ピエロの赤い鼻

b0054391_7331673.gif

◇ドイツ占領下にあるフランスのある街で、ポイント切り替え所が爆破されるという事件が起きた。犯人は2人のフランス人。しかし、その切り替え所には同じフランス人の老人がいた。
 ドイツ軍は犯人捜しに躍起になり、4人の容疑者を捕らえ、深い穴の中に放り込んで拘束する。2人が自首すれば、他の2人は救われる。
 だが、本当の2人の犯人が無実の2人に真相を話しても信用してくれない。そして、ついに銃殺刑のときがきた。4人は一巻の終わりだ。
 しかし、このとき、1人のドイツ人番兵が上官に反抗して殺される。この番兵は穴の中の4人に食糧を与え、自分は戦前フランスのサーカスでピエロをやっていたと告白し、4人の容疑者を笑わせ、いっときの安寧をもたらし、気持ちをやわらげてくれた。
 だが、彼は殺された。そして4人に最後のときがきた。銃口が向けられる。みんな目をつぶり、恐怖の極みに追いやられる。
 ところがこのとき、真犯人が見つかったという連絡が入り、4人は釈放されることになる。
 真犯人の2人はわけがわからなかったが、ポイント切り替え所で犠牲になり重体になっていた老人が、自分はもう駄目だから自分が犯人だったのだと、妻に偽証させたのだった。
 これ以上書くと未見の方に失礼なので控えるが、久し振りにいい映画を観た。
 大推薦です!

◇昨日はウッチーと一緒に軽くゴルフの練習にゆく。しかし、左胸に異痛があり、痛みを庇うためにフックすることしばしば。だが、原因が判明した。ぼくはダフりやすい打ち方をする。ダフッたとき、胸に響くのだ。それが左胸の異痛だとわかった。
 これ(フック)は修正すればすぐ直る、はずだ。それからアイアンである。これは問題だ。ヘッドが軽いために妙に力を入れないと飛ばないし、安物のせいかあてるのが難しい。他の人のアイアンを使ってよくわかった。
 ウッチーがレディース用みたいだという。そうではないから、ひょっとしたらこれはオカマ用のクラブかと二人で、ぼくのアイアンを笑う。アイアン可哀相。
 でも、新しいのが必要だ。無駄な力が必要になるクラブはいらない。しかし、アイアンは高い。そこで考えついた。短編を引き受ける。そうすれば、楽勝で買える。問題はもう片づいた。
 それにしてもウッチーはすごい。来週コンペがあるが、もう今日の練習で十分だという。それはそれでいいのかもしれない。彼のスウィングはいいし、フォームもきれいだ。スタイルがいいからかっこよく見える。
 短足・胴長・がに股のぼくとは大違い。それにゴルフのキャリアだってかなりのものだ。何といってもぼくは初心者だからな。練習に励まないとついていけない。ついていかないとみんなに迷惑をかける。だけど、練習時間がなあ・・・。
[PR]

by kingminoru | 2005-08-19 07:34 | 映画