涙のPK戦

◆散ってしまった。

 でも、ベンチにいた選手やスタッフを含めて、ありがとうといいたい。

 やっぱり涙が出ました。

 仕事があるので、またあとで書きます。
[PR]

by kingminoru | 2010-06-30 09:27 | サッカー

悪党の世

◆ひどいやつがいるものだ。
 もう数日前のニュースであるが、あきれた。
 後輩の足を縛り、重さ10キロのタイヤのスチールをくくりつけて海に突き落としたのだ。
 なぜ、そんなことができるのか、精神構造がわからない。
 まだ19歳の少年が犯人であったが、近くには他の仲間もいたのだ。「それはヤバイ」と、止めた者もいたらしが、結局は実行されたのだから、強く制止することができなかったのだろう。
 実行した少年の行為は絶対に許せないが、いっしょにいた仲間にも罪はある。
 とにかくひどすぎる。
 
 誰でも少なからず悪いことはする。
 道徳に反することや、反社会的なこと、あるいは規則や法律を無視することである。
 車の速度違反もそのひとつに入る。

 かくいうわたしは、小学生のころ友達と西瓜畑に入って、西瓜を失敬して畦道でむしゃむしゃ食った。誰も見ていなかった。人の姿など見なかった。
 ところが、翌日学校の朝礼で、
 「昨日西瓜泥棒をした者がいる。名前を呼ぶから前に出なさい」
 と先生にいわれた。
 わたしの名が呼ばれた。え、どうしてバレたんだ? と思いもしたが、こっぴどく叱られて猛反省。
 もう二度と西瓜泥棒はやらないと決めた。

 だが、西瓜は盗まなくなったが、友達の家の苺畑に侵入して、苺を食べたことがある。
 これも見つかった。
 苺は盗んではいけない。
 西瓜もいけない。
 とにかく盗めばすぐにばれるんだと思い知らされた。

 いま、間違っていることを正そうと、厳しく叱る親が少なすぎるのではないだろうか。
 だから子供たちは叱られることに慣れていない。慣れていないから、悪いことをして突然叱られると逆恨みをする。自分のやったことを棚にあげて、叱った人を悪くいう。
 すると、親が出てきて、一方的に責める。やり返してやると、逆上され、罵られ、挙げ句つかみかかってくる。
 そんなことだから、他人の子供を叱る大人がいなくなった。

 過ちを見つけたら、どんどん叱るべきだ。
 よいことを見つけたら、思い切り褒めちぎってやるのだ。

 さあ、今夜はポルトガル戦。
 勝つぞ、日本!

 表で「ぴーちく、ぴーちく」とさかんに鳴いている鳥がいる。

 雲雀(ひばり)である。

 この季節になると、そんな鳴き方をするのですね。
 のどかで、よかよー。
 
[PR]

by kingminoru | 2010-06-29 09:43 | 小説家(小説)

いよいよワールドカップも

◆虫を捕るミーチャ
b0054391_425690.jpg

◆W杯――。
 16強から脱落する国、8強に進む国。
 いろいろ。

 イングランドは負けた。負けると思っていた。
 残念だけど。

 昨日は税理士の椎橋先生宅に呼ばれて、月例の食事会。

 お腹いっぱいになった。
 
 さてさて、更新は中途半端のまま仕事へ。
 余裕ができれば、のちほど更新。
 ただいま午前4時。

 サッカー日本代表は国民の期待をしょって、南アフリカで奮闘しているが、国技である相撲の世界はめちゃくちゃになっている。
 どうなるんだ相撲は……。
 困ったもんだ。いっそのことモンゴルにやっちまうか、とこれは暴言であるな。
 ただいま午前11時30分。
 アルゼンチンは強いねえ。
 イングランドのあの一点が、あのゴールが認められていたならば、流れは変わったかもしれない。
 あれは完全にラインズマンのミスジャッジ。

◆午後2時――。
 頭がウニになってきた。
 
 ウニウニウニ……。
[PR]

by kingminoru | 2010-06-28 03:57 | 小説家(小説)

戦いの日々

◆疲れていようが、なんだろうが、今日も書きつづけるのみ。
 遅々として進まぬ日、すっと進む日、いろいろあれど前進あるのみ。

 昨夜は銀ちゃんが、ガールフレンドを連れてやってきた。
 背が高い。
 チェ・ジウに似た、素敵な女性であった。

 日本酒を飲ませワインを飲ませ、酔わせてやった。

 二人は仲良く帰っていった。

 わたしは悄然と肩を落とし、孤独に帰った。

 韓国、惜敗。

 もうすぐ日本戦。

 ああ、リビングに行って昨日の試合を見たいが、がまんがまん。

 手許にゲラが2本……。U~~~~N。
[PR]

by kingminoru | 2010-06-27 10:18 | 小説家(小説)

