人気ブログランキング |

悲願の1勝 宮里優作

◆決して体の大きいほうではない。
 体格的に恵まれているとはいえない。
 しかし、彼のスイングはきれいだ。そして、飛ぶ。
 技術もある。

 アマチュア時代は数々の試合で優勝してきた。
 そして、鳴り物入りでプロ転向。

 ところが、成績はなかなかふるわない。
 もう一歩のところまで行って、そこで終わってしまう。
 勝利をつかみかけて、自滅。
 その繰り返しだった。

 関係者だけでなく、多くのファンもいつ勝ってもおかしくない選手だと思っていた。
 
 宮里優作。
b0054391_659143.jpg

 女子プロゴルファー宮里藍の兄。そして、聖志の弟。

 2013年12月、読売カントリー。
 その年、最終戦となるJTカップ。
 優作は初日から調子がよかった。しかし、最後に崩れるのが、これまでの優作のパターン。

 そして、問題の最終日、8日(日)。
 スタートしたが、ボギーでスコアを落とす。
 ああ、やっぱり駄目なのか、という思いが脳裏をかすめる。
 そう思ったのはわたしだけではないはず。その一方で、ここで踏ん張ってほしい、崩れてほしくないと祈るような気持ちでもあった。
 もちろん、本人がそのことを一番意識し、ハートを強くしていたはずだ。杉沢キャディはどんなアドバイスをしているのだろうか? そんなこともまで気になった。

 追い上げてくる選手を振り切るために、リードを広げたいが、逆に縮まってくる。
 6番7番と連続バーディ。しかし、8番9番で連続ボギー。
 後半は我慢のゴルフ。

 そして、迎えた最終18番。リードは3打差。
 ダブルボギーでも優勝できる。

 放ったティーショットは、グリーン左のラフへ。それも逆目の微妙なところにボールがある。
 それでもピンの下につければ、パーは拾える。最悪でもボギーであがって優勝。

 そして、優作の2打目のアプローチショットは、トップしてグリーンを横切り反対側のラフへ。
 ギャラリーからため息と悲鳴。
 天をあおぎ、胸の前で手をにぎりしめる人も。

 優作はつぎのアプローチにかかった。寄せワンの、ボギーフィニッシュでOK。

 優作はひとつ息を吐き、ゆっくりクラブをテイクバック。
 ボールを高く上げてのロブショット。

 放ったボールはラフからふわりと弧を描いて宙に舞い、グリーンに落ちた。
 そのままカップに向かって転がる。

 一瞬の静寂。
 ギャラリーは息を詰めてボールの行方を見守った。

 カラン。

 入った! チップインパー!

 瞬間、優作は力強くガッツポーズ。ギャラリーから歓声。
 グリーン奥で見守っていた妹藍の目に涙が光った。

 ガッツポーズした優作だったが、その場で膝から崩れ涙を堪えることができず、肩をふるわせた。

 プロ11年目にして初めてつかんだ勝利だった。

 おめでとう、宮里優作。

by kingminoru | 2013-12-09 06:51 | ゴルフ