人気ブログランキング |

熊本城2

熊本城取材行。第2回目。
今日は、城の防備にを中心に説明しましょう。

まずは武者返しといわれる石垣。
b0054391_8412855.jpgb0054391_8415328.jpg

写真を見ればわかるように、手前と奥では傾斜が違う。
右側の石垣の方が古い石積みの方法で、隅に同じ大きさの石を積み上げる「穴太積(あのうづみ)」と呼ばれる。
奥は長方形の角石を左右交互に積み、急勾配にした「算木積(さんぎづみ)」。
熊本城の石垣は「清正流(きよまさりゅう)石垣」「扇の勾配(おおぎのこうばい)」「武者返し(むしゃがえし)の石垣」などといわれる。
清正は穴生衆(あのうしゅう)と呼ばれる近江の石工集団を使い、この二様の石垣を造ったといわれる。
それは、石を叩いて積みやすく加工し、石と石の間には割り石を打ち込みより堅牢になるように、また手がかりを少なくし登りにくくする工夫をした算木積みと呼ばれる技法だった。*上の二枚の写真は熊本城hpより拝借。

しかし、敵がそんな石垣を這い登っても、最後にはこんな槍が待ち受けている。
b0054391_8485299.jpg

そして、城には身を隠しながら鉄砲や矢を放つ「狭間」(さま)と呼ばれる小さな窓が無数にある。これは櫓や塀に設けられている。
長いものが矢を放つ矢狭間(やざま)、短いものが鉄砲狭間。
b0054391_8531471.jpg

櫓の角や塀の途中に設けられた壁面の出っ張りが石落し。石垣を登ってくる敵に石を落とす仕掛けだ。

b0054391_8545278.jpg防備の堅牢さはこれだけではない。前回も紹介したが、「熊本城hp」より写真を拝借して説明しよう。
それが石段である。
段の高さと奥行きが変えてあるので、登るたびに歩幅を変えなければならない。敵にスムーズな進軍をさせない工夫である。


最後が闇り通路(くらがりつうろ)。
b0054391_8582954.jpg

これは地下通路である。
そして、本丸御殿への正式な通路となっている。
さあ、次回はいよいよ本丸御殿に進んでみよう。

昨日の出来事を短く。
幻冬舎よりゲラが届く。
「研ぎ師シリーズ」第一弾増刷の知らせ。
本日より仕事再開。

by kingminoru | 2009-02-17 08:49 | 旅行

熊本城

帰郷して久しぶりに熊本城を取材した。
圧巻は、復元された本丸御殿であるが、今日は天守閣周辺を紹介する。
b0054391_14584839.jpg

車を駐車場に入れて、西の丸から城内に進んだ。
西大手門を入る前に西の丸の石垣が目につく。
b0054391_14592330.jpg

石垣は高さ10メートル、長さ165メートルある。
堅牢な石垣は「清正流」と呼ばれ、世に名を馳せていた。
先の櫓は戌亥櫓と呼ぶ。
加藤清正は、この石垣によって100日は戦いに持ちこたえられると豪語した。
西大手門を入ると、大きな広場がある。
b0054391_1501830.jpg

先の石垣の内側である。何せ広い。城の総面積は98ヘクタールもあるのだ。城は皇居一周の約5キロより長い、約9キロ。加藤清正はすごいものを造ったのだ。

さて、西出丸から頬当御門を入る。
地面は歩きやすくなっているが、当時は砂利道だったようだ。石の階段も各段の広さがまちまちなので、一気に駆け上ることができないようになっている。
鉤形に進んでゆくが、両側には石垣があり、敵の侵入を阻むために石落としや銃眼が通路を見下ろしている。
b0054391_14574672.jpg

城自体は茶臼山に築かれていて、その最高所は標高50メートル。
その頂上にそびえるのが天守閣だ。
天守閣は大天守と小天守の二つがある。
大天守は、外観は3層だが、内部は地下一階、地上6階の造り。四面の屋根は千鳥破風で、最上層の南北だけが唐破風となっている。