つまずき

◆サッカー日本代表はつまずかなかったが、わたしがつまずいた。

 なんと、昨日は悶絶。

 ラッシュをかけなければならないのに、4枚しか書けなかった。

 落語を聞いて早めに寝た昨夜だった。

 相撲界、大変だなぁ。
[PR]

by kingminoru | 2010-06-26 04:12 | 小説家(小説)

つぎはバイアグラ

◆やりましたねえ。勝つと思いました。
 勝つと信じていました。
 つぎはバイアグラではなく、パラグアイです。

 行けます。
 これはもらえます。

 日本のベスト8が見えた朝だった。
[PR]

by kingminoru | 2010-06-25 07:42 | サッカー

升目を埋める仕事ではないのだ

◆もはや、作家のほとんどは、原稿用紙の升目を埋めるようなことをしない。
 いや、そりゃ手書きでやっている人もいますが、大半はパソコンです。
 年代が若くなればなるほど、パソコンです。

 でも、手書きで書ける人が羨ましい。

 じゃあ、書けばいいじゃん。

 だめ。

 字が下手すぎるので、他人が読むのは難解なのだ。
 ときに自分で何を書いたかわからないことだってある。

 それでも手書きの時期があった。
「すみません、いくつか読めない箇所があるんですが……」
 と、何度いわれたことだろうか。

 ワープロが発売されると、真っ先に買ったのである。
[PR]

by kingminoru | 2010-06-24 08:14 | 小説家(小説)

北朝鮮への感情

b0054391_7591069.jpg

◆本日も書斎。
 よく机に座るという。いわないか?
 席につくとはいう。
 でも机につくとはあまりいわない。

 何を書いているのだ?
 韓国が決勝トーナメントに進んでよかったのだ。
 北朝鮮が大敗を喫し、消え去り、韓国が消えたら、、つぎのW杯の出場枠が削られる恐れがあった。
 だから、日本も何としてでも進まなければならない。

 それにしても、やはり日本人は心根のやさしい人が多いと思う。

 北朝鮮にたいして、多くの日本人はあまりいい感情を持っていない。
 しかし、先のポルトガルとの一戦では、
「もういいよポルトガル、一点ぐらい取らしてやれ」
「ポルトガル、遠慮しろよ」
「これじゃ北朝鮮がみじめすぎる」
 などと、北朝鮮を庇う言葉が聞かれた。

 そう、日本人はやさしいのである。日本人は北朝鮮人民に恨みはない。
 そればかりでなく、同情的である。
 嫌いなのは北朝鮮の政策なのである。

 ああ、仕事仕事。
[PR]

by kingminoru | 2010-06-23 07:56 | 小説家(小説)

やっぱり午前3時

b0054391_3342234.jpg

◆全米プロ選手権、そしてW杯でバイオリズムが狂いっぱなし。
 これじゃいかんと、昨夜は酒を抜き、北朝鮮戦を見て、談春(九州吹き戻し)を聴いて寝る。

 そして、午前3時。わりとすっきり起きる。
 これがわたしのパターンだな。

 それにしても北朝鮮、7-0でポルトガルに大敗北。
 前半の20分ぐらいまで、北朝鮮もやるな。ひょっとしたら勝つのではないかと思わせる試合をしていた。
 だが、ポルトガルに動きを見られ、チョン・テセへのマークがきつくなると、あとはずるずる。後半はボロボロ。
 北朝鮮、少し可哀想だったが、やはり実力の差であった。

 遼ちゃんは、頑張ったが33位。
 あまり嬉しくはないだろうが、それでも出場した日本人のなかではトップ。

 すごいのが藍ちゃん、また優勝しちまって、世界ランクトップになった!

 さて、遅れ遅れの仕事に着手するか。
[PR]

by kingminoru | 2010-06-22 03:41 | 小説家(小説)

日本戦や石川遼や畑仕事や子殺し

◆日本・オランダ戦――。

 くぅー、悔しいというか、頑張ったというか、惜しかったというか……。
 複雑であるが、じつは前半終わったところで、そのままガアガア眠ってしまった。
 あとでダイジェストを見て、興奮する。

 そして、全米プロゴルフ選手権。
 遼ちゃんが頑張っているけど、スコアを落とした。それでもトップ10には入っている。
 タイガーがぐいんと浮上してきた。
 明日はどうなるか?

 そんなこんなで仕事が進まないぞ。
 愚痴をいってる暇はないのだが。

b0054391_12444249.jpg

◆アニーはますます甘えっ子になった。
 今日は二人で宮野さんの畑に行って、梅をちぎり、ジャガイモを掘り、ブロッコリーを摘んでもらい、玉ネギや大根をいただいてきた。
 宮野さん、ありがとうございます。
b0054391_12455648.jpg


 しかし、世の中には恐ろしいことがある。
<20日午前4時ごろ、香川県丸亀市飯山町東坂元の無職の女(37)が、市立小学校6年の次男(11)の腹部を包丁(刃渡り約18センチ)で刺し、自分の左手首を切った>
 まったくどうなっておるんじゃ!?
[PR]

by kingminoru | 2010-06-20 12:45 | 小説家(小説)