人気ブログランキング |

不要ペット回収車

■元厚生相の事務次官殺害の容疑で逮捕されている男がいる。
 この男は、自分のペットを殺された怨みだと証言しているらしいが、ずいぶん飛躍した逆恨みとしか取れない。

 しかし、これを黙殺もできない。
 現実の行政には、ずいぶんひどい蛮行もあるのだ。

 それが以下の記事である。

「不用品、無料で~~引き取ります!!」
軽トラックでゆっくりと運転をしながら、スピーカーから流れるこの声、この車を皆さんよくご存知でしょう。
この不用品回収車とまったく同じことが動物でも行われているのはご存知ですか?

それが「不要ペット回収車」。名前のまんまです、不要だと思うペットを回収する車です。
命が物として扱われているとしか言いようがありません。

全国約40の都道府県にあり、多い所では100ヶ所以上もの回収ポイントがあります。

長崎県 107
広島県 103
高知県 100
愛知県  83
静岡県  58

全国40地域
(ALIVE調べ)

回収車が引き取った犬猫達は、動物管理センターや動物愛護センターまで運ばれ、その後殺処分されます。
行政は、私達の税金をこんなことに使っているのです。
1つの命を不要と名づけ、簡単に捨てさせるサービスが現実にこんなにもあるのです。

これだけ沢山の回収車の維持費、そして人件費を犬と猫が生きられるために使ってほしいと思います。

この方法は、安易な考えで捨てさせることを促しているとしか言いようがないですね。
まったく罪悪感を感じさせません。だから笑って平気で捨てるような人間が居るのではないでしょうか。
飼い主のモラルを低下させている

コメント(2)
回収車は廃止をして、犬や猫たちが生きるために税金を使ってもらいましょう!

そのお金で避妊・虚勢手術を勧める運動、里親を探す運動、しつけに対する知識を持ってもらう運動、この現実を沢山の人に知ってもらう運動などなど・・・大きな使い道は沢山あると思いませんか?

実現するためには、もっと沢山の方の理解力が必要です。
最も影響力があり、1度で沢山の人に伝えることが出来るTVというメディアを通じて、この現実を知っていただきたいです。

そして皆で声を出し、意見を出し、「命=物」ではなく、「命=命」という当たり前の扱いにしていただきたいです。

番組が実現するまで、何度もアタックしていこうと思います。
企画を募集している番組や、募集してない番組でもお願いをしていこうと思います。
主に、何かを問う番組、教育番組、ニュース番組などを中心に求めていきます。


 実際、手弁当で里親やペットの保護をしているボランティアが世の中にはたくさんいるが、それは詰まるところ行政の不備があるからであり、また無責任な飼い主が存在しているからである。
 モラルの低下は否めないが、行政にもその責任の一端はある。
 動物とはいえ、大事なペットの命をいともあっさりと殺処分にしているのだ。この処分のやり方にもいろいろ問題がある。

 こういうことは何もここだけで声高にいうことではないかもしれないし、里親のボランティアの方たちもこの問題に取り組んでいる人が少なくない。

 今回は神戸のスターロンが悲憤慷慨していたので、あえて取りあげた。
 これを機に、動物保護に対する行政のあり方を考え、またときに広く訴えていくのも意義あることだと考える。

by kingminoru | 2008-11-26 14:57 | ワンコ&ニャンコ