<   2013年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ゴルフ肘

◆昨年11月に痛めた右肘は、少しずつ回復傾向にある。
 二軒の整形外科に行き、上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)だと診断され、ステロイド注射をしたり、湿布を貼ったりしたが、経過はイマイチ。
 
 そこで接骨院に行き、電気治療を施すもあまり芳しくない。
 そこで鍼治療に変えて施療してもらっている。
 こちらは徐々に効果が出てきているような気がするし、痛みもだいぶやわらいだ。

 しかしながら快復が遅いので、不安になり、MRI検査をした。

 結果は、以前レントゲンを撮ったとき同様、骨に異常なし。
 腱や筋肉、靭などに亀裂、損傷、断裂もなかった。
 筋肉の繊維部分が炎症を起こし、血行が悪くなっていると診断される。

 本日、診てくれたドクターは昭和医大やその他の大病院の整形外科でも有名な人。
 とくに腕や手の関節を得意としていて、その道では権威である。

 なるほど、説明はわかりやすく丁寧で、納得がいった。

 快復が近いことを確信し、しばらくは鍼治療をつづけることにする。
 しかしながら湿布薬はあまり効かないということを知った。
 血行を促すためだったら、他の物理療法がいいらしい。
 マッサージや風呂、あるいはカイロを患部にあてることである。

 とにかく、重篤な症状でなかったことに、胸をなでおろす。

 ゴルフ肘で悩んでいる人は少なくないと思う。
 もし、不安があるなら、一度MRI検査を受けることを勧める。
 また、肘の専門医を探して診てもらうのも大事なことだと思う。

 ゴルフ肘は必ず治るのです。
 
 これからは、練習やラウンドするときは、その前後にケアすることを心がけようと思う。

 ああ、早く痛みをなくして、ゴルフを再開したい。
[PR]

by kingminoru | 2013-01-29 12:26 | ゴルフ

もう、雪は・・・

◇もう雪は降らないか……。

b0054391_7135584.jpg

[PR]

by kingminoru | 2013-01-24 07:14 | ワンコ&ニャンコ

@@@@@

◆昨日は頭が爆発しそうになって、仕事を終えたあとは何もする気がおきなくなった。
 どこかに遠出をしたくなったが、それもできないので、風呂に浸かった。
 その後、山を下りてワインを飲み、ついでに病院の予約をしてもらう。

 肘の治りが遅いので、MRI検査を受けることにしたのだ。
 いったい、わしの肘はどうなっているんだ?
 という疑問がこのところあるので、解明するのだ。

 で、今日も早起きして仕事してまっせ。
 いやァ、ようはたらく男だと、自分のことを思う。
b0054391_613639.jpg

[PR]

by kingminoru | 2013-01-22 06:01 | 小説家(小説)

肛門嚢炎

◆ミーチャが大変!
 肛門嚢炎になったのだ!

 そんなもん知らなかった。
 年を取ると、ウンチといっしょに排泄する膿がたまって、肛門脇の皮膚がおできのように膨れあがり破裂するのだ。
 ぎょッ、ぎょえー!

 でも、ミーチャがそうなったので、慌てて動物病院に駆け込む。汗汗汗……。
 おできの出来た瘡蓋をこそぎ落とし、血の混じった膿を搾りだし、注射を二本打たれた。

 その間、ミーチャはおとなしくしていた。えらいぞ!

◆そんなミーチャは、いまは元気。
 オモチャ相手に遊ぶのが好きなミーチャ、半分やけっぱちかも……?
b0054391_1236853.jpg
 
◆でも、遊ぶのはすぐに飽きる。相手がオモチャじゃ、やはりつまらないのだろう。
b0054391_12362419.jpg

◆飽きたら寝るのがミーチャ。
b0054391_1236399.jpg







[PR]

by kingminoru | 2013-01-20 12:38 | ワンコ&ニャンコ

北極熊

◆夜中に肘が痛くて眠れずに起きる。
 昨日揉んでもらった揉み返しか……ようわからん。

 それで、夜中にやっていたプラネットアースを見た。
 北極熊のお話。

 母熊は2頭の子供を育てるために、雪のなかにこもる。
 その期間、5ヵ月。
 なにも食べていない。
 ひたすら子供に乳を与えつづける。

 時が来た。

 母熊は2頭の子供を連れて旅に出る。
 アザラシを狩るためである。
 狩らなければ生きていけない。
 北極熊の子供の生存率は50%。
 すると2頭のうちの一頭は生きていけないということになる。

