人気ブログランキング |

カテゴリ:映画( 85 )

アンストッパブル

b0054391_5373641.jpg

◆また、映画(DVD)を観た。
b0054391_5371113.jpg

 これは理屈抜きで面白かった。
 観ていて、脚本のがすぐれているとわかる。
 俳優の設定もいいしね。
 いやァ、劇場で観たかったなあ。そんな作品です。
 ★★★★★
b0054391_5374977.jpg

by kingminoru | 2011-08-17 05:35 | 映画

戦争映画

◆午前1時半に目が覚める。
 昨夜は休肝日にしたせいか……。

 映画(DVD)を2本観た。
 終戦記念日だったからというわけではないが、二作品とも戦争関連の映画。

◆『キャタピラー』若松孝二監督作品
b0054391_346574.jpg

 出征し、軍功を立てた夫が、四肢をなくして帰ってくる。
 彼は軍神と崇められるが、その実態は……。
 妻役を演じる寺島しのぶは、ベルリン映画祭で銀熊賞(最優秀女優賞)を取った。
 なんとなく後味の悪い映画で、結局なにをいいたかったのかよく伝わってこなかった。
 まあ、いいたいことはわかるが……。
 寺島しのぶが、きれいな体をしているという発見があった。
 ★★★

◆『レバノン』サミュエル・オマス監督
b0054391_3463060.jpg

 戦車のなかと、戦車のスコープから見た外の世界の物語。
 スコープを通したストーリーというのは奇抜だが、十分に生かし切れていたかというと疑問。
 アメリカではかなり評判がよかったようだが、わたし的には★★★☆
b0054391_3464144.jpg


◆昨日は再校ゲラを戻し、アニーをシャンプーした。
 今日から新作の執筆準備。

 今日も暑くなりそうだ。














 

by kingminoru | 2011-08-16 03:47 | 映画

チャップリンの独裁者

◆おっと、もうこんな時間だ。
 ずっと朝から、再校ゲラのチェックをしていたのだ。
 
 これから雑用をこなさなければならない。

◆昨日の映画は「独裁者」でした。
 チャップリンの映画は何でも好き。
 そのなかで一番好きなのがこの「独裁者」なのです。
 
◆さて、本日の出題。
b0054391_13402167.jpg

 これも名作中の名作ですね。
 ヒントは船の中です。



@ 

by kingminoru | 2011-08-15 13:40 | 映画

◆午前3時50分起床。
 全米プロを見る。池田勇太、もうっちょっとだよ。

 昨日は原稿を仕上げたので、本日はオフにする。
 再校ゲラもあるが、明日にまわす。

◆昨日の映画は一人しか回答者なし。
 好きな映画ですよ。フェリーニが監督です。
 好きな科白がある。
 ジュリエッタ・マシーナが演じるジェルソーミナは、とても純粋だが少し頭が弱い女。それを、アンソニー・クインが演じるザンパノが厳しく扱う。
 ジェルソーミナはサーカス小屋の青年に、
「わたしはなんの役にも立たない」
 と泣き言をいう。
 すると、青年は足許の小石を拾って、
「世の中に役に立たないものはない。この石だって、ただここに落ちてるんじゃないんだ。なにかのために落ちているんだ。だから、役に立たないものはない」
 といって慰める。
 正確には覚えていないが、そんな科白をしゃべった。
 いいシーンだった。

 さて、本日はあっさりわかってしまうだろうな。
b0054391_872664.jpg

 まあ、そのものズバリってもんだ。
 あてるのは俳優ではなく、映画のタイトルですよ。

 では、練習にでも行ってみるかな。




by kingminoru | 2011-08-14 08:08 | 映画

ノー・マンズ・ランド

◆起床は遅かった。午前6時近く。
 全米オープンをチェックすると、日本勢はだめですね。
 勇太だけが頑張っています。
 しかも、トップとは6打差と希望をいだける位置です。
 明日は目が離せない。

◆芦川淳一さんより、新刊をいただく。
「白面の剣客」(双葉文庫)
b0054391_9102260.jpg

 シリーズ第3弾。帯には<養父の仇を討て 平四郎怒りの一撃>
 夏休みに入った人も多いはず。涼を取りながらの読書にお勧めですよ。

◆さて、昨日の映画はわからなかった人が多かったみたいですね。
「ノー・マンズ・ランド」――絶対チェックするべき作品です。
 わたし的には、★★★★なのです。

 それでは今日の問題。昨日と違ってすぐわかっちゃうかも。
b0054391_9124939.jpg
 
 これも名作ですね。
 わかる人はすぐわかりますね。
 ジェルソミーナといったら、もうぴんと来るでしょう。
 では、答えは明日のブログタイトル。

 あちきはせっせこと仕事かかります。



by kingminoru | 2011-08-13 09:08 | 映画

卒業

◆午前4時50分に自動起床。
 そのまま、アニーの散歩。
 夕方の散歩は日が暮れてからにしている。

 昨日はようやくピリオドが打てた。
 今日から見直し。月曜には担当者にわたせるぞっと。

◆石川遼、大乱調。
 15オーバーでビリ。嗚呼・・・・・・・・。
 勇太と平塚と藤田がいるが、3人ともオーバーパー。
 どうなる日本勢。

◆昨日の映画は、「卒業」でした。
 青春の思い出です。
 では、本日はちょっと難しいかもしれませんが、観ていない方は是非観てもらいたい一作。 
b0054391_6183794.jpg
 
