人気ブログランキング |

凡庸な日曜日

■体調はいいのに、仕事は捗らない。ずうっと朝からパソコンとにらめっこしているが、ちっとも進まない。書いては、これじゃつまらない、これじゃ面白くないと、すぐに消去。そんなことの繰り返しなので、思い切って仕事を打ち切る。

■ブルータイガーアイというブレスレットをしているが、これには以下のような効能があることが判明。
「鎮静作用があり、ストレスを解放します。過剰な不安感・短気・恐怖症に対処します。代謝を遅らせ過剰な性衝動を鎮め、性的な欲求不満を解消します」
 あんれまあ、こんなブレスレットしてていいものかどうなのか・・・。いくつか疑問点があるが、まあ折角買ったもんだし、外すのも何だし・・・てなわけでつけてよう。

■天皇杯準々決勝。ザスパvsヴェルディを見るが、後半早々3-0とザスパがリードされて勝敗は決したようなもの。ピリッとしない試合なので、これから文庫本を持って散歩でも行ってくるか。

by kingminoru | 2004-12-19 14:34

読書の場所

b0054391_18105572.jpg■読書をする場所は人それぞれだろうが、ぼくもその場所は転々と変わる。昔は電車の中で妙に集中できたが、今は駄目だ。喫茶店でもすんなり頭に入ってくる本とそうでないのがある。最近多いのはやはりベッドの上かな。読書しながら居眠りしてしまうこともあるけど、それはそれでまたよいのである。
 あとベランダでもよくするが、最近はちょっと寒いので敬遠。一番よく読めるのがキャンプに行った早朝。誰も起きていない頃、焚き火に当たりながら読むのがグッとくる。そのうち朝日が木漏れ日となって小鳥のさえずりが聞こえてくる。
 キャンプも行けなかったなあ。来年は少し暖かくなったら、早めに行こう。
 それにしても読みたいが本が、どんとある。どれから崩していくかと楽しみだが、まだその余裕がない。ふう、ゆっくり本を読む時間がほしい。

by kingminoru | 2004-12-18 18:10

ドイツ鋼鉄軍団

■ドイツ重戦車軍団、いや鋼鉄軍団か。とにかく日本は跳ね飛ばされた。大人と子供の喧嘩を見ているようだった。じつに腹立たしいというか、がっかりというか、情けないというか、ああ~ああ~ああ~、コメントしたくないではないか! 
 スピード、組織力、個人技、フィジカル、すべてにおいて日本は劣っていた。太刀打ちできなかった。はあ、もう書きたくない。しかし、あれが世界の壁だ。そりゃあベストメンバーでなかったといういい訳もできるが、単純なミスでの失点はひどいじゃないか、あんまりじゃないか。てめえらプロだんべや。ちっとも相手を崩せなかったじゃねえか。まあ、これはという場面もありはしたが。
 それにセルジオ・越後と松木安太郎の解説。いい加減にしてくれ、いつも悲観的なセルジオ、能天気な解説をする松木。まあセルジオはいいとして、駄目なのが松木だ。あんた、監督やってたんだべや、選手やってたんだべや、なんでそんな下手くそな解説しかできないの。誰でもコメントできることをテレビでいってもつまらんでしょうが。
「うん、これはいけますよ。やってくれますよ。きっと日本はいいですよ」
 馬鹿か! 前半の途中であんたはそんなこといったけど、何を材料にそんなことをいうんだべや。おれなんか、ああ今日はあかんなぁ・・・。やられそうだなあという危機感を持って見ていたぞ。それにだ。あんたの解説はいつも幼稚すぎる。風間さんを見習いなさい。あの人の解説は秀逸ですよ。勉強すべきだな。
 局Pも松木なんか使うことないんだ。もう使うな! おれがPだったら使わない。
 ああ、サッカー親善試合の、日独戦を書いていたらこんなに長くなりやがった。
 でも、わざわざ観に行かなくてよかった。行ってたらきっとやけ酒飲んでいただろうからな。

by kingminoru | 2004-12-17 14:13 | サッカー

ぼくのボディガード

■午前9時30分、今年最後のゲラ作業を終わる。本作品は来年2月刊行の『八州廻り浪人奉行』第4弾である。今度は日光が主な舞台。乞うご期待です!
 ということで、これから心おきなく『天国への片道切符』に取りかかることができる。
 久し振りのハードボイルド(タッチ?)だぞ。もっとも、ぼくは時代物もハードボイルドと思って書いている。肩の力を抜いてだけどね。
 そうそうこれまで『天国・・・』と書いていたから、正式なタイトルはなんだろうと思われていた方は、今それが判明したわけですが、あくまでも仮題ですよ。

