人気ブログランキング |

ローレライと携帯

◇たいした量を飲んだわけではないのに、昨夜のアルコールの余韻が残っている。一度パソコンに向かうが、そこで体が固まる。脳味噌も固まっているのだろう。明日の休みを繰り上げ、本日を休養日にして『ローレライ』を観る。
 
b0054391_14581656.jpg
 これは映画館で観逃した作品。今や飛ぶ鳥を落とす勢いの福井晴敏の『終戦のローレライ』の映画化だ。今年は彼の映画がこれで2本か、いや3本だったか……。それほど乗っている作家なのだ。原作の魅力もさながらが、映画もよくできていたほうではないか。
 CG部分がいただけないが、それを無視すればかなりの出来だろう。だが、潜水艦のなかに日独混血の女がいるというのが、映画化になると説得力に欠ける。原作ではちゃんと読ましてくれたのだがなあ。まあそれでも面白い映画だった。★★★☆──

◇それはそうと昨日は携帯を忘れて出かけた。電車の中でメールを打ったりして暇をつぶす人は多い。
 なんと、わたしもそうなのだと気づく。携帯を持っていない居心地の悪さ。
 なければないで過ごすことはできるのだが、読書をしても携帯のことが気になったりする。それに周囲を見ると、なんと乗客の半数以上が携帯をいじっている。携帯がまだこの世になかったとき、多くの乗客は読書をしたり漫画を読んだり、あるいはぼうっと座ってあれこれと頭をめぐらしていたはずだ。ある意味で電車の中は貴重な時間だったと思う。
 それが携帯の登場で、人は電車の中でも忙しく指を動かしてキーを打ち、誰かとつながっていたいと思うらしい。科学の発達による文明の利器も考えものだ。
b0054391_14495882.jpg
◇ミーチャはよく食べる。それに甘えん坊で、何かとじゃれついてくる。自分のことを猫と思っていないのかもしれない。

※もし、あなたが今笑いたければ、ここをポチッと押すとよい。

by kingminoru | 2005-10-08 14:50 | 映画