印税が、映画が

b0054391_205388.jpg
■金がどっさり銀行に振り込まれていた。・・・らしい。
 わたしは知らなかった。カミサンも記帳していないので、気づいていなかったらしい。
 じつは印税が余分に振り込まれていたのだ。版元から慌てたメールが入って気づく。
 もちろん返金しなければならない。暑いなか銀行に行って振り込み返す。
 その後、喫茶店で新作の構想を練る。ナントカできそうなので、帰宅してパソコンと格闘。来週には約束通り、プロットを渡せそうだ。

■『80日間世界一周』を観る。ジュール・ベルヌの名作。もう50年も前の映画なのだ。
 いらないらカットや余分なシーン。そしていくらでも編集段階でつまめるシーンがあったが、それはそれで我慢して観る。
 懐かしい分だけ、得した気分で観られる映画です。
 日本も出てくる。鎌倉の大仏と平安神宮(多分?)。
 懐かしい俳優が出るよ。デヴィッド・ニーヴン、カンティンフラス(この人はよく知らないけど、役得の人)、そして若き日のシャーリー・マクレーンは、ほんときれいでした。
 睡眠を削り、仕事の合間に観たけど、3時間ばかりの長さにはまいった。
[PR]

by kingminoru | 2005-07-29 20:53 | 映画