■最近、サプリメントを飲むようになっている。コエンザイムQ10、ウコン、ハイチオール錠、黒マカなどを……。あれ、これってサプリメントかな? ともかくそんなものをよく飲む。コエンザイムなどは地道に3ヵ月飲みつづけて効果が現れるそうだが、もう3ヵ月は飲んでいるのだがな、いったいどんな効果が現れているのかな?
 自分でもよくわからない。ウコンもほんとうに効いているのかどうか、わからない。現象として目に見えるものでないせいだろうな。

■おじさんは今度ボディガードをつけることにした。 
 というのも、最近めったやたらに、まったく一方的に意味不明の請求書のメールが送ってくるからだ。一切その請求には応じないのだが、馬鹿たれのアホンダラがあ!
 と怒鳴ってやりたい。

てめえら、見つけたが百年目だ。口ん中に手突っ込んで、奥歯ガタガタいわして、ついでに喉ちんこ引っこ抜いてやるてんなもんだ、このあんぽんたん野郎が!

 と片腕をまくって、六方を踏んでやってもいいが、最近体力に自信がないので、ボディガードだ。そこで一人候補が現れた。柴崎さんという、合気道の達人だ。以前の日本チャンピオンだ。ここ数年は3位に甘んじているが、そういう人なのだ。
 ガハハハ、不埒なことをして、人を騙して、金をむしり取ろうとしている、大馬鹿ものめ。今にきっと痛い目にあわしてやる。

by kingminoru | 2004-12-16 16:42

執筆とゲラの日

b0054391_1512210.jpg■午前5時起きで、怒濤の仕事態勢の日。
 ゲラを半分片づけ、『天国・・・』の執筆。その後、またゲラの仕事に戻る。
 今日はそんな関係で特記事項なしだが、広島の高校生5人が、社長宅から1億円入りの金庫を盗んで御用になったというニュースが入った。
 まったくドラマみたいなことが現実に起きている。ガキどもに呆れるやら、なんといういうやらコメントに困りますが、盗まれた社長宅は災難でしたな。それが脱税の金であったら目も当てられない事件となってしまいますね。まあ、それは冗談ですが。
 写真はシャカリキになって仕事しているわたしの机上の様子。
 ツリーの写真はみんなボケボケであきまへん。また撮り直してアップしますが、どうもわたしのデジカメはシャッタースピードが遅くて、電飾をうまく撮ることができないみたい。

by kingminoru | 2004-12-15 15:12

う~ん苦労した。汗

b0054391_14441565.jpg■今朝はひどい目にあった。のっけからこんなことを書くと顰蹙(ひんしゅく)を買うかもしれないが、ご容赦のほどを。
 出そうで、なかなか出なかったのだ。うんうん唸っていた。およそ1時間ぐらい。あんなことは初めてであった。もう出口まで来ているのに、そこでストップして出てきてくれない。う~~~~~~んと、眉間に青筋を立てていきむが出ない。苦しい。洗浄のシャワーをかけてみるが効果なし。う~~~~~んと、いきみつづける。ようやく出てくれたので、ホッとしたが、いやほんと、たまりませんでしたよ。
 何が出なかったかって、そんなことは聞かないで頂戴。もうおわかりでしょうけど。

■そうそう昨夜は風邪を引いているカミサンが外で飯を食ってきてくれというので、てっぺいちゃんと、広瀬先生と軽く飲んだのだが、てっぺいちゃんの本名はまったく違う名だった。昔「てっぺん」という店を持っていて、それで「てっぺんちゃん」といわれていたのが、いつのまにか「てっぺいちゃん」になったとのことだった。
 まあ、こんなことはどうでもいいのだが、気になったので書いておく。

