人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 104 )

横浜ベイサイドマリーナ

■昨夜は家を出るつもりがなかったのだが、辛味大根をゆきちゃんに届けてくれとカミサンがいう。そうやって背中を押されると、すぐに帰ってこれないのは目に見えている。
 山を下りてゆきちゃんの店に行ったら閉まっている。台風で早じまいしたそうだ。大根を持ち帰るのは癪に触るので、横鳥で待っているとサトちゃんを呼び出す。
 と、そこへ広瀬歯科の広瀬先生がやってくる。サトちゃんも登場。二人は明日は休みだということで日本酒を飲みはじめる。先生がご馳走するというので、断りはしたが、いつのまにやら目の前に日本酒が。エンジンがかかり、隆に行き、そこでまた日本酒。
 いきなり盛り上がりはじめ、フィリピン・パブに押しかける。ぎゃあー、そんな店は久し振りだぞ。姉ちゃんたちとくっちゃべって、もう一軒カラオケバーに行き、最後はラーメンを食って帰宅。

■当然、朝は絶不調。宿酔いはひどくはなかったが、仕事になろうはずがない。
 シャワーを浴びても脳味噌は機能したがらない。
 じゃあ買い物でも行くかと、ベイサイドマリーナに行き、ランチをとる。
b0054391_1952473.jpgb0054391_1954671.jpg









 あとはショッピング。
 リーガルの靴とGショック、エディバウアーのレインコート、ヘンリーハンセンのボタンダウン(半袖)、ナイキのポロシャツを買う。

by kingminoru | 2005-07-27 19:06

ひどい女

■いやな女に会った。ひどい人間、冷たいやつと思った。
 ぼくはかねてより犬を飼いたいと思っている。そして、里親になろうと考えている。住まいの関係で大型犬は飼えないが、中型犬までならok。
 近所にブリーダーの店がある。気になっていたのでふらりと立ち寄り、店の子(オーナーだった)とジャブ程度のやり取りをし、
「できれば里親になりたいと思っているんだ」
 と、切りだしたら、うちにも一匹いるという。少しお待ちくださいといって、二階からミニチュアダックスを持ってきた。成犬である。
「これ大人ですね。捨てられていたの?」
「いえ、うちで生むだけ生んでくれたので、もう一度生んだらそれでおしまいにしようと思っているんです。よければ秋にはお渡しできますが……」
 ぼくはその子をじっと見つめた。おまえ、あほか。でも、抑えた。
「この子はずっとここにいたんでしょ。だったらずっとここにおいていたほうがいいんじゃないの」
「ちゃんと可愛がってくれる人がいたら、それでいいと思うんです」
「なぜ? ここで可愛がってくれていたんじゃないの? 急に環境変わったら、この犬にもよくないと思うけど」
「うちも子供が増えると管理がずさんになりますから、だったら可愛がってくれる人に飼ってもらったほうがいいと思うんです」
 おめえ、冷てえ女だな。随分じゃないかと、声が喉まで出かかった。
 商売のためだけにやっているのだ。子供を生ますだけ生ましたら、あとは用なしというわけだ。稼ぐだけ稼がせ、もう稼げないとわかったらお払い箱なのだ。
 ひどい、ひどい過ぎる。ブリーダーというのはそういうものなのか? 
 動物を可愛がり、いたわる心があるからそういう店をやっているのだとばかり思っていたぼくはショックだった。
それともそういう商売をやっているうちに人間性が麻痺してしまったのか。何と残酷なくそ女なのだ。二度とあの女には会いたくない。二度とあの店の前を通りたくない。あの店にいる犬全部が、不憫に思えて仕方ない。

 しかし、動物のなかで一番残酷なのは人間なのだな。かつて、白人は黒人を動物扱いして売っていたものな。ドイツ帝国はむやみやたらにユダヤ人を殺したものな。
 そういえば、日本人もかつて……。
 人間は残酷なのか? 無辜の動物たちまで被害を及ぼさないでほしい。

by kingminoru | 2005-07-22 21:07

鉄ちゃんと鼻毛(本日の番外編)

■(*本日二度目の書き込み)
 その人は鉄ちゃんと呼ばれている。
 赤銅色に焼けた職人さんだ。ちっこい目、大きな口。笑うと妙に愛嬌があるが、黙っていると少し強面だ。もう70を過ぎている。
 ぼくとは仲がいい。でも、どうしても我慢ならない癖がある。
「鉄ちゃん、鼻毛を抜くなよ。汚ねえじゃん」 
 鉄ちゃんはゴメンゴメンというときもあるが、大概無視して知らぬふうをよそおい、そっぽを向き、また垢じみた大きな指を鼻の中に突っ込み、ずぽっと音がするのではないかと思うほど強く鼻毛を抜き取る。
 抜くたんびに大きなくしゃみをする。抜いた毛は、ズボンにこすりつけるか吹き飛ばす。
「汚ねえじゃん」
それでもその癖は直らない。
 鼻毛を抜く。へーへっくしょーん! また抜く。へっへっへっくしょん!
「鉄ちゃん、鼻毛切りの鋏で切ればいいんだよ」
 ぼくはそれを買ってやったことがある。それでも指がいいらしく、鋏は使っていないようだ。それにしてもどうしてそんなに鼻毛が伸びるのか?
 鉄ちゃんは煙草を吸わない。だけど、鼻毛がぼうぼう伸びる。
「現場は埃だらけだからよ。鼻毛が自然に伸びんだよ」
 そういって、鉄ちゃんはまた指で鼻毛を引っこ抜き、大きなくしゃみをした。

