人気ブログランキング |

<   2011年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

映画三昧

◆まったく習慣というやつは、質が悪い。
 ゆっくり、いつもより長く睡眠をとりたいと思うが、
 例によって、8時過ぎると眠くなり、気がつくと寝ている。
 ふと目が覚めると、まだ12時前。
 いかん。
 もう少し寝ようと、眠る。
 いかん、2時前に目が覚める。もうそれから眠れない。
 別に睡眠障害ではない。
 まあ、それもしかたないか、どこかで通常に戻るだろう。

◆眠れない夜は読書ではなく、映画を観る。
b0054391_448129.jpg

「クライム&ダイヤモンド」
 この映画は映画ファンのための映画といっていいだろう。
 映画フリークの刑事に捕まった男が、とあるホテルの一室で自分の犯した罪(?)を告白していくのだが、刑事はストーリー(告白)が気に入らないと、その話を脚色したがる。
 しかも、縛られていては、ジェスチャーができない。話をおもしろく聞くためにはジェスチャーが必要だといって、刑事は主人公・フィンチのロープを切ってしまう。笑っちゃうけど、これがいい。
 
b0054391_584676.jpg

 この映画のなかにはいろんな映画の話が出てくる。
「大脱走」「ティファーで朝食を」「レベッカ」「深夜の告白」「マルタの鷹」「サンセット大通り」……etc。
 そして、ラストシーンは「雨に唄えば」である!

 まあ、それだけで楽しいのである。
 現在と過去を交錯させるという趣向はもはやめずらしくはないが、おもしろい構成であった。
 
 日本ではあまりヒットしなかったようだが、見て損はしない映画のひとつ。
b0054391_4453621.jpg

 ポーシャ・デ・ロッシ、可愛いねえ。あまり売れていないけど。
 女性としての魅力に乏しいのかな。むしろ、女性ファンが多いかもしれない。
b0054391_5322284.jpg

 それから、リチャード・ドレイファスがいいねえ。
「アメリカン・グラフィティ」や「スタンド・バイ・ミー」を、見返したくなった。

 ま、そんなところで……。




by kingminoru | 2011-10-13 04:45 | 映画

はたらく小説家

◆ようやく原稿を書き終える。

 即行で担当者に送る。
 もちろん、修正作業を終えてからの原稿である。
 
 だから完璧だと思うのはまちがい。
 必ず見落としがあるんだな、これが……。

 ま、いずれにせよ、一息つける。
 といっても、今日の午後ぐらいだけれど。

 そうそう、昨夜は半月ぶりにアルコールを解禁した。
 85%プリン体カット、糖分15%カットのasahiのオフ。
 いやあ、うまかったなあ。ちょっと苦いと感じたけど、うまかった。

 その後、焼酎の水割りを薄くして飲んだ。
 睡眠不足だから酔うのが早い早い。
 これはいかんと思い、日本vsタジキスタン戦を観るが、いつの間にか寝ていた。

 起きて、8-0の大勝だと知る。

 さて、午後はちょくら主治医のところに行ってみるか。


 いい天気ですねえ。
 秋晴れだ。あちきの心も、今日は秋晴れだ!





by kingminoru | 2011-10-12 10:56 | 小説家(小説)

◆1時に起床して、映画を観たり、うたた寝をしたり、またテレビを見たり、うたた寝をして夢を見たり、そんなことを繰り返して5時近くになった。

 テラスに出て夜空を眺めた。
 母のことが気にかかっている。
 齢80――。
 実家の近くに住んでいる妹からの連絡だと、
「お母さん、少しずつ壊れていっている」
 だった。

 ずっと思いどおりに生きたいと、必死に生きてきた人だ。
 でも、人生なんて、自分の思いどおりにいかないのが常だ。
 もし、うまくいったとしても、それは束の間のことで、すぐそこにはまた別の問題が立ちはだかるはずだ。

 では、母は何を求めて生きてきたのか?
 どうなりたかったのか?

