingminoru | 2008-02-28 10:00 | 小説家(小説)

春は近いぞ

■昨日、血液検査をした。驚く結果。医者が感心していた。
 すべてが正常値。素晴らしい。つい嬉しくなって、昨夜は飲みすぎた。まあ、一晩ぐらいはいいだろうと、自分を許す。

 春一番が吹き、いよいよ春の到来かと思いきや、まだ寒い。もう少し暖かくなれば、ゴルフの季節到来だ。練習しなきゃな。来月はコンペもあるし。

 それにしても今月は怒濤のゲララッシュだった。全部で四本。
 本日最後の一本を上げる。「あとがき」も書き終える。中断している長編に取りかからなければならないが、何だか今日は疲れた。明日から拍車をかけることにする。それに雑用がたまっている。こちらを先に片づけることにしよう。
b0054391_15142944.jpg

 えとう乱星さんから本が届いた。「総司還らず」(ワンツー時代小説文庫)
 この作品は以前から読みたかった一冊なので、とても嬉しい。総司とは、もちろん沖田総司のこと。そして、この作品は乱星さんの小説としての原点に近いものではないかと推察している。とにかく、早くページをめくりたい。
 乱星さん、ありがとうございます。それにしてもずいぶんお会いしてませんね。昨年は一度も会えずじまいでしたね。今年は是非会いましょう。そうだ、桜の花が咲くころ、そちらに伺います。酒を持っていきますので、花見をしましょう。勝手に決めた。

■本日の日めくり――
「部下を差別するな 長所を伸ばせ」
 わたしにはあまりぴんと来ない標語。いいたいことは、わかるけどね。
b0054391_15152350.jpg

 ↓前にもアップしたかな……ダブっていたらごめんなさい。
b0054391_1516388.jpg

[PR]

by kingminoru | 2008-02-27 15:08 | 小説家(小説)

あれこれ、これあれ

■今朝、起きてニュースの第一報を聞いた。
 三浦和義がロス市警に逮捕されたという。日本では無罪になった彼だが、アメリカ当局は容疑を固めたらしい。実際どのような経緯になっているのか不明だが、信賞必罰ということか……。

 ずいぶん更新を怠っていたのであるが、いざ、更新しようとすると、あれれこありすぎていったい何を書けばいいのかわからない。
 ともかく3本のゲラを終えたのはたしか。しかし、もうつぎのゲラが手元に届いている。さらに今月末〆切の長編がまだ終わらない。それが現実だ。

■だから、ゴルフのことを書こう。その前に、サッカー日本代表が臨んでいた「東アジア選手権」が終わった。日本は1勝2引き分けで2位に甘んじた。サブのメンバー中心であったが、優勝してほしかった。それにしても北朝鮮戦、中国戦といい、レベルの低いジャッジをされたものだ。
 さらに、中国のラフプレーには怒りを感じた。あまりにもひどすぎる。優秀な審判だったら、中国には退場者が少なくとも2名は出た。警告は5本の指が軽く折れる。それほどお粗末であった。

 そして、ゴルフ。桃ちゃんが頑張っている。藍ちゃんは長いトンネルのなか。美保ちゃんは今年も期待大。男子プロの開幕も楽しみ。遼ちゃんがいるからね。

 わたしはというと、今年になってラウンドしたのはまだ2回。一回はお付き合いなので、数に入れるかどうか迷うところ。初回95、2回目94(これじゃ駄目だな)。
 今年の目標は常に80台でまわることと、80を切ることだな。
 スウィングは少しずつよくなっている、と思う。一時期シャンクが直らなくてまいったが、今はそれも克服した。何よりアイアンが安定しつつあるのがいい。あとはパターとアプローチがよくなれば、かなりの線を行くと、自分で思っている。
 だが、どうなるかわからないのがゴルフ。

 昨日は春一番が吹き荒れたが、今日は穏やかな天気のようだ。気温がぐっと下がっているみたいだが。
 本日ももくもくと執筆に専念です。

 映画も観ていたな。だが、どれも面白くなかった。唯一、黒澤の「用心棒」だけが救い。何度見ても飽きない作品です。「七人の侍」より「用心棒」が好き。「椿三十郎」も好きな作品。
 さ、仕事に。
b0054391_5514486.jpg

[PR]

by kingminoru | 2008-02-24 05:50 | ゴルフ

うむうむ、うむ

■ま、そんな状況。

■日めくりの標語に、やっと感心するものが。

「腹を立てずに感謝して忠告に耳を傾けよ」

 これはいいではないか。昨日の日めくりでした。

 で、本日は、

「仕事に背を向け逃げようとするな」

 がびーん!