小天守は、2層造りで、内部は地下一階地上4階である。

今日はここまで。

by kingminoru | 2009-02-14 14:57 | 旅行

里帰り雑感

約二年半ぶりに帰郷した。

まず、思ったことは故郷は時代小説を書く環境にあるということだった。
風、空気、星、月、夜の闇、朝霧(靄)。
月光のなかに浮かぶ山容は、蒼い闇を背景にかたどられ、梟の声がこだまする。
川や水田には渡り鳥たちが憩ったり、餌を探している姿がある。
雑木林に、枯れた野や畑、切り株を残した田。道路は農道までアスファルトになっているが、少し山裾に足を運べば、湧き水があり、畦道がある。
新しく建て直された家が多いが、ふと昔ながらの佇まいを見せる家に出くわすこともある。もっともどう考えても明治期のものだろうが、想像を逞しくすれば、江戸期にタイムスリップすることも可能だ。

両親は老いていた。それでも大きな病を患っているわけではない。視力や聴力が衰え、足腰が弱っているようだが、他人の手を借りるほどでもない。
わたしを見る両親の眼差しは、心配と慈愛に満ちていた。ずいぶん苦労をかけさせたが、そんな親の子であってよかったと思う。
今回は何をするでもなく、ただ家のなかでごろごろしていることが多かったが、とても有意義だった。あれこれ気を遣ってくれた両親に心より感謝している。ありがとう。

幼い頃から慕っていた叔父や叔母にも会った。みんな元気そうだった。久しぶりに会うわたしを誰もが歓待してくれた。それに、みんな大きな病気もせずに元気そうだった。
おっちゃん、おばちゃん、ありがとうね。

残念だったのは予定していたゴルフが流れたことだ。まことにもって残念至極。

いま、熊本ホテルキャッスルにいる。
これから悪友たちがささやかな同窓会を開いてくれる。それまでまだ時間がある。

明日、熊本を発ち神戸に向かう。
帰ったら仕事が待っている。

by kingminoru | 2009-02-10 16:03 | 旅行

田舎にて

午前5時に、自然にというより自動的に目が覚める。
外を見ると、真っ暗。
……闇だ。
空に星。
コーヒーを飲みたいが、勝手がわからないので、近所の自販機で缶コーヒーを買って帰り、読みかけの本を読む。両親はまだ寝ている。
九州の夜明けは関東より遅い。

家の中は年寄りの二人暮らしだから、掃除も整理もずさんすぎる。
いや、ちょっと目に余りすぎ!

今日はちょっと掃除しよう。

by kingminoru | 2009-02-07 06:42 | 旅行

屋形船だッ

■土曜日、屋形船に行ってきた。
 何年ぶりだろう?
 乗ったのはこの船。
b0054391_8233774.jpg

■みんな、おとなしいです。(beforeの一枚)
b0054391_8242484.jpg

■お台場は屋形船ラッシュ。
b0054391_8243862.jpg

■わたしたちの船は盛り上がりに盛り上がり、大変な騒ぎに。(afterの一枚)
 写真の奥を注意して見ると……。ん、なんだあれは?(爆)
b0054391_8245383.jpg

■そして、わしも歌ったッす。隣は滝ママ。
(*衣装は歌っているうちに着せられたのだ。断っておきますが、わたしの趣味ではありませんよ)
b0054391_823012.jpg

by kingminoru | 2008-08-04 08:23 | 旅行

小旅行をした?

■昨日も今日も銀ちゃん。
 そして、昨夕は打ち合わせのために江戸へ新幹線通勤(?)
 行きはこだま、帰りはひかり。速いねえ、新幹線は。

 行く前にビックカメラで電気シェーバーを購入。よく切れる。3枚刃はいい。

■打ち合わせは日本橋一平で行われたが、わたしは早く着く。読書をしていると、渡辺さん到着。遅れて、途中で迷子になった竹林さんと高橋さんが到着。

 まあ、早い話がつぎの〆切を決められたわけです。
 そんなわけで休む暇がなくなりました。ゴルフも…………したいのに、キャンプにも行きたいのに……(T_T)