 今度会ったら聞いてみようと思う。

 親は子のことがわかるというが、子供はその親のことをよく見ている。
 親より、子供のほうが正しい判断をするときがある。

 母も自分の両親を見て育っている。そこでなにかを学ばなかったのだろうか?
 きっと学んできたはずだ。しかし、それをどこかで喪失したのかもしれない。
 とても大切なものだったかもしれない。また、それに気づいていないのかもしれない。

 しかし、もう年だ。何をいっても無駄だとわかっている。
 どんなに諭しても母の人間性は変わらないだろう。少しずつ衰退していくのだ。
 それが運命なのかもしれない。
 いまは黙って見守るしかないだろう。

◆文明について考えた。
 古代から現代まで、世界は発展をしてきた。
 「素晴らしい」文明社会になった。

 この「素晴らしい文明社会」が、頂点だとすれば、もう世界の文明はこれ以上進化せず、徐々に自然回帰するのではなかろうか。
 現実にそんな動きがある。

 人間はいろんな便利なものを創造してきた。これ以上、創造しなくてもいいのではないか。
 例えば、原子力発電――。
 福島第一原発に象徴されるように、一度事故を起こせば、収拾困難なことになる。
 原子力には人間の叡知を超えたパワーが秘められている。一度怒りだした原子力を抑え込むには、何十年、いやひょっとすると100年近い月日を要するのかもしれない(おそらくそうなる)。
 
 ひょっとすると、文明とは神への冒涜かもしれない。
 その神もある程度は許してきたのだろうが、これ以上の冒涜は許さないと怒りを爆発させた、と、そう考えることはできないだろうか。

 天文学を勉強した人でなくても知っていることがある。
 宇宙は誕生と消滅を繰り返している。
 惑星の誕生から消滅は、それは気の遠くなるほどの長い時間であるが、それでも生から死へ向かっていくのだ。
 我々が住んでいる地球だってそうである。この地球にも、太陽にも寿命がある。
 しかし、人間は「欲」のかたまりである。
 決していまに満足することなく、新たな文明を築こうとする。いや、実際「あくなき挑戦だ」と、きれい事をいって築きつづけている。
 それが破滅へ近づいていることも知らずに……。

 妹のいった「お母さん、少しずつ壊れていってる」は、自然なことなのかもしれない。
 でも、なにか対策を取らなければならない。
 わたしもそんな年になってきたのだ。

 では、今日は一日留守にします。
(なんだか、いつになく真面目なことを書いたな)




 








 

by kingminoru | 2011-10-11 05:08 | 人間関係

ケンケン

◆午前2時に起きて仕事をしている。

 そもそも午後8時を過ぎると、眠くなる癖がつき、早く寝てしまうから早く起きるのである。
 もう少し、遅くて寝て、もう少し遅く起きるようにしたい。

 ま、そんなことはどうでもいいか……。
 いや、よくないよ。
 秋の夜長を少し楽しむべきだ。

 あちきの場合は、秋の真夜中を楽しむになっている。別に楽しんじゃいないが……。

 ま、そんなことはいいかと、これ書くの二度目。
 同じことを裁判で繰り返したのは小沢一郎。的外れな意見としか、思えなかった。
「国家権力による政治介入……」
 うんたらこんたらだったが、てめえにやましいことがあるから、こんなことになるんじゃないの。
 嫌疑があるから、そうなるんじゃないの。
 
 ま、これもいいか。

 よかったのは、昨日のゴルフ。
 久保谷健一が勝った。ぼやきのケンケンだ。
 呑兵衛でもあるらしい。

 爆発力はないが、堅実なゴルフをする選手。
 勝ててよかったね。
 お祝い申しあげちゃうよ。

 おっと、仕事に戻るか。
 世間は休みだったちゅうのに、ウォーカーホリックなわたし。
 というより、始終仕事していないと間に合わないのだよ。




by kingminoru | 2011-10-10 05:00 | ゴルフ

ザックジャパンは勝ったけど……

◆11:50 仕事をするという気力をなくす。もう、今日は休む。土曜は半ドンだよな。

◆07:39 ふと、気づくことがあった。
       まる2週間酒を飲んでいないということに。どうでもいいけど。 

◆07:20 新聞に目を通し、朝食を終える。
       昨夜のザックジャパンの試合はイマイチしっくりこなかった。
       監督は試験的なことをやったようだが、ベトナムはレベルアップしている。
       舐めてはあかんぜよ。

       昨日は久しぶりに練習をした。
       無理はいかんなァ。今朝はアンヨがちょっとねえ……。

       車の運転中に、光文社担当より電話。
       車を止めてかけなおす。
       増刷の知らせだった。

       作家にとって一番嬉しいことは、増刷がつづくことである。
       重版重版重版……が嬉しい。
       100万部売れないかな~と思う。
       日がたつと、50万部でもいいやとなる。

       さらに日がたつと、20万部でも……いや10万部でも……と、希望はしぼんでゆく。
       ついには、版元が損しない程度売れていればいいのかなと、かなり消極的な気持ちになる。
       
