人気ブログランキング |

<   2010年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

わたしの気持ち

◆夜が明けたら雪だった。綿雪。
b0054391_639355.jpg

◆仕事ばかりで、あまり書くことがないので、今日はアニーのことを。
 って、写真はミーチャだけど、あえてアニーのこと。

◆雨は大嫌い。もっと嫌いなのはお風呂。シャワーをかけられるのがいやなのだ。
 「風呂」というと、その言葉に反応して逃げてゆく。

 わたしが服を脱いで下着になってゆくと、これまた逃げてゆくか、視線を合わさないように顔を逸らす。

 好きな食べ物はいろいろあるけれど、トーチャンの食べるものは大体みんな好き。
 でも、バナナは食べない。トマトは食べるけどね。そういえば胡瓜も食べないな。
 しょっぱい煎餅もいやだという。
 
 すごくいやなのが動物病院。あそこ、だっ嫌いという。だから連れて行くのが大変。病院に入っても、ずっと尻尾を丸めたまま。何も痛いことされないのに、いやなのだ。

 好きなのはやっぱりトーチャンと駆けっこすることだな。おいかけっこは大好き。

 散歩の途中で、少し広いところがあると、ここでしようと誘いのポーズを取る。
 疲れているときは無視するけど、大体は付き合ってやる。いつまでやっても飽き足らないので、こっちが疲れてしまう。散歩は体力勝負だ。

 ま、そんなくだらないことを書いているうちにお時間。
 今日もシコシコ書きましょう。

by kingminoru | 2010-02-18 06:39 | ワンコ&ニャンコ

さよなら歌舞伎座

◆疲れているのか、起きたのは大嫌いな地震があったからだった。
 震度3らしい。
 午前5時少し前だった。

b0054391_5292310.jpg◆先日、歌舞伎座に行って来た。毎年6月になると、通っていた劇場だが、ほんとに久しぶり。
 それにしても超満員。
 4月末で終わる興行のチケットもほぼ完売のようだ。もっとも発売はまだであるが、予想はそうである。


b0054391_5295772.jpg◆先代勘三郎の追善興行でもあり、18代目勘三郎の演技がよかった。
 まずは「爪王」、それから「俊寛」「口上」「ぢいさんばあさん」という演目。

 わたしはかねてより「俊寛」を見たかったので、感激した。勘三郎の演技の細やかさにも感動した。
 そして、物語にも……。最後は涙が出そうになったぞ。
 よかった、よかった。2万円分たっぷり味わった。


◆さあ、詰め詰めでやらなければならない。
 今日は少しハードな仕事になる。  

by kingminoru | 2010-02-17 05:30 | 演劇・落語

てんやわんや

◆漫才の獅子てんやわんやではないが、我が身はてんやわんや。
 何とか〆切原稿は間に合ったが、枚数不足が発覚。
 書き足すことにしたが、今日はもう疲れた。
 もっとも構想はあるので、明日には書き足して送ることができる。

 新たにエッセイの依頼があり、そっちの〆切を作った。
 書き下ろしの〆切も月末。

 ああ、ゲラの〆切もある。

 今日はそんなことで更新がままならなかった。
 明日はきっちり更新いたしましょう。

by kingminoru | 2010-02-16 16:22 | 小説家(小説)

夜中の男

b0054391_2413725.jpg◆またもや夜中の男だ。
 午前2時起き。
 〆切り原稿が終わらないので、何とかして終わらさなければならない。
 これから取りかかるところ。午前3時過ぎ。

 いよいよ、バンクーバー冬季オリンピックが始まった。

 楽しみ。

 今日は久しぶりに歌舞伎座。これも楽しみ。それまで仕事を片づけるぞ。

◆昨日、雨のなかアニーと散歩していると、村井さんが餃子の預けものをしているというメールをもらう。
 雨に濡れながら行ってみる。
 ミャンマーから帰ってきたアトミ君がいた。ほんのり日焼けをしていた。彼女と行ったそうだ。すごくいい旅だったといっていた。
 そんなことを話していると、佐藤さんが来て、そのあとで村井さんが来た。餃子の礼をいって、帰ってきたが、あの人のことはあまりよく知らないのに、妙に親切なオヤジだ。アニーにもやさしくて、鮪なんぞを食べさせてくれた。
 で、帰宅してから早速もらった餃子を食べたら、うまい! 本当に。
 今度あらためて、村井さんに礼をしなければ。

 ああ、仕事せんといかんばい。

by kingminoru | 2010-02-14 02:41 | 小説家(小説)

ペブルビーチ

◆おっと、いけねえ。
 ペブルビーチで開催されているPGAツアーを見ていたら、こんな時間だ。

 それにしても行ってみたいペブルビーチ。

 とにかく、仕事。

 〆切がせまっちょる。
 
 そんなわけで、アニーの写真を置いていきます。(ピンぼけ)
 気分次第でもう一度更新する。あくまでも気分次第だけど。
b0054391_8212322.jpg

◆気分が乗ったので、少しだけ更新。
 なんだか胃の具合がよくない。不調だな。でも、仕事はそこそこ進んだ。
 冷たい雨が降っている。朝のうちは雪がちらついた。
 外は寒い、これからアニーの散歩。
 そして今夜は早く寝て、早く起きて仕事をする。
 読み返すと、なんとつまらないことを書いているのだろうとあきれる。
 しかし、仕事のほうはあれこれ頭をめぐらして書いているので、つまらなくはないぞ。
 それだけはいえる。