■名言『お金やものに心を動かされていては、心の自由をそこなわれる』
 じっくり噛み砕いて考えると、すごくいい言葉だなあ。
*ツリー写真をup。ボケています。すいません。

by kingminoru | 2004-12-14 14:45

サッカーやら何やら

■あっという間に週が明ける。はっと気づくと、もう週末になっている。そんな時間の感覚しかない昨今。
 さて土曜日は、Jリーグの頂上決戦であった。レッズとマリノス。レッズが果敢に攻撃をしかけたが、同点(三都主、見事!)に追いついただけで、勝敗の行方はPK戦に。勝利の女神はマリノスに微笑んだ。しかし、レッズは来年につながるいい試合をした。
 そして昨日の日曜日は、南米代表とヨーロッパ代表が戦うトヨタカップ。
 FCポルトvsオンセ・カルダス。とくにスパースターがいるわけではないが、それは世界クラブ一を決める試合だから、自ずとヒートアップするかと思いきや、手に汗握るようなゴールシーンもなく、延長戦、そしてPK戦。結果はFCポルトの勝ち。
 目立った選手は、やはりMVPをゲットしたポルトのマニシュ。あと、オンセのGKエナオ。彼にはゴールポストという助っ人もあった。
b0054391_1528542.jpg

■お知らせ今年最後の作品が発売になります。
『思案橋捕物暦』(学研M文庫 619円+税)
 帯にはこうあります。
【待たせる男に待つ女 恋慕の想いを胸に秘め 岡っ引き長次郎奔る!】と。
 長次郎という主人公の名前から、そうです、これは新シリーズです。
 詳細は明日にでも夢宙堂の近著紹介にアップします。すでに都心の大型書店には並んでいると思いますので、何とぞご贔屓のほどを。

b0054391_15292070.jpg■仕事は引きつづき『天国……』
 左の写真は行き詰まってやけになり、鉛筆を飛ばすどっかの馬鹿。今日は写真が2枚並んだのでツリーはお預け。

by kingminoru | 2004-12-13 15:25 | サッカー

ガハハと笑う夜

b0054391_12582370.jpg■引きつづき『天国・・・』。せっせと書くが……。
 ここで突然、業務連絡。Y編集長殿、申し訳ありません。本年中に原稿をお渡しする予定でありましたが、とても間に合いそうにありません。来年にずれ込みます。正月返上で書きますので、なにとぞよしなに。(平に平にご容赦のほどを)

■今日はほとんど昨日のこと。午後2時半頃頭が味噌ッカスになったので、中断して早めに家を出て、六本木の北さんの会社に。かねてより頼んでいたブレスレットの調整をしてもらう。ついでに注文を受けていたブレスレット2個を、ズーさんから購入。
 明日から正月の10日までオーストラリアで過ごすというリッチな北さんと歓談していると、そこへラム子登場。美容マッサージに来たということだった。さらには、そこで海原純子さんと再会。ええ、ディナーショーやってたんですか? ちっとも知らなかった。それにシャンソンを……。昔仕事したときはちっともそんな話は出なかったのだが、まあ人には隠れた才能があるのだ。それにしてもいつまでもお若くてチャーミングで、おきれいでした。
 そのあとぼくは、乃木神社の落語会へいざ進撃。

■番組は三遊亭神楽『釣り酒』、初音家左橋『はなし』、三遊亭栄楽『七段目』『火事息子』であった。ガハガハガハガハと、顎が外れそうになる。
 乃木坂落語会は定期的にやっているらしい。今度から暇があったら行くことにする。ガハガハガハと笑いに行きに。
 落語のあと行った店で、今度は何とクロスメディアの社長兼映画プロデューサの佐倉さんと偶然会う。いやあ久し振りであった。先方から気づいてくれて嬉しかった。現在、『亡国のイージス』を撮っているとのことだった。来年3月には実写版の『鉄人28号』も公開される。ついでにスタッフを紹介してもらって名刺交換。
 明日もあるので、わたしは早めに六本木におさらばする。えぞえちゃんは一人でどっかに消えていったが、どこに行ったのだ? まあ、いいいか。

