人気ブログランキング |

貧相なアイデア

■オーストラリアにゴルフ留学していたのぞみちゃんは、惜しくも今年のプロテストに落ちてしまった。そのせいではないだろうが、日本に引きあげてくることになった。もちろん来年も受けるのだ。日本でのコーチは何人かいるらしいが、普段は小料理屋をやっているパパがやる。
 そののぞみちゃんが練習に行くというので、わたしも付いていくことにした。いったいどんなスイングをするのかと、もうただの野次馬だわな。
 そこで白木ちゃんを誘う。白木ちゃんはメルセデスで迎えに来る。そして、練習場に行ったのだが、彼はハッシーをピックアップするのを忘れ、練習場からまたあと戻り。まったくドジ。可愛いドジだけどね。
 で、わたしは早速のぞみちゃんの練習を見学。やっぱきれいです。スイングが。わたしのドライバーを試し打ちさせたら、「これはいいです」という。
 なるほどそうかと思うが、わたしのスイングはそんなにきれいでない。でも、のぞみちゃんよりは飛ぶ。でも、スコアは絶対負ける。こっちは100を切るか切れないかでヒイヒイいってるのだが、彼女はパーを切るか切れないかで苦心しているのだ。
 ともかく練習が終わって引きあげる。白木ちゃんはのぞみちゃんの練習風景を見ることはなかった。
 帰りに、白木ちゃんとハッシーの3人で壱刻堂というラーメン屋に入った。
 みそラーメンと餃子とライスを食べたら、腹いっぱいになった。そりゃなる。
 帰宅してしばらくしたら夕食だった。腹に入らない。そりゃ入らない。かみさんはご飯炊かなきゃよかったとしきりにぼやいた。そりゃぼやくわな。

■W杯に思うことその壱――。
 予選リーグで破れた国に敗者復活戦をやらせる。
 と、いっても17位と18位を決めるのだけれど、そうなると自然に19位20位も決定する。開催国はそういうイベントをもうけると、もう一稼ぎできる。そして16強に入れなかった国ももう一度盛りあがるし、サポーターもファンも喜ぶ。
 でも、そのトーナメントの一回戦で負けると、もう立ち直れなくなったりして。
 日本がそうだったりして……。
 それでもやってみたらどうだろうか? 
 FIFAのプラッター会長にメールでもしてみようかしらん。
 そして、返事が来る。
「すでにそういう案は出ておりました」
 はあ、そうだったのか。
「却下されました」
 はあ、そうだったのか。
 貧相なアイデアであった。
     (*恥ずかしいから穴があったら入りたいといって、ソファの下にもぐる)
b0054391_5222237.jpg

     (*ちっともよくないじゃない。水飲んで寝よ)
b0054391_5225540.jpg

by kingminoru | 2006-06-25 05:24 | サッカー