人気ブログランキング |

<   2009年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

戸塚カントリー東コース

◆すこぶるつきのゴルフ日和だった昨日。
 初っぱなからOB。

 つぎのホールは5パット。

 サイテー。
 これで腐ってしまった。
 
 よって、昨日のコンペは散々。
 約一ヵ月ぶりのゴルフだったが、100叩き。
 まいった。

◆仕事にかからなければならないが、ボーっとしていてどうやって手をつけるか考えている。

 ぼーっ・・・・・・・・・・・・。 

by kingminoru | 2009-12-09 09:07 | ゴルフ

睡眠の不思議

◆癖というのは恐ろしい。
 夜中に起きる癖がついて、それが治らない。
 でも、その分早く寝る癖もついている。

 癖にはいろいろある。
 自分の癖を知らない人がいる。
 癖を知らない癖かもしれない。

◆我思うことがある。
 もっと努力しなければならない。もっと勉強しなければならない。
 もっと苦しまなければならない。もっと考えなければならない。
 もっと粘らなければならない。

 もっと、もっと、もっとなのだ。

 途中であきらめて、投げだしたら、普通以下になっちまうからな。

by kingminoru | 2009-12-08 04:32 | 健康

徹夜で仕事をしまくる

b0054391_8231046.jpg

◆徹夜明け。
 半徹かな……。

 お陰様で、ひとつ上げることができた。すぐにつぎの作品に取りかからなければならないが、まあ、今日は他のことをしよう。

◆鳩山さんの人気落ちたな。予想どおりである。
 端から民主党に期待(少しは期するものもあったのだが)はしていなかったが、それでもずいぶんと期待を裏切りすぎじゃないか。

 沖縄の米軍基地の移転問題だが、優柔不断すぎる。延ばしても結果は同じだろう。誰もがわかっていることではないか。それとも、取って置きの秘策でもあるのか? やっぱりグアムなんていうんじゃないだろうな。
 
 それに日本経済はどうなるわけよ。デフレに歯止めはかからないじゃないか。
 外交も下手なら内政も下手ッぴというわけか。
 そりゃいろいろ複雑なことがからんでいるのは、まあわかりますが、ぐいぐいと引っ張っていく牽引力――つまり、鳩山さんにはリーダーシップが欠けているとしか思えない。存在感、小さ。

 それから某新聞社、提灯記事ばかり書くんじゃないよ。
 読者の目は誤魔化せないのだ。ったくぅ。

◆ぼやきばかりではなくて、いいこともあった。
 丸山茂樹が10年ぶりに優勝したよ。丸ちゃんの目に涙が光って、つい胸が熱くなったねえ。
 
 で、またぼやき。
 日本男子マラソン、弱……。

◆心はずむ話題がほしい今日この頃。
 人に望まず、まわりに期待せず、自分で喜びを見つけよう。

 ギョクでも打ちに行きますか。

◆立派な帳場です。
b0054391_8234167.jpg

by kingminoru | 2009-12-07 08:15 | 小説家(小説)

新作発売なる

◆昨日は頑張りました。
 もう一息です。

 今日も性根を入れます。

 そんなわけで、今日は新刊の案内のみ。

 出ました。
b0054391_6185322.jpg


 今月は、「武者」も出ます!

by kingminoru | 2009-12-06 06:19 | 小説家(小説)

クライマックス

◆とにかくヒイコラ



 ヒイコラ


 ……ヒイコラ


 今日は、むむむむ、何としてでもアップさせなければ。


 頑張っています。

by kingminoru | 2009-12-05 08:06 | 小説家(小説)

進まぬ原稿

◆昨日はちっとも進まなかった。
 朝から夕刻まで格闘したが、枚数稼げず。もうクライマックスなのに、これでは困る。

 今日こそはケリをつけたいのだが、どこまで進めることができるか……。

 四苦八苦している。
b0054391_663813.jpg

 頭隠して、尻尾隠さずとは、まさにこのこと。

by kingminoru | 2009-12-04 06:03 | 小説家(小説)