■今日の写真は、ツリーでなくて、昨夜わたしをゲタゲタ笑わせてくれた栄楽師匠。しかし、『火事息子』は一筋縄ではいかない噺でした。栄楽さんの益々の活躍を期待するばかりです。

by kingminoru | 2004-12-11 13:07

食いすぎ・北朝鮮・サッカー

b0054391_1429452.jpg■早朝より『天国・・・』
 書きすぎの感がある。無駄なことを書いているのではないかと不安。読み返して気に入らなかったらカットしよう。それにしてもつぎからつぎへと疑問が出てくる。そのたびに資料調べに手こずっているから遅々として進まない。まあ、焦らずにやろうと、自分にいい聞かせる。
 それにしても昨夜から食いすぎだ。昨夜は大型のおイナリさんを4個食った。一個は普通の3個分はあるという。だから12個食ったことになる。道理で腹が張っていたはずだ。だけれど、昼飯もそばの大盛りを食った。それに昨夜の残りのイナリを一個食った。うをっぷ、腹がパンパンだ。

■昨日は北朝鮮問題について書いたが、少し神経質になっている書き方だなと反省。もっと俯瞰して書いたがいいだろうな、こんなことは。
 ただ、理想的なことは、かつてルーマニアのチャウチェスク政権が国民の手によって倒されたようになればいいと思う。金正日は国民の手によって無様な末路を辿るのだ。
 イラクは難しいな。アメリカは必死こいているけど、国連がカンボジアを一人歩きさせたときのようにうまくいくかどうか不明だ。あのときは最終的にポル・ポト派と新政府軍の戦いになったが、イラクとは情勢や宗教観がまったく違うし、民族の性格も異なる。
 カンボジアのケースに沿うような結果になればよいのだろうが、非力なわたしはじっと見守っているしかない。

■サッカーW杯最終予選の組み合わせが決まった。
 川淵さんはA組ならよかったとのたまう。またそういうこというと、ぼくは思う。どっちだって一緒じゃないか。A組だって侮れないチームばかりでしょ。もし、逆になったとしても、川淵さんは同じことをいったんじゃないかな。
 まあ、それはどうでもいいが、今から楽しみだ。ホームゲームは是非とも見に行くぞ!

■今日の写真は、日が落ちると山を下りていくぼくの街です。

by kingminoru | 2004-12-10 14:30

小泉首相ハッキリしろ!

■仕事は引きつづき『天国・・・』。
 今月刊のM文庫の見本が届く。近日中にアップ予定。
 そして、今日から町角やうちの近所で撮った、クリスマスツリーや電飾をアップします。
b0054391_15545914.jpgまず最初はうちのマンションの中庭に設置されたクリスマスツリー。

■横田めぐみさんの骨が偽物だったことが判明した。さらに、同じ拉致被害者・松木薫さんの骨も別人のものだということがわかった。昨日のニュースではみんなが怒っていた。もはや北のことは信用ならない、即刻経済制裁を加えるべきだという大方の意見である。
まあ、当然だろう。しかし、小泉さんは慎重に答弁する。
 かつて小泉さんが総理になる前、テレビで熱弁をふるっていた時期なら、周囲に大いに同調し「北朝鮮なんてもう信用ならん。国交断絶覚悟で、強く抗議するとともに、厳しい制裁を与えるべきだ!」と、いったに違いない。
 これは個人的な探りを入れてのことであるが、北朝鮮問題に関してはどこかで歯車が狂っているのだ。まずはアメリカのイラク問題が予想以上に長引いていること。政府はそのアメリカに大いに頼って、北朝鮮への縛めを強化の予定だが、それができない。くわえて、拉致問題もそれで長引いているのだが、今度のようなことが出来すると、政府は明らかに戸惑いを見せる。政府の本心は、イラク問題を片づけたアメリカが、北の核問題に本格的に腰を入れするのを待って、拉致問題をそれと一緒に片づけることである。また、それと並行して北の自然崩壊を待っているのである。だが、拉致問題解決が世論の大きな支持を受けてくると、これまでのようなファジーな対応では国民は納得しない。
 断固とした措置をとらなければならない小泉さんは、果たしてどんな動きを見せるのか? これ以上国民を落胆させるようなことがあっては、もう終わりだ。

■昨夜はカミサンが、ゆきちゃんの店の手伝いに行っていなかったので、わたしは一人で『松本』に行き、久し振りにほっぺがとろけそうな寒鰤を食した。高いがうまかった。
 奥歯の被せものが外れていたが、今日の昼前に広瀬歯科を訪ねて、すぐにつけてもらう。
 先生はお上手。いかんせん手先が器用。すごいマジックもできるのだが、これは彼の有名なミスター何とかというマリック(←バレバレじゃん)の弟子であったらかであ~る。

by kingminoru | 2004-12-09 15:55