人気ブログランキング |

上達しないゴルフ

■快晴。真っ青な空をジェット旅客機が、ゆっくりよぎってゆく。
 その下には、春の息吹を感じさせる青いフェアウェイが広がっていた。ティショットを放つために、わたしは一度深呼吸してクラブをテイクバックさせた。
 イメージはカキーンと心地よい音を響かせ、まっすぐ飛んでゆく白球である。
 わたしは思いきりスウィングした。
「ありゃあ!」
 普通はナイスショット! という声がかかるはずだが、わたしの打ったボールは大きく右にそれて、池に。…………ポチャ。
 OB。唖然、がっくり。

 あかんあかん、ぜんーぜんあかんやんけ! ともかくドライバーで打つティショットがよくない。5番ホールに来たとき、わたしは「今日は練習、練習」と、いい訳とも愚痴とも取れることをさかんにいいながらコースをまわった。
 前半はさんざん。61もたたいた! ダメダメ、全然ダメー!
 後半もあきらめ気分でまわるが、13番ホールに来て、いきなり開眼。ドライバーのスウィングをフェアウェイウッドと同じ振り方に変えたのだ。

 あらァ、そうするとボールがまっすぐ飛ぶではにゃあきゃ。しかも、230ヤード地点を超えている。多分、まぐれだな。いっしょにまわっている人たちは、今のは今日の「イナバウワーだ!」と冷やかす。冷やかされても気分いい。
 そして、残りのホールも、すべてティショットがばっちりいった。(^_-)-☆
 ああ、あれが最初から出ていれば、100を簡単に切ったのに。最後はパーで上がって49でまとめたぞ! でも、グロスで110。また馬鹿にされるな。hideさんに。ライオンですねって。百獣(110)の王だもんね。

b0054391_12111275.jpg■馬力をかけて仕事をする。
 おっと宣伝だ。新刊が出ました!
『肥前屋騒動』(廣済堂時代文庫)!
「隠密廻り無明情話」の第3弾です。今回はミステリー仕立てです。犯人を当ててください。結構難しいと思いますが……。
 そういえば、だんだん時代ミステリーになってきたな。他の作品もその傾向がある。
 みなさん、よろしくお願いしますね。

by kingminoru | 2006-03-16 12:11 | ゴルフ