人気ブログランキング |

嗚呼、熱闘甲子園が……

◆劇的なドラマ。燃える夏。熱闘の甲子園。
 昨日は高校野球の決勝戦。佐賀北と広陵。誰にも予測不可能なドラマがあるから、野球はたまらない。とくに一生懸命な高校球児の姿は、見ていてすがすがしく、そして感動を与えてくれる。
 昨日も劇的なドラマがあった。佐賀北が逆転のホームランをかっ飛ばしたのだ。誰があの時点まで、そんな奇跡ともいえることが起きると予測できただろうか。

 だが、悲しいことにわたしは、そのドラマを見ていなかった。見る暇がなかった。ひたすら仕事をしていたのだった。知ったのはニュースを見てからのこと。
 嗚呼、嗚呼……嗚呼……嗚……ぁ。

 しかし、夜はカメルーン戦見ましたよ。もち、サッカーです。燃えたね闘利王。見せてくれたね山瀬(功)。試合後のオシムのインタビューもそつがなかった。あの指揮官はちゃんと自分を分析していると、思い知らされた。
 オシムは侮れない、オッサンだ。ときどき、侮ってはいるが……。采配ミスをするときとか、メンバー選出とかね。
 わたしは日本サッカーをすごく応援しているからね。

 その後、U22の試合をベッドで横になって見ていたが、途中で沈没して寝てしまった。
 起きたら勝っていた。よかった。ホッ。ま、相手がベトナムじゃ勝って当然だわ。

 U17は負けましたね。こっちは、ちょっと悔しいねえ。ほんと、悔しい。だけど、まだ若いチームだから今後に期待、大!

◆それでわたしは午前2時起きで、さっきまでずうっっっっと仕事していた。
 さっきって? 13:30ごろまでかな……。
 疲れたよ。

 疲れた分成果はあるんだな。長編九割、短編九割を片づけたのだ。
 あと一割ずつの詰めが残っているが、先は見えている。
 来週から中編に取りかかれる、だろうな。取りかからなければならぬのだ!

◆しかし、高校野球が終われば、もう秋だ。いつもそう、夏が背中を見せて去ってゆく。どんなに暑くても夏が好きなわたしは、一抹の寂しさを感じる。
 秋はねえ、なんか寂しいんだよね。ゴルフするにはいい季節だけどね。
 それでも今年は秋を好きになろうと思う。

◆柴田よしきさんから新刊が届いた。
b0054391_1355952.jpg『やってられない月曜日』(新潮社)
 相変わらず彼女は快調にすっ飛ばしております。すごいね、がんがん行っちゃってるもんね。書店で見かけたら、是非お手にお取りくださいませ。かしこ。

by kingminoru | 2007-08-23 13:53 | サッカー