タクシー運転手の暴言

◆高原の風だった。
 今朝の散歩のこと。昨夕の雷雨がもたらしたのか、じつに快適な朝だった。

◆近所を席巻しているタクシー会社が2社ある。
 三和交通とスタジアム交通。
 この運転手同士が激しくやり合う。

 深夜の駅前で、スタジアム交通が駅改札の反対側につけていた。
 客は駅改札側に立っていた。

 いきなり激しいクラクションが鳴り、三和交通の運転手がおりて、
「おい、なに考えてんだ! 客は向こうで待ってんだろ! おめえが動かねえと、こっちは車出せねえんだ! ぼけっとしてんじゃねえよ」
 怒鳴られたスタジアム交通の運転手は、速攻で怒鳴り返した。
「なんだおめえは! 喧嘩売ってンのか!」
「いいから早く出せよ」
 スタジアム交通は一応、駅改札側にまわり、客を乗せたが、窓を開けてなおも怒鳴る。
「ふざけたこといってんじゃねえぞ! 馬鹿野郎が! 顔覚えてるからな!」
「なにいってやがんだ。ボケッ!」

 おお、これで両者、車降りて殴り合いをやるかと思っていたが、スタジアム交通はさすがに客を乗せていたので走り去った。

 それにしても先に怒鳴って注意した三和交通は、言葉の使い方を知らない。
 あれは明らかに暴言である。
 もう少しやわらかくいったら、ああいう後味の悪いことにはならなかったはずだ。
 もし、「向こうに客がいるから、まわってくれないかな」ぐらいだったら、スタジアム交通も「ああ、すみません」で、終わったかもしれない。

 60面下げたオヤジ運転手の怒鳴りあいはみっともない。
 客も敬遠するだろう。

 ああ、今日もパソコンの前にしがみつく。
[PR]

by kingminoru | 2009-08-25 06:29 | 人間関係