人気ブログランキング |

ちくしょー

◆肩の痛み引かず。

 右腕が思うように使えず、難渋中。

 昨夜は痛かった。

 いまも・・・・。

 まいった。
ちくしょー_b0054391_841651.jpg

by kingminoru | 2009-10-18 08:04 | 健康

眠れた夜

◆昨日は肩の痛みが強烈になり、再び注射を打ってもらう。
 それでもすぐにはよくならず、キーボードも打てず。

 原稿はたった2行で断念。読書をして過ごす。

 夕刻、講談社永露氏と再校ゲラのすり合わせ。すぐに終わる。
 その後、浜風にて角川春樹事務所の担当者と会食。

 毛蟹、アワビとサザエの刺身、〆鯖の浅締め、カワハギの薄造り、蟹の汁物…………。 

浜風もやってくれちゃいます。満足堪能でした。
 (写真撮っておきゃよかったな。肩が痛かったしな……)

◆今朝、起きたら肩の痛みが薄れている。昨日ほどの痛みはない。
 今日は少し巻き返さなければならない。

 午後はゲージツをしに、アートフェア展に行く予定。
 
 荻ちゃん、ひとり欠席になりました。

◆絶賛、発売中!

眠れた夜_b0054391_5492823.jpg

by kingminoru | 2009-10-17 05:42 | 小説家(小説)

眠れぬ夜

◆肩の傷みが激しく、眠れなかった。
 今朝は睡眠不足。
 早めの食事をしてヤクを飲む。
 昨夜はヤクが切れたか、効かなかったのだ。酒飲んだからな。

 ちょっと今日はスローライフにしておかないとあかん。
 これで仕事が停滞(泣き)。

 でも、ヤクを飲んだので痛みが弱くなれば、執筆にかかる。
 こうなったら根性や。

◆そう、新刊が出ました。
 首都圏の大手書店には並んでいます。買ってね。
 角川春樹事務所です。
眠れぬ夜_b0054391_71401.jpg

 ちょっと寝よ。

by kingminoru | 2009-10-16 07:14 | 健康

仕事漬け

◆午前4時起き、途中になっていたゲラ作業にかかる。
 午前8時、ゲラ作業終わる。(野村さん、本日返送します)

◆春先に石灰性腱炎にかかったが、完治していなかった。
 そのため、昨日は右肩が痛くなり、再度病院に行って注射を打った。
 完治にはあと半年かかるという。
 
 ああ、しばらくゴルフが……。
 でも、医者は痛みが治まれば、動かしたほうがいいという。
 ゴルフもかまわないらしい。

 来週あるんだよね。それまで何とかしなければ。

◆さて、これからバリバリ遅れまくりの仕事に着手。
 休めない我が身がつらい。
 だが、愚痴をこぼさずやろう。

◆そうそう、昨日のトーゴ戦。森本とか岡崎はよかったが、トーゴは思いの外弱かった。

 本日から日本オープンだな。

仕事漬け_b0054391_8172010.jpg

by kingminoru | 2009-10-15 08:09 | 小説家(小説)

バリバリだ

◆昨日はありえない話と書いたのに、みなさん真実だと思っておられた様子。
 ありえない話だったのですよ。
 あんなことあったら、やっぱり困りすわな。

◆朝、散歩しているとき、夕方散歩しているとき、やはり気になるワンコのウンチ。
 拾っていってくれよ。
 飼い主の最低限のマナーなんだからさ。

◆それにしても、総体的に仕事が、バリバリに遅れまくっている。
 どうしてそうなったのかよくわからん。

 やはり今年の初めに半月休んだのがひびいているのか……?

 そんなわけで、バリバリ今日も仕事だなや。(←茨城弁、あってる?)
 「仕事だんべな」のようだ。アキさんに教えてもらった。
バリバリだ_b0054391_722827.jpg

 獲物を捕ったアニー。

by kingminoru | 2009-10-14 07:22 | 小説家(小説)

どうするよ

どうするよ_b0054391_654181.jpg

◆カフェで休んでいて、突然立ちあがったら、隣に座っていたきれいな女性のアイスコーヒーを落としてしまった。さいわい、グラスは割れないプラスチック製だったのでよかったが、せっかくのアイスコーヒーが台無しになった。
 とはいっても、もうほとんど飲みきってあったのだが、わたしは新たに注文してやることにした。
 そのとってもきれいな女性は、結構ですと遠慮をする。連れの女性もまたきれいな人で、どうぞおかまいなくという。

 わたしは、「いえいえ、こっちが悪いのですから」といって、新たに二人分のアイスコーヒーを注文してやった。

 これで勘定はわたしの分と、女性二人のアイスコーヒー4杯分だ。
 都合5杯分。大したことはない。

 すぐに注文の品が女性たちに運ばれてきて、ボーイが伝票をわたしに見せた。

 な、なに、これ?
 目が点になる。請求は9700円!
 そんな馬鹿な。たかがアイスコーヒーではなーきゃ。

「どうかされましたか?」
 と、女性が訊ねる。
「いえ、なんでもないです」
 しかたなく財布から金を出す。
「見せてください」
 と、女性が伝票をひったくる。
「あら、わたしお支払いします」
 親切にそんなことをいってくれたが、出したのは小銭200円。

「これで500円のお釣りですから、切れがいいでしょう」
 と、にっこり微笑む。

 アイスコーヒー5杯で、9500円。ありえない話だ。
 
 まったくありえない話であった。
 ハハハ。

 さ、本日も遅れに遅れて遅れまくっております仕事しよ。

by kingminoru | 2009-10-13 06:43 | 小説家(小説)