 どうか2頭とも無事に育ってくれと祈りながら見る。
 母親はひたすら狩りの旅をつづける。
 地球温暖化のせいでその旅は果てしなく長い。

 場所が変わって、取材班が2頭の独立した子熊を見つけた。
 この子たちにはもう母親はついていない。
 幼い2頭は脆くて薄い氷の上を旅する。
 餌を狩るためだ。

 しかし、行く手の氷の大地は固くしまってはいない。
 足がやわらかな氷に取られ、よろけるようにして進みつづける。

 徐々に歩ける氷の道がなくなり、2頭は冷たい水の中を泳ぎはじめた。

 カメラーがズームアウトして、広い視野となる。

 愕然。

 2頭の泳ぐ先に、氷の大地はない。
 ただ冷たい海が広がっているだけだ。
 
 そっちに行くな!
 力果てたらどうするんだ!

 しかし、なにも知らない2頭の小熊は冷たい海を泳ぎつづける。

 身につまされる地球温暖化を問う番組だった。

 いま、北極熊は絶滅の危機にある。




[PR]

by kingminoru | 2013-01-18 07:58 | こだわり

・・・・・

◆特記事項なし。

 映画監督の大島渚、逝去。80歳。

「愛のコーリダ」
 いい映画でした。藤竜也かっこよかった。

 さ、さらっと仕事。

 その前に、アニーをたたき起こして、散歩。
 やつはまだ、おれのベッドでぐうすか鼾をかいて寝ている。
 それも、脚おっぴろげ大股開きで、腹を上に向けてである。

 女である。
 いやメスであるが……はしたないないだろう。

 起きれーッ!

 アーサーッ!(谷村やすじ調で大きな声を出していいましょう)

 ハッハッハッハ……。





[PR]

by kingminoru | 2013-01-16 06:34 | 小説家(小説)

休日なし

◆ほぼ、毎朝4時起きで仕事に励んでいる。
 今年になって、ほぼ、ではなく、まず休んでいない。

 痛めた肘は使わないほうが治りが早いというのもわかった。
 でも、仕事をするとどうしても使うので、治りが遅い。

 治りが遅いと、最高の気分転換だったゴルフがずっと先延ばし。
 それが悩みの種。

 今日から腹筋でもしてみようかと思い立つ。

 それにしても仕事が立て込みすぎて、遅れがち。

 クリアしようと必死こいているが、疲労蓄積。

 リポビタンDでも飲んで、ファイト3発だな。

 さあ、引きつづき原稿と格闘だが、今日は昨日のドカ雪で足許が危ないので、気をつけて散歩しなければ。

 



[PR]

by kingminoru | 2013-01-15 06:05 | 小説家(小説)

本年、初めての本

◆今日は2度目の更新。

 本年初めての作品が出ました。
 二次文庫ですが、この作品は、講談社の[kenzan!」で連載し、その後単行本化し、すでに文庫化されている作品のルーツとなるものです。
 主人公の深見十兵衛は、まだ若いですが、とても魅力的です。
 もちろん加筆修正してあります。
b0054391_651923.jpg






[PR]

by kingminoru | 2013-01-14 06:06 | 小説家(小説)

さあ

◆今日も楽しく仕事するぞ!

 ただいま午前4時50分。

 外は冷たい雨。

 冬の雨。

 久しぶりのおしめり。
 
 ああ、天の恵みに感謝。

 どうか肘が少しでもよくなりますようにと、昨日はロキソニンの湿布をした。
 これ、結構効いているかも。
 今日も貼ろう。

 さて、まずはゲラから……。




[PR]

by kingminoru | 2013-01-14 04:52 | 小説家(小説)

ゲラゲラゲラ

◆タイトルは笑いではない。

 校正刷りのなおしである。

 二本あるうちの一本を片づけた。
 もう一本。

 原稿は二本。

 今月中に、新しいゲラも到着予定だ。

 すると、今月はゲラ三本に原稿二本。

 仕事してるねえ。

 休んでないもんね。

 ゴルフは肘が痛くて封印。

 いつ、治るのだ? おれの肘。

 ゴルフは最高の気分解消法だったのに、できない。

 したいなァ、ゴルフ。

 そうだ、今月は忙しいから、ゴルフなんかやっている場合じゃないと神様がいっているのだな。
(これはきっと仕事の神様だろう。小説の神様? それとも文学の神様?)

 だから、今日もシコシコ仕事するっきゃない。

 ソニーオープンは録画したので、あとで見る。


 では、では。





[PR]

by kingminoru | 2013-01-11 07:41 | 小説家(小説)