人気ブログランキング |

5輪日本代表

◆女子につづき、男子サッカーも4強入り。
 水泳の団体メドレーも銀。
 女子は銅。
 バトミントンは銀。
 なんだかんだと、金は少ないがメダルを獲得する日本人選手。

 表彰台に上った選手たちは、輝いている。
 素晴らしい、素晴らしい、素晴らしい!

 でも、それをサポートしてきたコーチやスポンサーや恩師や親兄弟がいることを忘れてはならない。
 彼らに負けて地味な練習を続けている選手も大勢いる。
「つぎはおれが」「つぎはわたしが」
 と、そんな思いで日々研鑽し努力を積み重ねている人たちが大勢いる。
 そんな人も輝いている。

 しかし、日本は馬鹿な政治家の仕分け作業のお陰で、満足な練習をできない人がいる。
 こつこつアルバイトをして練習を積まなければならない人もいる。
 才能は努力によって開花する。
 よい環境を与えてやるのは政治の役割ではないか。
「2位じゃだめなんですか? 3位じゃだめなんですか?」
 と、問うた馬鹿な女政治家。
 1位がいいに決まってるだろ!
 みんな1位になりたくて苦しい練習に耐え、常に上をめざしているのだ。

 そんな単純なことのわからないやつ(女だったな。名前は出さないが……)は、政治家とはいえん。

 さて、今日も暑いぞ日本は。
 今日もロンドンでは熱い戦いがあるぞ!

 おれも闘うぞ!
 シコシコと。

 そして、献本があった。
 朝松健氏より、新作が届く。
b0054391_9355657.jpg

「百鬼夜行に花吹雪」(ベスト時代文庫)
 <夢幻組あやかし始末帖>シリーズ第1弾です。
 以下、帯文より――
「〝昼あんどん〟同心・月影竜之進の正体は、最強の退治師。
 封印がとかれて復活した凶悪妖怪から江戸の町を救え!
 霊刀村正で邪悪を絶つ!」
 朝松さんの真骨頂が発揮されている作品のはずだ。読むぞ!
 みんなも読んでね。


by kingminoru | 2012-08-05 08:31 | サッカー