ガソリン税

◆昨日はくだらぬことを書いたな。
 それで、腹をすかしまくっていた愛車に飯を食わせに行った。

 70リットルほど食いおった。
 金額は9000円を超えた。

 ガソリン税早くなくなれ。
 税が廃止されれば、約50円はガソリンが安くなる。
 そうなってほしい。

◆今日はこんなことをあまり書いている暇はない。

 やらねば。
 やらねば。

 ひたすらやらねば。ねば、ねば納豆……。
b0054391_8363131.jpg

by kingminoru | 2009-12-03 08:33 | こだわり

貧乏作家と金持ち作家

◆三日間の空白を埋めるために、午前2時起きで仕事しているが、ちょいと疲れたので、ふと思ったことを記しておこう。

 それは、世の中には小説家になりたいという人が何と多いことだろうか、ということだ。
 はっきりいって厳しい世界です。

 賞金1000万などという新人賞を獲得してデビューできたとしても、その先に未来があるとはかぎらないのです。そのまま一発で終わり、なんてことはざら。
 カツカツで頑張っていても、年収100万もないという人もいます。
 どかんと一発あたっても、そのあと鳴かず飛ばずの作家もたくさんいます。

 稼ぐ作家は書きつづけるしかありませんが、売れないと出版社も出してくれなくなります。出してくれなければ、印税も原稿料も入らないので、ただの人になります。無職と同じです。

 出版業界は不況に強いといわれつづけてきましたが、そんなことはありません。つぶれる出版社があっちにもこっちにもあります。大手も青息吐息です。
 初版部数も、売れない作品はどんどん減っていきます。
 初版4000もめずらしくありません。

 4000ですよ。一冊600円だとすれば、24万円。
 税引きになるので、216000円の収入……。
 嗚呼……。
 一冊書き上げるのに、どれだけの労力と日数を要するか、それを考えると目の前が真っ暗ですよね。
 じつは、悲しいかなわたしの仲間にもそんな作家がいます。
 先日、そのことを聞いて、驚いた次第です。

 マイナス面ばかりいってもしかたがありませんので、今度はプラス面のことを。
 ずっと売れない作家であっても、地道にやっているうちに、ある日突然ブレイクなんてこともあります。こうなると引く手数多の大忙し、こっちをこなし、あっちをこなし、これを出し、あれを出しとなる。
 相乗効果で昔売れなかった本が、大ヒットなんてこともある。
 収入はその分増えますが、いかんせん作家という商売は、あまり経費がかからないので、税金がどかんとやってきます。どこでどれを経費とするかに頭を悩ませます。
 暇はなくなります。遊べません。好きなこともできなくなります。
 それでも本が売れつづけると、安泰です。
 余録の仕事も入ってきて、ウハウハです。御殿も建ちましょう。
 しかし、そんな作家はごく一握りです。

 ごく一握りしか、いないのです。
 
 野球でもサッカーでもゴルフでも芸能界でも同じ。
 大成功するのはごく一握り。


 でも、

 わたしは……(あとはご想像のほどを)。

b0054391_5251949.jpg「トーチャン、そんなことはどうでもいいでしょ。あたちはお掃除に忙しいんだからね。それより、どんどん売れる小説を書くしかないじゃない」
「かー、おっしゃるとおり」
 せっせ、せっせと爪で床を傷つけるアニー(>_<)

PS:無事に自転車回収。おれの自転車は盗まれない。







 

by kingminoru | 2009-12-02 05:15 | 小説家(小説)

師走に入る

◆道に散った枯れ葉を北風が払う時期だというのに、冬らしくない陽気がつづいている。
 そんななかわたしはひどい風邪に罹り、すっかりまいってしまった。
 都合三日寝込んでいたことになる。

 まいった、まいった。
 
 それしかいうことがない。
 だけど、復活。今日から巻き返し。
 いつものように4時に起き、シャワーを浴びた。
b0054391_5473683.jpg

◆戴いた本がある。
b0054391_5574540.jpgまずは、柴田よしきさんの「いつか響く足音」(新潮社)。柴田さんにしてはめずらしいミステリー作品ではない。さて、どんなストーリーになっているのやら、今からページを開くのが楽しみです。


b0054391_55837.jpgつぎは芦川淳一さんの「三匹の仇討ち」(ベスト時代文庫)。芦川さんの新シリーズです。なにやら新境地開拓の気配。こちらも読むのが楽しみ。ちなみにカバーイラストは、わたしが「研ぎ師」シリーズで世話になっている渡辺さんである。これも嬉しい。柴田さん、芦川さんありがとうございます。


 さあて、わたしはせっせと仕事をしなければならぬな。
 遅れを取り戻すぞ!

 ああ、滝の前に自転車を起きっぱなしにしているのを思いだした。もう五日ばかり放置している。鍵をかけていないので、盗まれているかもしれない。
 今日、取りに行こう。……なかったりして……(汗)。

by kingminoru | 2009-12-01 05:35 | 小説家(小説)