人気ブログランキング |

稲葉家は大変なことになっていた!?

b0054391_6514596.jpg

◆じつは住んでいるマンション内で、アニーのことが問題になっていた。
 当初、マンション購入時、わたしは販売担当者に、
「ライオンぐらい大きいペッとでも大丈夫ですよ」
 といわれた。
 もちろんジョークとして受け取ったが、それだけ大きなペットでも問題なしと解釈した。
 そして、わたしは子犬のアニーを引き取り、子猫のミーチャを引き取り、家族の一員として育ててきた。

 ところが、2月ほど前から、うちのアニーはマンション規約に違反しているという話が耳に入ってきた。
 マンション内は抱きかかえて歩かなければならないらしい。さらに、アニーは規約にある以上の大きさだというらしい。
 それまで犬の飼い主は、リードをつけて歩いていた。それが急に抱きかかえて歩くようになった。だから、犬の散歩に行く人の姿を見かけなくなった。
 犬を抱いている人は重い重いという。子犬でも5、6キロあれば、しかも女性であれば、結構な重さだ。マンションの奧に住んでいる人は、なお大変である。

 しかし、そんな規約はいつ作られたのだ! 
 まったく寝耳に水の話であった。ところが、入居時にそんな規約の書類があったらしい。それで調べてみると、ない。その一冊だけをもらっていなかったのだ。

 しかし、アニーよりはるかに大きな犬も住んでいた。(引っ越していまはいないが)
 その当時は何のクレームもなかった。
 みんな犬を抱いてマンション内を歩くということもなかった。

 ところが突然、新たな規約の見直しが必要であるということになったらしい。
 ペットの規約変更をするなら、飼い主の意見を聞くのが本筋だと思うが、それは一切なかった。わたしは静観していた。
 アニーは14キロある。
 カミサンはヘルニアである。
 14キロの犬を抱いて歩くことは無理だ。
 それにアニーは人に迷惑をかけることはない。噛みついたりもしないし、無駄吠えもしない。
 いたって従順で賢い犬である。

 それなのに、アニーを目の敵のように、抱いて歩け、規定外の大きさ、明らかに規約違反だという住人がいたらしい。

 この件が理事会にかけられた。
 結果は、問題なしになった。
 
 上の写真のアニーは何も知らない。

b0054391_764672.jpg◆昨日のコンペは大成功でしたが、雨との戦いでした。
雨はいやです。
スコアになりません。途中で半分放棄しました。
46・47 total 93 
惨敗です(/_;)
メンタルの大事さと、雨対策を痛感した一日でした。

by kingminoru | 2010-09-28 07:06 | ワンコ&ニャンコ