by kingminoru | 2005-07-12 13:18

別れはつらい、何にしても

b0054391_15435481.jpg

■もう何年使っただろうか。いつ我が家に来たのか思いだそうとしても、それが何年前だったか定かではない。
 それでもずいぶん世話になった。朝から晩まで湯を沸かし、保温しつづけ、コーヒーや茶を淹れるときに適温状態で待っててくれた。うっかり、夜消すのを忘れ、朝まで君は熱湯を腹に溜めていたこともあったね。熱かっただろうな。朝起きて、その体を触ると熱を持っていたっけ。それでも湯を取り換え、新しい水を溜めてやると、君は文句もいわずに湯を沸かしてくれた。
 だが、そんな君にも寿命があったんだね。思い起こせば長いようで短い付き合いだったけど、よく尽くしてくれたね。
 ありがとう。
 そのまま君を捨てるには忍びないので、ここに写真を載せておくよ。
 それじゃ、さようなら。

■朝からゲラ仕事。片付ける。これから打ち合わせ。久し振りの渋谷だ。
 行ってきやす。

by kingminoru | 2005-07-08 15:44

禁酒宣言

■一週間前に血液検査したが、その結果が出た。
 基準値より高いのだけを記しておこう。
・総ビリルビン   1・4 (基準値、0・2~1・2)
・AST(GOT)    58 (基準値、8~40)
・ALT(GPT)    63 (基準値、5~40)
・LDH        330 (基準値、180~460)
・γ-Gtp      198 (基準値、3~60)
・総コレステロール 267 (基準値、130~220)
・尿酸        9・0 (基準値、3・0~7・7)

 つまり、これは端的にいえば、お酒は当分飲んじゃ駄目ということでありますな。
 煙草をやめるのはしんどいが、酒なら何日でもやめられる。
 2週間後にもう一度採血をするが、そのときはかなり改善しているはずだろう。というか、節制しなければならないのだ。

by kingminoru | 2005-06-24 16:53

ぶっ倒れる

b0054391_171458.jpg
■昨日わたしは急性ニコチン中毒になったようだ。手足が痺れ、眩暈と吐き気に襲われ、血の気が引き顔面蒼白となり、約2時間ぶっ倒れていた。
 なぜ、そんなことになったか探ってみた。某サイトでこのことを書いたら、柴田よしきさんから急性ニコチン中毒ではないかと指摘を受けた。
 本日、それを調べまくったら、やはりそうだったようだ。一時に必要以上のニコチンを摂取すると、昨日のような症状が出るらしい。
 これは永年の喫煙者でも同じだそうだ。愛煙家には精神的な習慣による喫煙と、身体的喫煙に分けられるらしい。後者がいわゆるニコチン中毒ということだ。
 わたしは空吹かしをする程度だから、中毒ではないといわずとも軽度のニコチン中毒なのかもしれない。
 禁煙を誓いニコレットを使用しはじめたのだが、噛み方が間違っていたようだ。だが、どうもニコレットのニコチンはわたしには強すぎるということがわかった。以前、禁煙飴を食べたときも似たような症状が出たこともあったのだ。
 禁煙は自分の弱い精神力を、強い精神力に変えてやるしかないようだ。
(*折角hideさんに勧めてもらったのに、あきまへんでした。怒らないでね(/_;))

by kingminoru | 2005-06-14 16:58

欲と誠意のぶつかり

■JR西日本の不祥事によって、起きた悲惨な断線転覆事故はようやく片づきつつあるが、
マンション住人とJRの話し合いが行われたようだ。
 この記事を読んで思うのは、JRはかなり誠意を尽くしていると思う。当事者である住人の心のケアなどの問題はあるが、それを盾にとってJRに過度の請求をするのはいかがなのもかと思う。住人全員がそうだとは思わないが、中にはこれを機会に搾り取ろうとする人がいるなら、それは少し違うのではなかろうか。欲の皮を突っ張らせないほうがよい。
 ともかく交渉がうまくいくことを祈る。

b0054391_14563158.jpg■昨日も「隆」に・・・。これは遅い時間帯の常連客が早めに来たせいである。さらに帰ろうとするところへ、大○山○ジングの3人トリオ(?)が現れた。写真の真ん中の女性は「みっちゃん」とおっしゃる方で、なかなかのやり手だ。昼間は会社勤め、夜は小料理屋を経営されているとのこと。キャリアウーマンだな。
 さて三人の話に聞き耳を立てていると、彼らの社長の話とあいなった。なかなか素晴らしい人のようだ。寛大にして鷹揚な包容力を併せ持ち、人間的深みのある魅力的な人物らしい。なるほど、大勢の部下を率いる社長たるべき鏡かもしれない。一度お目もじにあずかりたいものだ。

