裸の子供たち

b0054391_14512355.jpg


b0054391_1448204.jpg


b0054391_14483718.jpg





■先日渋谷に行ったとき、待ち合わせよりかなり早く到着したので、ハチ公前の広場でぼんやり人間ウォッチングをした。目を惹いたのは、街を歩く人でもなく、待ち合わせをしている若い女の子でもなかった。
 ハチ公前で戯れている子供たちの姿だった。誰も見向きもせず、誰もそこにそんなブロンズ像があることに気づいていないようだった。
 だけど、ぼくはその子供たち(像)をずっと見ていた。車の騒音も、あちこちから流れてくる音楽も、スピーカーから流される広告のコピーもまったく聞こえなかった。
 子供たちはまわりにいる人たちの目を気にすることなく、無心に遊んでいた。雨の日もアスファルトを灼く日射しの中でも、毎日そこで遊んでいる。これから何年も、何十年も同じ姿勢で、はしゃいで遊びつづける無邪気な裸の子供たち。
 この子らに気づいている人は多くないような気がする。
[PR]

by kingminoru | 2005-07-10 14:48 | 旅行