 では。

by kingminoru | 2010-02-13 08:21 | 小説家(小説)

夢でも〆切

◆今朝は、〆切に追われる悪夢で目が覚めた。
 もう少し待ってくれというが、担当編集者は明日までやってもらわないと困る。どうしても明日の朝まで原稿をくれなきゃ困るという。
 わたしは必死に焦りまくり、どうやって明日の朝まで80枚の原稿を書こうかと苦しむ。

 その前の夢は、なぜか北野武にどつかれる夢だった。なんでやねん。

◆さて、新刊発売です。全国書店に出回っています。
 今月は2冊。
b0054391_812338.jpgまずは、双葉社からの新シリーズ。「疾風の密使」

b0054391_814185.jpgつぎは「糸針屋見立帖」シリーズ第3弾「逃げる女」(幻冬舎)


◆昨日は朝から夕刻まで仕事をして、終わったところに銀ちゃんから電話。
 久しぶりなので、軽く付き合って、帰ってサッカー観戦。
 勝ってよかったけど、香港がガチガチに守っていたから、あの点数。もっと崩さないと。

 さ、ほんとに〆切原稿に着手しなきゃ(汗)。

by kingminoru | 2010-02-12 08:02 | 小説家(小説)

一字も書けない

◆昨日はついに一字も書けなかった。
 そんな日もある。

 宮本輝さんも、そんな日もあると、ある新聞のインタビュー記事に載せていた。
 小説家というのは過酷な商売です。

 結果、しわ寄せが後日にやってくるという仕組みである。

 そんなとき、「七歩の才」がほしくなります。
 昔、魏の文帝・曹丕(そうひ)が、才能のある弟の曹植をねたみ、七歩歩く間に詩をつくれと命令します。
 曹植はさぞや困ったであろうが、なんのことはない、すぐに素晴らしい詩を作り出すのです。その詩を「七歩之詩」という。
 曹植の才がほしくなった昨日でした。すると、わしは曹丕かいな???

◆だから、早々とふて寝。午前1時起き。
 ベッドのなかで、あれこれ考えていたら閃いたので起きた。
 これを天啓というのか……。

 さ、やるぞ。
b0054391_262440.jpg

by kingminoru | 2010-02-11 02:02 | 小説家(小説)

難しいことにチャレンジ

b0054391_1014738.jpg

◆主人にあきれているアニー。顎が可愛い。(←親馬鹿)

◆昨日のゴルフの疲れと、その後の反省会での酒でグロッキー気味。
 しこたま寝坊する。
 考えてみれば、昨夜は3時間半しか寝ていなかった。

◆横浜カントリーは暖かかった。しかし、風が巻いていた。強い風だ。
 久しぶりにバックティーからラウンドする。

 う~ん、やっぱり風が……。
 てことで同伴のシングルプレヤーも悪戦苦闘。

 結果は芳しくない。90たたいた。シングル宮野さんもたたく。
 ま、そんなもんだ。
 つぎは立てなおすぞ。しかし、最近は風の強い日にあたるなあ。

◆仕事しなきゃ。今日は午後からにしよう。

by kingminoru | 2010-02-10 10:10 | ゴルフ

眠れない夜

b0054391_5383567.jpg

◆これはミーチャなのだ。親戚のさっちゃんが撮って、写真にしてくれたのだけど、それが面白いので、その写真をまたわたしが撮影したのである。超接写ってやつですな。

◆昨日は都合10時間仕事していた。道理で疲れていると思った。
 途中、練習に行ったのだが、そのときも疲労蓄積で、ふらふらしながらやっていた。
 で、気づけば300発打っていた。

 といっても、アプローチが大半である。

◆そんなわたしは、なかなか眠れぬ夜を過ごしていた。
 チック・コリアを聴きながら、「犬の力」を読んで寝たのが、午後9時半。
 目が覚めたのが11時45分。
 が~~~~ん、ち~とも寝ていない。

 それからまた寝たり、起きたり。
 そうしているうちに朝を迎えた。

 今日は突撃日なのにな。
 でも、80切りをめざしてやるっす!

by kingminoru | 2010-02-09 05:38 | ゴルフ

ミルク

◆現在午前3時。
 書斎に入ってスタンバイ中。
 昨日はノリピーのお見舞いに行って、その後DVDを観る。
 最近映画館に足を運んでいない。去年は一度も行かなかった。
 中学のころから、いや物心ついたころから映画館には通いつづけていた。
 映画が大好きな父の影響である。
 結局、その世界に飛び込むことになり、紆余曲折を経ていまに至っているが、やっぱり映画は魅力的である。もちろん、いまの仕事もわたし的には、そこはかとなく魅力的であり、苦しみながらも楽しんではいるのであるが。
 いい映画を観たあとは、何となく充実感を感じる。
 それはいい小説を読んだあとの充実感にも通じているようだ。

◆観たのは「ミルク」――。
 ざっくばらんにいえば、ゲイの話である。

 で、youtubeの画像を貼りつけようと試みるが、やり方がわからず断念。
 でも、頑張ってやり方がわかった!


◆夕食後は、デヴィッド・サンチェスをBGMにして、「犬の力」を読みはじめる。

by kingminoru | 2010-02-08 03:12 | 映画