■本日は新作の構想に終始。大まかではあるが見えてきた。一気呵成に書き上げる作品である。明日から怒濤の態勢でかかかるのだ。

by kingminoru | 2005-06-06 14:49

韓流的考え

■グアムに米軍のステルス戦闘機が配備され、兵員も増強される模様。これは極東有事に備えてのことであるのは誰の目にも明らか。アメリカは北朝鮮に攻撃をかけるつもりはないといっているが……。果たしてその真意は?
 近いうちに戦争が勃発するのかな? 危ないなあ、あの半島は。
 
 先日、二人の韓国人に別々の日ではあったが、
「北朝鮮のことをどう思う?」
 という同じ質問をぶつけた。
A(男性)「嫌い。あの国は間違っている。とんでもない」
B(女性)「嫌いではないけど、人民が可哀相。金正日も悪いけど、それより側近が悪いと思う。やけっぱちになって何するかわからない、そんな怖いイメージがある。金政権が倒れてくれればいいんだけど」
 思うことは韓国人も日本人も同じようだ。
 竹島問題に対して、ぼくがジャンケンをして勝ったほうが大きい島をもらうようにしたらどうだといったら、二人とも笑いながら複雑な顔をしていた。

■「たまや」は明日には第一稿を上げることができそうだ。長い道のりであったが、修正箇所があるので完成までにはもう少し時間がかかる。都合760枚ほどの大作になってしまいそうだ。
 今夜は編集さんと渋谷で打ち上げ。

by kingminoru | 2005-06-01 14:37

永遠なれお洒落おじさん

b0054391_15422918.jpg■石津謙介さんが亡くなって、もう四日あまりたつ。その日に書こうと思っていたが今日まで延びた。ぼくがアイビーに目覚めたのは高校の頃だ。「メンズクラブ」という月刊ファッション誌は必読書であった。
 そして、巻頭に近い頁に毎回、「街角のアイビールック」(←これ少々曖昧)なる特集があり、ぼくはいつかそれに載らないものかとひそかに思っていた。
 結果は一度も載らなかったのであるが、それは専属カメラマンの目に留まらなかっただけなのだと思っている。
 ボタンダウン、ピンホール、アーガイルのセーター、レジメンタイ、アスコットタイ、ネイビーブルーのジャケット、ローファー、ウィングチップ、ステンカラーのコート、スィングトップ……あげればきりがない。
 すべてぼくのファッションは、「VAN」で統一されていた。例外は、クルーカットの頭とリーガルの靴だけだった。ともかくお洒落を学んだのはアイビーだった。当時はわざと「トラッド」などとひねくれたいい方もしていた。
 今やどうでもいい身なりをする昨今、清潔感のあるアイビーに戻ってもいいかもしれない。とまれ石津さんのご冥福を祈る。

■一日一本は理想だ。ようやく普段のペースに戻った。しかし、これもあとしばらく。
 だが、「たまや」のラストが見えてきた。もう一頑張りだ。よいしょっ!
(あえてサッカーの話はしない)
(※写真は石津さんのHPから拝借した。問題があれば関係者の方連絡をください。すぐに削除します)

by kingminoru | 2005-05-28 15:30

死の宣告を受けたらどうする?

■あなたの寿命は5年メドでしょう。もし、突然そういわれたら、人間はどうなるだろうか? 癌でもない、病気でである。
 それが若年性アルツハイマーであった場合は、どうか?
 アルツハイマーの発症は、平均52歳だという。げげっ。そんなに若くして・・・。
 わたしはアルツハイマーと痴呆症は同じだと思っていた。どうやら違ったようだ。
 痴呆症は大きくアルツハイマー型と、脳血管性痴呆症に分けられるという。つまり、アルツハイマーは痴呆症に属する病気のようだ。
 これは脳が次第に萎縮し、知能、身体全体の機能が衰え、ついには死に至る病である。
 最近は、アルツハイマー型が脳血管性より多いという。

■心配なことがある。トイレの棚の扉がよく閉め忘れてある。箪笥の引き出しが閉め忘れてある。収納扉がきっちり閉まっていないことがある。これって・・・。
 アルツハイマーに関する本を読んでいるから、こんなことを書いた。

■一本上げてメール送稿した。疲労困憊。
「たまや」に取りかからねばと気が焦っているが、早朝からの執筆で集中力切れのようだ。気力が湧かない。
 遅れているから早く取りかからねばならぬという強迫観念に苛まれている。
 今週はずっと「たまや」に手つかずだ。いかんなあ。

by kingminoru | 2005-05-27 15:14