 さ、やるべ。
b0054391_843418.jpg

by kingminoru | 2008-05-10 08:05 | 旅行

一周忌

◆昨日は、北茨城市の磯原に行って来た。昨年、脳梗塞でそのまま逝ってしまった義兄の一周忌。月日のたつのは早い。
b0054391_6575015.jpg

 ともかく往復420キロの強行軍だが、天気に恵まれ、よい法要でした。新しく出来た墓石もよかった。ミュージシャンだった義兄らしく、五線譜とエレキギターが描かれていた。

b0054391_6571891.jpgワンコとニャンはおとなしく留守番をしていた。粗相もなくなかなかよい子たちである。


○墓地の近くにはこんな島が浮かんでいる。「二つ島」という。
b0054391_6581237.jpg

b0054391_6593532.jpg法要のあとは食事会。ももちゃんが笑わせてくれました。爆でした!
b0054391_70307.jpg○ご馳走です。

by kingminoru | 2007-11-25 07:01 | 旅行

雨情の故郷に行く

■昨日は首都高、常磐道を往復四三〇キロばかり走った。
 行ったのは北茨木市にある常陸磯原。野口雨情の生まれ故郷である。
 青い海、雲ひとつない青い空、白い砂浜……風光明媚なところだ。
b0054391_881099.jpg

 目的は昨年の暮れ亡くなった薫さんの四十九日と納骨。
 戒名は「俊阿薫音清道居士」となっていた。
 すべては滞りなくすみ、みんなは近くの料理屋に移って会食。

 いやまた、この料理がつぎからつぎと出てくること出てくること。まだあるのかいというぐらいに出てきた。あまりのおいしさと満腹腹になって、写真を撮るのを忘れる。

b0054391_885459.jpg
その後、同行したアニーと海岸を散歩。やはり、アニーは砂浜大好きであった。前脚を使ってサクサクと砂堀に駆けっこ、ボール遊び。天気がよかったので大はしゃぎであった。
b0054391_891244.jpg

b0054391_893088.jpg

b0054391_894132.jpg

by kingminoru | 2007-02-05 08:09 | 旅行

色っぽい写真ではない

■ここのところ、追い込まれていて猛烈に忙しいのでレスも遅れがちです。
 そーいうわけで写真をば。
●旧細川刑部邸の檜風呂。
b0054391_4181010.jpg


●郷里には「橋の道」というのがあり、このような橋が随所にある。つまりこれはかつての駅路(うまやじ)だろうと思う。荷馬車が通る幅の道で、石畳であったりする。
 旧箱根街道に似ている。
b0054391_4193634.jpg

●これが上の橋の説明。
b0054391_4285013.jpg

by kingminoru | 2006-03-05 04:21 | 旅行

小さな旅をする

◇首都高から湾岸に出、それから常磐道を突っ走り、谷田部インターで下りたわたしの車は、一路つくば学園都市に向かう。
 いきおい田舎の風景。稲刈りのはじまった田、緑の林、野菜畑、やはりあか抜けない道路脇の店とその看板。だけど、心は和む。田舎の空気はいい。
b0054391_16102328.jpg

 インターから走ること10分足らず。わたしはある民家に車を乗り入れた。ここは古い農家を改築した蕎麦屋である。お気に入りの店のひとつだ。
 店内は土間席と座敷の席がある。店の脇で大きな水車が回り、窓の外には田園風景が広がる。店の名は「蕎舎」──。これで「そばや」と読ませるそうな。
b0054391_16104054.jpg

 この店の脇には「みずほ村市場」という、田舎ならではのマーケットがある。近隣の農家が米や果物、あるいは野菜などの特産物を出していて、観光バスも訪れるようになっている。高いか安いかは、その人の価値判断にまかせる。
b0054391_1611439.jpg

 さて、わたしは昼食に天麩羅そばを賞味した。うまい蕎麦であった。
 つくばに行ったのは、じつは義父の墓参りのためで、その後車を飛ばしてつくば市の外れにある墓地に向かった。途中雨が降ってきたが、墓参の折にはたたられることはなかった。
 雷を伴う雨が強くなったのは、帰路であった。昨日の話でした。

by kingminoru | 2005-09-12 16:12 | 旅行