       本が出ても、一度も増刷がないと不安になる。
       売れていないのだな。面白くないのかな。
       そう、思うのは当然だが、これで作家人生が終わったらどうしようか……
       などと先行きの不安に襲われることさえある。

       作家は売れてなんぼの仕事。売れなきゃそっぽを向かれる。
       収入に対する保証は一切ない。
       いつまで現状を維持できるかわからない。
  
       反面、大化けすることもある。
       編集者になかば見放されていた作家が、ある日、突然、大ブレイクなんてこともあるのだ。
       もちろん、誰もがそうなるわけではない。
       確率的には1%ぐらいだろうか……。

       厳しい世界ですなァ、と他人事のようなことを書いて、仕事にかかる今日のわたし。    

◆05:47 ネットを巡回して、これからアニーの散歩。

◆05:00 すでに目覚めていたが、起きだしてコーヒーを淹れる。タオルケット一枚では寒い。
       今夜は毛布を出そう。

by kingminoru | 2011-10-08 05:47 | 小説家(小説)

英国王のスピーチ・明日のジョー

◆午前1時に起きて、昨夜途中で寝てしまった映画を観る。
 
 なにせ、酒断ちをしているので夜が暇である。テレビはつまらないので、DVDを借りてきた。

 まず、『英国王のスピーチ』
b0054391_5124269.jpg

 いや、これはいい映画です。いい作品です。
 わしゃ感動したばい。
 理屈抜きで、ほんと素晴らしい映画であった。
 よかったよかった。何がよかったか書きたいが、観たほうがいいと思うので、書かない。
 イジワルかな……。
b0054391_513122.jpg

 じゃあ、ちょっと。
 ジェフリー・ラッシュの演技がとても光っていた。
 あれを燻銀(いぶしぎん)と呼ぶのだろう。あとは観てください。

 もう一本――。
 ジャーン、我が青春(まだガキだったか……)のヒーローだった『明日のジョー』
b0054391_5131887.jpg

 ほんとうは、漫画をよく知っているので、がっかりすると思っていた。
 だから、観る前に、頭から漫画のイメージを取り払って、鑑賞に臨んだ。
b0054391_5133967.jpg

 おお、感動した。
 涙してしまった。うまく作ってあるではなーきゃ。
 先入観念があると、こんな見方はできなかっただろうが、素直によかった。
 ドヤ街の雰囲気も出ていたし、力石との友情もよかった。
 ストーリーは漫画チックではあるが、それを差し引いても面白かった。
 しかし、あの二人よく体を作ったなぁ、と感心。

 さあて、そろそろ仕事にかかるか。
 午前5時10分――。

 PS――。
 アンヨは完全に治った。
 やっと普通に歩けるようになった。
 嬉しいー!
 (^^)!(^_^)v(^-^)(~o~)(^O^)(^_^)(^^)(^o^)(*^_^*)




by kingminoru | 2011-10-07 05:13 | 映画

逆時系列

b0054391_10381179.jpg(※どんどん上に繰り上がり、古いのは下にあります)


◆15:49 canonオープンをチェックすると、石川遼が7アンダーでトップに躍り出ている。

◆15:30 もうこれ以上は脳味噌がはたらかない。原稿執筆を中断。
       テレビでは小沢一郎の裁判の経過が取り沙汰されている。
       無罪を主張しているが、あれはクロだな。
       ニュースで目立つのは、スティーブ・ジョブズの早すぎる死である。
       カリスマは長生きできないのか……。
       T社のT・W女史は、ジョブ氏のファンだから、今日は涙目かもしれない。

◆14:25 昼食後、昼寝するが一時間も爆睡した。
       頭がぼやーっとしているので、講談社から届いたゲラをチェックしようと思ったが、
       ぼやーっとした頭ではどうにもならんだろうと思い、やめる。
       双葉社新刊の出版契約書に署名捺印しようとしたが、開いただけでやめた。
       そんなことをしているうちに戦闘モードに入ったので、もう少し書く。

◆11:45 少し休憩する。仕事再開は昼食後。

◆11:10 これから立ちまわりシーンを書く。

◆10:38 思いつきで、アニーのピンボケ写真と、ミーチャの写真をアップする。

◆10:32 ようやく動きが出てきた。少し休憩。canonオープンが気になる。招待券があるが、
       見に行けるかどうかは仕事の進み具合次第。
       とにかく今日は仕事をしなければならない。