池田勇太の舞台

池田勇太の舞台_b0054391_5475042.jpg

◆「CANON OPEN」を見に行く。
 漫然とプロの試合を見ていてもつまらないので、今回はテーマを決めていた。

 アプローチ。

 プロのアプローチをじっくり見たのである。
 やはり、「うまい」と、うなることしきり。
 やわらかなタッチで、見事ピンに寄せるのだ。

 おおむね、ピッチアンドランが多かった。

 だが、見ただけで上達するわけではない。
 彼らは同じ練習を、それこそ何千回何万回とやっているはずだ。

 まさに習慣を持続させれば、それが天性になるという例えと同じだろう。
 その磨かれた技術のうえに、さらなる努力に努力を重ねた人がああいう舞台に立ち、そして勝利をものにする。

 アマチュアの場合、意外と60代の人たちが上手。

 定年後、練習に行く時間を多く取れるためだろう。
 やはり練習しないと上達しないな。

 練習です。

 仕事終わったら練習行こう。

 そうそう、優勝は池田勇太でした。今季3勝目。すごいですねえ。

◆おっと、忘れちゃいけねえ。
池田勇太の舞台_b0054391_657211.jpg芦川淳一さんより新刊が届きました。
「形見酒」(双葉文庫)
「おいらか俊作江戸綴り」シリーズ第4弾です。

 帯には『俊作を猛襲する山神五人衆の非常剣 拐かされた美雪の運命は!?』 とあります。
 芦川さん、頑張っています。応援よろしくお願いします。

 わたしの新作も間もなく発売です!

by kingminoru | 2009-10-12 05:46 | ゴルフ

よかった森本・松井・本田

◆昨日のサッカー。スコットランド戦。
 日本は久しぶりにいい戦い方をした。
 前半の終わりと、後半の出だしには少しストレスを感じたが、森本・松井・岩政が入ってからテンポがすごくよくなった。
 とくに松井のキープ力が目を惹いた。あれが基点になってゴールを奪えたと思う。
 とりあえずいい試合だった。

◆今日はキャノンオープンに行く。
 それまで仕事する。
 現在、午前4時。
 
 ただ、大事な資料が見つからない……。

by kingminoru | 2009-10-11 04:26 | サッカー

死体になるところだった

◆昨日はアニーのシャンプー後、山を下りてひとりで構想に耽り、おおむね固まったので、浜風に行ったら、ウエが荒れていた。
 ゴルフに行ってきた彼は、スコアもプレーもうまくいかなかったようだ。

 あんな天気のいい日に……。

 リズムが狂ったのだろうといってやると、はいはいそうですと、やけっぱちになっていた。

◆その後、代官屋敷にあの辛い鍋を食べに行ったが、客が満杯で入れず(あそこはいつもいっぱいだなあ)、隣の寅に行って、モツ鍋を食べる。と、親分とチョロ松が現れ、グローリーに拉致される。
 わたしはもうそこでイッパイイッパイだったのだが、親分が新横浜に行くという。

 それ行けッてことで、タクシーに押し込まれて、キロンボという店に繰りだした。
 ありゃ、そこはまあ、リオのカーニバルみたいな店であったぞ!
 ブラジルの姉ちゃんが、プリプリして踊っていた。

 そこを出て、やっと帰れると思ったが、勢いに乗った親分は、ゴルフ場では「イテテ、イテテ」と腰を押さえていたくせに、すたすたと歩いていく。
 こっちだ、こっちだと振り返っていう。どこに行くのかと思ったら、「あおい鮨」だった。

 いや、いい鮨屋だった。うまい鮨屋である。あんな店があるとは知らなかった。
 あの鮨屋には感動した。また、行こ。

◆そんなわけで、今日は死体同然だろうと、昨夜覚悟していたが、どうにか体がもちそうだ。
 これよりゲラ作業に入る。

 おっと、親分。ゴチになりました。ありがとうございます<(_ _)>

by kingminoru | 2009-10-10 09:26 | 小説家(小説)

午前3時のコーヒーブレイク

◆真夜中に目覚める。
 空を見るが、星がない。白い雲が闇夜に浮かんでいるだけ。
 都会の子たちは、満天にちりばめられた星を滅多に見ることがない。

 テレビをつけると、NHKアーカイブスで、SL特集をやっていた。
 昭和30年代の映像だった。
 古い駅舎、車窓から見える田園風景や山間の風景が、遠い昔の記憶を呼び覚ます。

 なんだか自然の尊さを思い知らされる。

 鳩山政権の世界的公約、「25%削減」は重要だな。達成できるかどうかわからないが、努力することは必要だろう。ただし、市民生活にしわ寄せがきては困る。

◆そうそう、雨と風と霧のコンペは、みなさん散々でした。
 とてもゴルフになっていませんでした。
 台風接近中のゴルフはもう勘弁。

◆昨日はスロー生活をしたが、今日は通常通り。
 春樹事務所より新刊の見本が届く。光文社より増刷の知らせ。講談社の新刊のゲラ。
 いろいろやることはあります。
 そして、今日から「プレジデンツカップ」「キャノンオープン」「SANKYOレディースカップ」がはじまる。
午前3時のコーヒーブレイク_b0054391_339256.jpg

by kingminoru | 2009-10-09 03:32 | 小説家(小説)