 ものすごく面白いんです。
 死に瀕する危機のなかにユーモアがあって、でもハラハラドキドキ。
 なんという映画かわかりますかねえ?
 わかった人は、かなりの映画通だと思います。
 答えは、明日のブログタイトルで。
 

by kingminoru | 2011-08-12 06:18 | 映画

ゴッド・ファザー

◆午前2時、オシッコに連れてゆけとアニーに吠えられて起床。
 そのまま仕事に入る。

 昨夜のザック・ジャパン、面白かったぁ。スカッとした試合だった。
 香川がよかった。本田もよかった。
 いやいや、今野もなかなかよかった。
 なにより、これまで手こずっていた韓国を、ギャフンといわせられたのが痛快であった。
 これに気をよくせず、ますます磨きをかけ強くなり、W杯予選突破である。

 それから、井岡の防衛戦。血筋なのか、コーチングがよいのか、技巧派であれほどパワーのあるボクサーだとは知らなかった。
 天賦の才を感じた。
 見事防衛したが、これからが楽しみのボクサーだ。全然マークしていなかったので、自分の不明を恥じる思いである。

 仕事は佳境だ。
 今日はピリオドを打つ。〆切にはどうにか間に合いそうだ。

◆さて、昨日に引きつづき、わたしの好きな映画のワンシーン。古いものからはじめていくが、途中でわりと新しい作品に変わる可能性も大である。まあ、その辺は臨機応変に。
 では、今日の映画のワンシーン。
 いったいこれはなんという映画でしょう?
b0054391_6222261.jpg

 簡単すぎるかな。
 ヒントは「エレンー! エレン!」
 答えは、明日のブログのタイトル。



by kingminoru | 2011-08-11 06:22 | 映画

原田芳雄

◆午前3時に一度目が覚め、寝直して午前6時に起床。
 昨夜は寒かった。
 
 ベッドに茣蓙を敷いて寝ているのだが、それがすこぶる快適。
 窓を開け放していたら寒くなったので、急遽タオルケットを探したほどだ。
 エアコンいらずの茣蓙は快適。
 アニーも茣蓙を気に入っている。アニー用もあるのだ。
b0054391_893190.jpg

◆原田芳雄さん逝く。
 ちょっとショック。
 いい役者だった。独特の雰囲気を持っている人だった。
 とくに藤田敏八と鈴木清順監督の作品が好きだが、原田さんの出た作品はどれもがよかった。

 惜しい人だが、別れはいつか来る。
 哀しいことだけど、淋しいことだけど……。

 気分転換に、スキンを変えてみた。



by kingminoru | 2011-07-20 08:00 | 映画

特攻野郎

◆昨日はまくれ、まくれの一日。
 夕刻に仕事を終えて、前日預けていた自転車を取りにゆく。
 
b0054391_10174610.jpg今朝は、映画を観ていた。
「特攻野郎Aチーム」
まあ、極上のアクション映画。007を超えているね。
ストーリーはごくシンプルだが、見るものを飽きさせない作り。
金もかかっているね。
戦車が地上に降るし、ラストの波止場のアクションは見事。崩壊するコンテナは本物を使っていないと思うが、ハリウッドはやることがちがう。

 さあ、本日よりつぎの仕事にぼちぼち取りかかろう。
 直し原稿が二本あるが、これもぼちぼち取りかかろう。
 読みたい本が一冊あるが、これもぼちぼち取りかかろう。

 それにしても今日は暖かい。でも、風が強い。ゴルフに行っている人は大変だ。
 練習場はやっているかな。

 午後から軽く行ってみようと思うが……。




by kingminoru | 2011-02-25 10:17 | 映画

赤ひげ

◆午前3時起床。
 ずっと読書して、5時。これから仕事です。

◆昨日は久しぶりの雪。
 夕方は殴りつけるように雪が舞った。そんななか、アニーと散歩して「角処」で一休み。
b0054391_5421783.jpg

 帰宅してから映画「赤ひげ」を観る。
 長い映画であった。あんなに長かったかな。途中で「休憩」まで入ったぞ。
 いや、これは昨年の暮れに観る予定だったが、保留にしていた。
 じつは医者を主人公にしたシリーズを始めるので、映画の印象が深く残りすぎると、変な影響が出るのではないかと危惧したからであった。
 でも、観て損はしなかった。いまになって観たほうがよかったと思いもした。
 原作は山本周五郎の「赤ひげ診療譚」。小石川養生所を舞台にした医者の話です。
 古い映画だけれど、貧しいがゆえに苦しむ庶民の姿と、医者のあり方、世の中のあり方を描いています。
 そうそう、コッペさんはいたく感動されていましたね。

◆カミサンがしばらくいないので、独身生活ですが、常と変わることはないな。
 ただ、昨夜ドミノスピザを注文したのだが、デリバリーされてくるのに1時間もかかった。
 雪のせいではなかったのだが……。
 ま、それはいい。

 今日もせっせと仕事に励むしかない。



by kingminoru | 2011-02-12 05:42 | 映画