人気ブログランキング |

いよいよはじめます!

b0054391_14581529.jpg

◇ゲラ仕事を終え、返送する。
 アニーとの朝の散歩は順調。下痢っぽいのが治らないので、薬を増やすことにした。それでOKとのこと。ミーチャは完全復帰で、食欲が以前に戻った。
b0054391_14583762.jpg

◇突然ですが、本日より『ワンニャン物語』(仮題)を開始します。

【ワンニャン物語】第1話
○プロローグ 
今、我が家にはアニーという犬と、ミーチャという子猫がいる。
 アニー三ヶ月半歳(推定)、ミーチャ二ヶ月歳(推定)。どちらも雌。お嬢様だ。
 アニーは保健所で殺処分になるところを保護され、ボランティアの預かりママ・山口さんを経由して我が家にやってきた。ミーチャは他の子猫と一緒に捨てられていたところを市川さんという女性に拾われ、我が家にやってきた。
 二匹とも誰の目にも止まらなかったら、今はおそらくこの世にいなかったであろう。
ぼくが犬を飼いたいといいだしたのは、今年になってからだ。これまで住んでいたところはペット飼育禁止のところばかりだった。それでも猫を飼っていたが……。
 三年前、購入した現在のマンションはペット飼育が「可」である。そんな背景があり、「ともかく犬を飼いたい」と思いはじめペットショップを眺めたり、通ったりしているうちに切なくなった。何といたいけな仔たち──多くは二ヶ月前後だろう──が、こんなに狭いケージのなかにいなければならないのか……。
 この思いはとても矛盾する。それなら買えばいいではないか、買って引き取ればいいではないか、そう思うのだった。しかし、ずっと躊躇っていた。
 その原因は、ペットロスである。すでに癒えているはずなのに、またあの別れが来ると辛い思いをする。その一言に尽きた。
 ところがこの夏、里親制度いうのを知り触発された。世の中にはいろんなボランティアがあるが、恵まれない犬猫を救出するそんな団体を知ったのである。これは以前からぼんやり知ってはいたのだが、具体的なことを認識したのだった。
 このボランティアは、野良化した犬や猫はもちろん、我が儘な飼い主に捨てられたり虐待(足切断や骨折あるいは火傷など)を受けたりしているのを救出し、愛情をもって面倒見てくれる里親を捜していた。
 ぼくが初めて接したのはセンター南(横浜市営地下鉄三号線)の広場で行われている里親会だった。聞けば、茨城から毎週日曜日やってきているとのことだった。交通費や食費はもちろん、犬猫の医療費や食事代も持ち出しである。募金箱があるので、少ないながらも毎回寄付していたが、その類のボランティアを知りたくてインターネットで検索すると、彼らの涙ぐましい努力に胸を打たれた。
 どんな努力かは、長くなるので割愛するが、里親になろうと思ったのはそのときであった。何も知らない人は、ペットショップにいくらでもいい犬がいるよという。それはそうだろう。金を出せば自分の好きな種類の犬が買えるのだ。だが、これは他の愛犬・愛猫家に譲って、とにかく里親になりたいと思った。
 ぼくが里親になることで、ほんとうに恵まれない不幸な犬が助かるならそれでいいではないか、純粋な気持ちでそう思ったのだった。
 そして、紆余曲折(これは後述する)はあったが、先のアニーとミーチャが新たな家族の一員になったのである。
メインストーリーに入る前に、少し長くなるがペットロスになったことを先に書いておく。それは五年前、二〇〇〇年に遡る。
 その年の元旦にぼくはこんなことを書いていた。

「猫」
私の愛猫の名前は、「トノ」。
 トノは猫である。
 毎日よく眠る。
 好きなときにご飯を食べる。
 当たり前だが、稼ぎはゼロ。
 生活のほとんどは飼い主まかせ。
 文句は言わない(言えない)。
 こんな太平楽な生き方はない。
 それなのに、文句も言われず、可愛がられる。
 人間様とは大違い。
2000年元旦

 幸せなトノとの日々があったときのことだ。今読み返してみれば、何と能天気なことを書いているのだろうか! と、思う。
 しかし、こんなのんびりした心境でいられたのは、このあと長くつづかなかった。
 それは突然やってきたのだ。

by kingminoru | 2005-10-25 14:59 | ワンコ&ニャンコ