人気ブログランキング |

イングランド戦

◆だいたい4時間で目が覚める。今朝もそう。

 でも、今朝はイングランド戦を語らなければならない。
 日本の出来は、前半がとくによかった。
 後半は疲れたのかプレスを利かすことができなかった。そのために、ジェラードに鋭く切り込まれたり、ルーニーをフリーにする場面が目立った。
 
 日本でよかったのは、何といっても最初の一点目。闘莉王だ。あのシュートは圧巻だった。
 そして、もう一本、素晴らしいヘッドでのシュート。しかし、こちらは自殺点。あかんぜよ。これで一点目は帳消し。おまけに中澤までクリアミスしてのオウンゴール。嗚呼、嗚呼……。

 それでも、嘆くほどではない。阿部のポジションがよかったのか、日本は全体的に機能していた。
 ディフェンスでよかったのは長友だろう。長谷部もきらりきらりと、随所で光っていた。
 本田は目立たなかった。ポジションが悪かったのか、それとも相手のマークがきつかったのか、十分な仕事をしていなかった。
 フォワード陣でよかったのは、大久保。よく走った。トップ下ではあるが、よく働いたよ。
 岡崎も惜しいチャンスを決め損なったが、つぎは頑張ってほしい。
 途中出場の森本には今後期待がかかる。
 玉田も惜しいシュートを放った。

 そして、松井が入るといい感じだね。もっと早く入ってほしい選手だ。

 また、GKの川島が光った。昨日はよくやった。殊勲賞だ。
 しかし、サッカーは勝たなければならないのだ。どんなに泥臭かろうが、勝てばいいのだ。
 まだ、勝利の女神は日本に微笑んでいないのだろうか……。

 ワンタッチプレーと寄せの速さが日本の持ち味だと思うので、今後もしっかりやってもらいたい。
 少しはワールドカップに期待が持てる内容だっただけに、やはり勝ってほしかった。

 

by kingminoru | 2010-05-31 04:39 | サッカー