◆09:46 枚数は稼いだが、面白いかどうかわからない。
       切り捨てるかも。

◆05:45 アニーの散歩。食事、仕事。
       う~ん、予定どおり進まず呻吟。

◆01:15 起床 仕事にかかるも、なかなか進まず。
 
b0054391_10383190.jpg

(※写真をクリックすると、でっかくなる)
          

by kingminoru | 2011-10-06 09:48 | 小説家(小説)

立野クラシック

◆昨日は欲求不満を解消した。

 立野クラシックに於いて、

 第4回「Double Bogy 倶楽部」コンペ。
 
 参加してくださった皆さま、ありがとうございました。
 天気にも恵まれて楽しいラウンドでした。

 つぎのコンペもよろしくお願いいたします。

 次回は万全の状態で臨みます。

 それにしても角川のO編集者のニアピンは、あわやホールインワン寸前だった。
 どうせなら入ればよかったのに。
 この目でホールインワンを見てみたかったから。
 でも、素晴らしいショットでした(拍手)。

 では、馬車馬のように働く労働者に戻ります。

 


by kingminoru | 2011-10-05 08:33 | ゴルフ

復活!

◆午前4時起床。

 ほんのわずか、踵(かかと)に違和感はあるものの復活でござる!

 大復活だ!

 眠っていた獅子は、いま再び世に打って出る!

b0054391_437115.jpg

 へへへ、トーチャンたら……。

 気づけばもう10月3日。
 先月発売された拙著をまとめておきましょう。

b0054391_438322.jpg

b0054391_438145.jpg

b0054391_4382459.jpg

 まだ、ご購読でない方、是非、書店に立ち寄るか、ネット注文で<(_ _)>

 さあ、今週はやるぞ!




 

by kingminoru | 2011-10-03 04:39 | 小説家(小説)

欲求不満

◆昨夜は遅くまで眠れなくて起きていたのに、やはり3時ごろに目が覚める。 
 睡眠不足なので、二度寝しようとするが、できない。コーヒーを淹れて読書する。

 山本周五郎の短編集を開いた。
 めずらしい作品があった。時代小説ではない、現代小説があったのだ。
 それも、怪奇小説(ホラー)である。
 ほう、周五郎さんもこんな作品を書いていたのかと、小さな驚き。

 とにもかくにも、ここしばらくは引きこもり状態で、ほとんど家を出ていない。
 仕事をするかテレビを見るか、読書である。
 テレビは基本的につまらない。見るのはスポーツやニュース関連の番組や自然や動物ものだ。
 ドラマもおおむねつまらない。見ていてつぎはどういう展開になるか、だいたい想像できるし、役者がどんな科白をつぎにしゃべるのか、それも遠からずあたってしまう。
 だから、つまらなくなる。

 しかし、昨夜「神様の女房」というのをNHKでやっていた。暇つぶしに、なんの気なしに、無意識のうちに見ていたら、「これは面白いドラマだな」と久しぶりに思った。
 全3回だから、あと2回も見ることにする。

 それにしても欲求不満気味である。
 いかんせん、酒を飲んでいない。もう8日は飲んでいない。
 肝臓は爆発的に元気。だからといって、飲みたいとは思わない。

 もっと欲求不満なのはゴルフができないことだ。
 練習さえやっていない。
 クラブさえ……いや、これは手許で弄んだりはしているが、ただそれだけのことだ。
 思い切り、ドライバーを振りまわし、アイアンを打ちたい、小技を磨くためにアプローチの練習もしたい。
 レッスン場の「虎の穴」にも行きたい。
 そういえば、月謝を払わなければならないのだ。あの先生も、心配してるかもしれない。
 もう来ないのかもしれないと思っているかもしれない。
 いや、先生、行きますよ。
 ちょっと待っててください。

 おお、そういえば火曜日はコンペなのだが、大丈夫かなと、いまから不安がいっぱい。
 休むわけにはいかないし、キャンセルするわけにもいかない。
 なにせ、わたしが主宰しているコンペだから。
 参加者は日頃お世話になっている編集者がほとんどであるし……。
 とにかく、今日明日で何とか……。
 なんとか……なんとか……ああ、それしかいえぬ我が身がつらい。

 さ、すっかり目が覚めたので、仕事にかかりましょう。
 コーヒーでも淹れて。

 ただいま午前5時20分でした。






by kingminoru | 2011-10-02 05:27 | 小説家(小説)