 まさに、今のわたしに響きまくる標語。

 そんなわけで、本日も格闘。

 なかなかうまく更新できないが、許してたもれ。
 やること多すぎ。ゲラ短編終わって、中編が終わりそう。つぎに長編が待っている。
 それと並行して長編を書いているのだ。
 わかるかな。
[PR]

by kingminoru | 2008-02-19 07:40 | 小説家(小説)

きょうあたり

更新しろよなあ。

暇がないんだよお。

暇作れよ。

そう書いていながら、原稿に戻らなきゃと焦っているんだよ。

じゃあ、あとで……。

……わかった。書くこといっぱいあるから。
[PR]

by kingminoru | 2008-02-18 09:56 | 小説家(小説)

じっちゃんらは元気、そして新刊

■今年2冊目の新刊発売です。
b0054391_564013.jpg

 『雀の墓』(双葉文庫)――「影法師冥府葬り」の第3弾です。
 今回は謎解きにチャレンジです。さて、下手人は誰でしょう? しかし、それよりも、読者の皆様は、きっと理不尽な役人らに対して強い憤りを感ずることだと思います。
 どうか、お楽しみください。

■昨夜は久しぶりに『滝』に行った。小さなカウンターだけの店。
 着物を着た気のいい素敵なママがひとりで仕切っている。ときどき娘さんやお嫁さんが手伝ったりもする。
 わたしの右にはこーちゃん。この人は某大手商社の重役を勇退された方。そして、左は竹中さん。この人は専門商社の会長を、やはり勇退された方。

 二人ともとても話が面白い。が、やはり寄せる年波には勝てないのか、竹中さんは昨年暮れ肺炎で入院されていた。こーちゃんは前立腺肥大になられたらしい。

 わたしを挟んで二人は病気の話。竹中さんは医者にいわれたらしい。
「これ以上煙草を吸ったら死にますよ。肺が白くなるどころではありませんよ」
 脅された竹中さんは煙草をやめられた。

 右のこーちゃんは、
「ぼくはね前立腺肥大になって悲しい。もう男として役に立たなくなったんだよ。いやになっちゃうね」
 しかし、元気だ。この二人、ほとんど休まず毎日飲んでおられる。酒が入るとますます意気軒昂になられる。そして、七十まで煙草をバカスカ吸っておられた。
 健康とはわからないものです。

 わたしは坊さんのように質素な食事に徹しよう。

 ※ワインを飲みたがるミーチャ
b0054391_5143662.jpg

[PR]

by kingminoru | 2008-02-14 05:06 | 健康

さぼっているな

ずいぶん、書いてないな。

その代わり、仕事で書いてますけど。

それはいいんだけど、ゲラが3本になった。
仕事が重なるのは仕方ないが、ゲラが重なるのは痛い。
だからといって放っておける代物ではないから厄介だ。

洗濯機を買い換えました。
21万もしました。びっくり仰天。

でも、今の洗濯機は乾燥機機能もついているので、それだけ高価なのだと、しぶしぶ納得。

ついでに、テーブルも買いました。
これはリビング用。
これまで使っていたのは大きすぎました。以前住んでいた部屋に合わせて買っていたものだけど、今のリビングはちょっと狭い。だから仕方なく。

出費が多いなァ。

さ、もうひと働き。
[PR]

by kingminoru | 2008-02-13 12:49 | 小説家(小説)

大谷哲郎さん逝く

■昨年の暮れ、不慮の事故で入院していた大谷哲郎さんが亡くなった。
 昨日はその「お別れ会」が目白の椿山荘で行われた。放送作家からテレビプロデューサに転身し、NPO活動などもやっていた。わたしは何度も同じ番組を企画したり制作したりした。彼のバッグには常に10本以上の企画書が入っていた。

 会えば企画の話や進行中の仕事の話ばかりだった。仕事に対する意欲は人一倍だった。だけどにぎやかで楽しいことを好み、人を嫌ったり、湿っぽい話をしない人だった。

 それゆえに、昨夜の「お別れの会」は和やかに進行した。
 久しぶりにテレビ業界の仲間に会った。プロデューサーにディレクター、タレントに政治家に学者などなどと多士済々。

 久しぶりに、軍事評論家の小川和久さんと立ち話をする。北野大さんんとペマ・ギャルポさんが隣で歓談していた。司会進行を生島ヒロシがやり、河村たかしさん、ケント・ギルバートさんらが壇上でスピーチをし、大谷さんを偲んだ。

   ※久しぶりに会った関口宏さん、元TBSプロデューサーの神保さんと。
b0054391_10365733.jpg

[PR]

by kingminoru | 2008-02-08 10:38 | 人間関係

おまえってやつは!

■ウンゴッ……ウッ……な、なんだ、というような感じで夜中に目が覚めた。
 口のなかに何かが突っ込まれている。
 鼻のあたりに、かすかな息がかかる。
 何だぁ?
 眠いながらそっと目をこじ開け、その異物をたしかめる。口のなかには、まだ何かが入ったままだ。

 そばにアニーの顔があった。そして、やつの右前脚が、だらしなく開いたわたしの口のなかに突っ込まれていた!
 な、な、なんてことすんだ!
 ぺっぺっぺっぺっ……。
 アニーの足を払いのけたが、口のなかに毛が入っているような気がする。電気をつけ、洗面所に行って何度も口をゆすいだ。まったく、なんてこった。

 寝室に戻ると、やつはすやすや寝ていた。
 …………まいった。
        足は自分で囓るんだ!(怒ッ)
b0054391_544509.jpg

■サッカー日本代表。4-1。失点1は痛いけど、快勝だな。高原が不発で終わったのがイマイチだけど。ま、相手がタイではあんな感じだろうが、つぎーはオマーンとバーレンが待っている。

■今日の日めくり――
「お金より大切なものがある他人の悩みから学べ」
 ……な、なんだあ? 意味を咀嚼するのが大変だァ。 
[PR]

by kingminoru | 2008-02-07 05:50 | ワンコ&ニャンコ